STORES決済

STORES決済はクイックペイは使えるの?決済手数料や使い方を解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが観光地でチーズケーキ専門店を開業したんですが、決済端末はSTORES決済に決めているそうです。

そんな彼から、キャッシュレスに詳しい僕に「STORES決済はクイックペイの決済はできるの?」と聞いてきました。

そこで、今回、STORES決済はクイックペイが使えるのか?について調べてみました。

まず、結論からいうと、STORES決済はクイックペイの決済できます!

STORES決済のクイックペイの決済手数料は3.24%です。

1,000円の商品なら、1,000円×3.24%=32円です。

ちなみに、STORES決済は、導入一時金や加盟料0円なので、初期コスト0円

月額基本料は0円(←なので、固定費0円

今ならカードリーダーはキャンペーンで0円!!

なので、キャンペーンが終わる前に、カードリーダーは0円でゲットしてしまうのがオススメです。

STORES決済公式ページからキャンペーンに申し込む

とはいえ、STORES決済で使えるクイックペイについていろいろ気になるところだと思いますので、以下に詳しくまとめてみました!

STORES決済はクイックペイは使えるの?

STORES決済は、クイックペイに対応しているので、決済できます!!

STORES決済で決済できますので、安心して大丈夫です!!

STORES決済公式ページでクレジットカードの対応ブランドを確認する

STORES決済のクイックペイの決済手数料

STORES決済のクイックペイの決済手数料は「3.24%」です。

決済手数料の具体例で解説しましょう。

例えば、お客様がクイックペイで1,000円支払った場合は、こんな感じ↓↓

<例:クイックペイで1,000円決済の場合>
1,000円×3.24%=32円

どうですか?

これならめっちゃ安いですよね♪

今回、STORES決済の決済手数料をエアペイやスクエアと比較してみましたが、安いか同じでした↓↓

アメックス決済手数料
STORES決済 エアペイ スクエア
3.24% 3.24% 3.25%

STORES決済を選んでも、コストで損することはないので、安心ですね。

STORES決済公式ページでクイックペイの決済手数料を確認する

STORES決済の導入に必要な機器

STORES決済を導入するときに必要な機器は以下の2つです↓↓

❶スマホ(またはタブレット)
❷カードリーダー

❶スマホ(またはタブレット)は、iOSでもアンドロイドでもOKです。

❷カードリーダーは今ならキャンペーンで0円です。

そして、カードリーダーを0円でゲットしたら、スマホ(またはダブレット)に無料アプリをダウンロードすればOK↓↓

あとは、スマホ(またはタブレット)とカードリーダーをBluetooth接続すれば、カンタンに決済できます。

ので、いろんな機器を買う必要もなく、すぐにキャッシュレス決済を開始できるんです!

STORES決済公式ページで必要な機器の詳細を確認する

STORES決済の決済手順

では、STORES決済でのクレジットカードの決済手順を説明しましょう。

<操作手順>

スマホ(またはタブレット)とカードリーダーを準備します。

スマホ(またはタブレット)はネットにつながっていればOKです。

➋ 金額を入力する。

「電子マネー」をタップする。

クイックペイのカードまたはスマホ(アップルペイ、グーグルペイ)をかざす。

支払い完了をタップする。

STORES決済は、直感的に操作できるので、操作性が良いので、めっちゃオススメです。

STORES決済公式ページで決済手順の詳細を確認する

STORES決済のコスト

では、STORES決済のコストを解説しましょう。

初期コスト

STORES決済の初期コストは0円です。

導入一時金や入会金はありません。

なので、0円でスタートできます。

STORES決済の導入には、何のコストもかかりません。

STORES決済なら導入コスト0円でキャッシュレス決済がスタートできますよ。

機器コスト

STORES決済は、今ならカードリーダー0円キャンペーン中です。

カードリーダー0円の条件は、6か月間で10万円決済すること。(←1か月に換算すると約17,000円なので、ハードルは低いですね!)

なので、手持ちのスマホ(またはタブレット)を使えば、機器コストは0円です。

月額コスト

STORES決済は月額基本料0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

つまり、お客様向けに決済した時にだけ料金が発生します

決済手数料

つぎにSTORES決済の決済手数料を解説しましょう。

クレジットカード

クレジットカードの決済手数料は以下のとおり
3.24%
(税込)

交通系電子マネー

交通系電子マネーの決済手数料はこんな感じ↓↓

交通系電子マネー
1.98%
(税込)

電子マネー

電子マネーの決済手数料はこんな感じ↓

電子マネー
3.24%
(税込)

QRコード決済

QRコード決済の決済手数料はこんな感じ↓↓

QRコード決済
3.24%
(税込)

とくに、交通系電子マネーの1.98%はめっちゃ安いです!!

この安さは驚異的です。

たとえば、お客さんが交通系電子マネーで1,000円決済した場合は、こんな感じ↓↓

<例:交通系電子マネーで1,000円決済>

・1,000円×1.98%=19円

めっちゃ安いですよね!!

コストで選ぶならSTORES決済は、めっちゃオススメです!

STORES決済公式ページで決済手数料の詳細を確認する

レシートプリンターはどうする?

STORES決済のレシートプリンターは別売りになっています。

最も安いモバイルレシートプリンターは、21,780円(税込)です↓↓

<セイコーインスツル>
<モバイルプリンターMP-B20-B02JK1-74>
<21,780円(税込)>

ちょっと高いですよね。

なので、お客様からレシートを求められたら、100均の領収書に手書きでお渡しすればOKです!

レシートプリンターはとりあえず買う必要はありません。

もし、お客様のニーズが多ければ、あとから買うのがオススメです。

STORES決済の導入~審査~導入の流れ

STORES決済は導入スピードがめっちゃ早いです。

ストアーズ決済の審査期間は、ブランドごとに審査していきます。

具体的には、こんな感じ↓↓

VISA、MASTERの審査

申込みから最短2日で審査完了。

カードリーダーの到着

申込みから最短3日で到着します。

なので、VISA・マスターなら最短3日でお客様向けの決済ができます

微信支付(wechatpay)の審査

申込みから最短3日で審査完了です!

交通系電子マネーの審査

最短10日で審査完了します。

STORES決済は、審査通過したブランドからお客様向けの決済ができます。

だから、お店では、審査完了したブランドごとにお客様向けの決済を開始すればOK♪

全ての審査が、10日で審査が完了するので、メッチャ早いですね。

なので、キャッスレス決済を急いでお店に導入したい方には、超オススメです!!

STORES決済公式で導入手順の詳細を確認する

まとめ

今回、STORES決済はクイックペイが使えるのか?について調べて記事にまとめてみました。

結論としては、STORES決済はクイックペイの決済できます!

STORES決済のクイックペイの決済手数料は3.24%です。

1,000円の商品なら、1,000円×3.24%=32円です。

STORES決済は、導入一時金や加盟料0円なので、初期コスト0円

月額基本料は0円(←なので、固定費0円

STORES決済は、申込みから最短で審査通過できます。

しかも、今ならカードリーダーはキャンペーンで0円!!

なので、キャンペーンが終わる前に、カードリーダーは0円でゲットしてしまうのがオススメです。

キャンペーンの申込みは以下の公式ページからのみです↓

STORES決済公式ページからキャンペーンに申し込む