スマレジPAYGATE

PAYGATEステーションをスマレジと連携しないで使う方法

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちがスパイスの効いたカレーのキッチンカーを開業するんですが、決済端末はスマレジPAYGATEに決めているそうです。

その彼から「PAYGATEステーションをスマレジと連携しないで使える?連携しないで使う方法を教えて!」と聞いてきました。

そこで、今回は「PAYGATEステーション」と「スマレジ」を連携しないで使う方法について調べてみました。

結論から先に言うと「PAYGATEステーション」とスマレジを連携せずに使うことはできます。

スマレジと連携しないで使う方法はカンタンで、スマレジPAYGATEから申し込み、端末が届いたら、そのまま使うだけでOKです。(端末の初期設定だけでOK)

そして、この「PAYGATEステーション」は、超高性能!レシートプリンター内蔵で、金額入力画面もあり、さらに4G通信もできます。

つまり、レシートプリンター、スマホ、WI-FI機器すら不要なんです!!

そして、30種類以上のクレジットカード、電子マネー、QRコード決済の決済ブランドが使えます。

しかも、この超高性能な「PAYGATEステーション(定価30,800円)」が、今ならキャンペーンでなんと0円なんです。

さらに、驚くべきことに、このキャンペーンではVISA・Masterの決済手数料3.24%→2.9%に下げてくれるんです。

キャンペーンは、公式サイトの問い合わせ専用フォームから申し込めばOKです。

スマレジPAYGATE公式サイトの問い合わせフォームにすすむ

とはいえ「PAYAGATEステーション」と「スマレジ」を連携しないで使う方法が気になるところだと思いますので、以下にくわしくまとめてみました!

PAYGATEステーションとスマレジを連携しないで使う方法

では、「PAYGATEステーション」と「スマレジ」を連携しないで使う方法を解説しましょう。

今回はクレジットカードの決済手順を説明します。

<クレジットカード>

準備するのは「PAYGATEステーション」1台でOKです!(←事前にスマレジと連携する必要はないです)

❶PAYGATEステーションのアプリをタップする

❷クレジットカード選択する

❸金額を入力する

❹クレジットカードを差し込む

❺支払い方法を選択する

一括払いを選択します。

❻レシートを印刷する

どうですか?

こんな感じでPAYGATEステーションは、スマレジと連携しないでも使えるんです。

しかも、操作はめっちゃカンタンですよね!!

これなら、パートさんでもアルバイトさんでもカンタンに覚えられますよ!

スマレジPAYGATE公式で使い方の詳細を確認する

PAYGATEステーションに必要な機器

「PAYGATEステーション」を「スマレジ」と連携せずに、導入するときの必要な機器を説明しましょう。

まず、必要な機器は端末「PAYGATEステーション」1つだけでOKです。

スマレジと連携しないでも「PAYGATEステーション」だけで使うことができます。

しかも、この「PAYGATEステーション」は、超高機能なカードリーダーで、以下ができるんです↓↓

・商品金額の入力ができる
・レシートプリンター内蔵
・4G通信ができる

エアペイや楽天ペイなど他社の決済端末では、スマホ(またはタブレット)、プリンター、WI-FIなどの機器が必要なんです。

でも「PAYGATEステーション」は、他に何の機器も必要ないんです!

あれこれ機器を調べて、購入する必要がないので、手間がかかりません。

機器1つで、なんでもできるのは「PAYGATEステーション」はオススメです。

スマレジPAYGATE公式ページで必要機器の詳細を確認する

PAYGATEステーションのコスト

次に、PAYGATEステーションのコストを解説しましょう。

初期コスト

PAYGATEステーションは、導入一時金や加盟料はありません

なので、初期コスト0円です。

機器コスト

超高機能のカードリーダー「PAYGATEステーション」は、今ならキャンペーンで0円です!!

だから、機器コスト0円でスタートできます。

とくに、PAYGATEステーションは、台数限定なので、とにかくお早めに申込みがオススメです↓↓

スマレジPAYGATEのお問い合わせフォームに入力する

スマレジPAYGATE申込画面.jpg

月額基本料

スマレジPAYGATEの月額基本料は、3,300円(税込)です。

決済手数料

スマレジPAYGATEの決済手数料は3.24%です。

ただ、この決済手数料も今ならキャンペーンでVISA、Masterが2.9%とさらに安くなります

決済手数料3.24%を値下げしてくれるキャンペーンの申込みは、公式サイトの「お問い合わせ」フォームに入力すればOKです!

スマレジPAYGATEのお問い合わせフォームに入力する

PAYGATEステーションで使える決済ブランド

では、スマレジと連携せずにPAYGATEステーションを使うときの決済ブランドをお伝えしましょう。

<クレジットカード>

<QRコード決済>

<電子マネー>

どうですか?

スマレジと連携しなくても、PAYGATEステーションのみでつかえる決済ブランドは、めっちゃ多いですよね。

だから、スマレジと連携しなくても、PAYGATEステーションだけで、ほとんどのお客さんの決済ニーズに対応できますよ。

公式サイトでスマレジPAYGATEの決済ブランドの詳細を確認する

PAYGATEステーションの入金サイクル

では、スマレジと連携せずにPAYGATEステーションを使うときの入金サイクルを解説しましょう。

クレジットカード・電子マネーの入金回数は、月2回(15日、月末日)。

クレジットカード・電子マネー
月2回
(15日、月末日)

QRコード決済の入金回数は、月1回(月末日)です。

QRコード決済
月1回
(月末日)

クレジットカードや電子マネーの入金回数は月2回あるし、大手のスマレジが運営しているので、キャッシュフローは安心ですよ。

公式サイトでスマレジPAYGATEの入金サイクルの詳細を確認する

PAYGATEステーションの申込手順

スマレジと連携せずに「PAYGATEステーション」だけを申し込む場合は以下の3ステップです↓↓

❶公式ページ「お問い合わせ」の必要事項を入力
❷加盟店審査
❸初期設定&利用開始

では、1つずつ解説しましょう。

お問い合わせで情報入力

まず、公式ページの「お問い合わせ」から行えばOKです。

公式ページの「お問い合わせ」をクリックします→スマレジPAYGATEにお問い合わせする

クリックするとこんな感じ↓

必要事項を記入します↓↓

<記入内容>
・氏名
・会社名(屋号)
・メールアドレス
・都道府県
・スマレジとの連携希望の有無
・スマレジのアカウントの保有の有無

たったこれだけ。

申し込むと担当者から連絡がありますので、詳しい説明がありますよ。

もちろん、お話しを聞いて、気に入らなかったらお断りすればOKです。

あとは、OKであれば、申込専用入力フォームをeメールで送ってくれますので、必要事項を記入したら、以下の流れで、利用開始となります!

加盟店審査

各決済ブランドの審査があり、審査期間は約1ヶ月~です。

初期設定&利用開始

審査通過後、約3週間で決済端末が配送されます。

決済端末が配送されたら、初期設定して利用開始できます。

スマレジPAYGATE公式サイトの「お問い合わせ」フォームに入力する

まとめ

今回は「PAYGATEステーション」と「スマレジ」を連携しないで使う方法についてまとめました。

結論としては「PAYGATEステーション」とスマレジを連携せずに使うことはできます。

使い方はカンタンでスマレジPAYGATEから申し込んで、スマレジと連携しなければ良いだけ。(端末の初期設定だけでOK)

しかも、この「PAYGATEステーション」は、超高性能!レシートプリンター内蔵で、金額入力画面もあり、さらに4G通信もできます。

レシートプリンター、スマホ、WI-FI機器すら不要なので、本当に便利です。

そして、30種類以上のクレジットカード、電子マネー、QRコード決済の決済ブランドが使えます。

しかも、この超高性能な「PAYGATEステーション(定価30,800円)」が、今ならキャンペーンで0円です。

さらに、このキャンペーンでは決済手数料3.24%を下げてくれるんです。

なので、まずは公式サイトのお問い合わせフォームに投げてしまうのがオススメです。

スマレジPAYGATE公式ページで問い合わせ手続きをすすめる