STORES決済

STORES決済を美容室・サロンに導入する方法。決済手数料や使い方を解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

妻の友だちが今度、美容室を開業するんですが、彼女から「STORES決済を美容室に導入したいから、導入方法を教えて!」と言われました。

そこで、今回、STORES決済を美容室に導入する方法を調べてみました。

実は、STORES決済を美容室に導入するのは、めっちゃカンタンです!!

まず、申込みの必要書類は「本人確認書類(運転免許証など)」と「美容室のホームページ」があればOK!!

あとは、申込みから3日程度でカードリーダーが届くので、手持ちのスマホとBluetooth接続して、レジの横に置くだけで、お客様向けの決済ができます!!

しかも、STORES決済は、加盟料や導入一時金はないので、初期コストは0円

カードリーダーはキャンペーンで0円でもらえるので、機器コストも0円。(助かる)

月額基本料も0円なので、固定費0円(さらに助かる)

決済手数料は、クレジットカードは3.24%、交通系電子マネーは1.98%!!

とくに、交通系電子マネーの1.98%はめっちゃ安いです。

美容室を開業するなら今すぐ手続きしておくのがおすすめです。

STORES決済公式ページで申込み手続きをすすめる

とはいえ、STORES決済を美容室・サロンに導入する方法が気になるところだと思いますので、以下にくわしく解説します。

STORES決済の必要な機器

まず、STORES決済を導入するときに必要な機器は以下の2つです↓↓

❶スマホ(またはタブレット)
❷カードリーダー

❶スマホ(またはタブレット)は、手持ちのモノを使いましょう。

もちろん、iPhoneでもアンドロイドでもOKです。

❷カードリーダーは今ならキャンペーンで0円です。

カードリーダーを0円でゲットしたら、スマホ(またはダブレット)に無料アプリをダウンロードすればOK↓↓

あとは、スマホ(またはタブレット)とカードリーダーをBluetooth接続すれば、カンタンに決済できます。

なので、いろんな機器を買う必要もなく、すぐにキャッシュレス決済を開始できるんです!

STORES決済公式ページで必要な機器の詳細を確認する

STORES決済の操作手順

では、つぎにSTORES決済の操作手順を解説しましょう。

今回はクレジットカード決済で説明します。

<操作手順>

スマホ(またはタブレット)とカードリーダーを準備します。

スマホ(またはタブレット)はネットにつながっていればOKです。

➋ 金額を入力する。

「クレジットカード」をタップする。

クレジットカードを読み取り、暗証番号を入力。

支払い完了をタップする。

STORES決済は、直感的に操作できるので、操作性が良いので、めっちゃオススメです。

STORES決済公式ページで操作方法の詳細を確認する

STORES決済で使える決済ブランド

では、STORES決済で使える決済ブランドを解説しましょう。

クレジットカード

以下の6つのカードが使えます。

日本のクレジットカードの利用は、VISAが7割、JCBが2割、Ⅿasterが1割です。

なので、この6つがあれば、ほとんどのお客さまのニーズに応えられますよ。

電子マネー

全国の交通系電子マネーとQUICPayが使えます↓

とくに交通系電子マネーは利用者が多いので、美容室・サロンで使えるとお客さまに喜ばれますよ。

QRコード決済

中国人向けのQRコード決済「微信支付(ウィーチャットペイ)」が使えます。

ウィーチャットペイは、中国ではシェア第2位の有名なQRコード決済です。

お客さんは日本人ばかり・・という場合は、使わなくてもOKです。

STORES決済公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

STORES決済のコスト

STORES決済のコストを解説しましょう。

初期コスト

STORES決済の初期コストは0円です。

導入一時金や入会金はありません。

なので、0円でスタートできます。

STORES決済の導入には、何のコストもかかりません。

STORES決済なら導入コスト0円でキャッシュレス決済がスタートできますよ。

機器コスト

STORES決済は、今ならカードリーダー0円キャンペーン中です。

カードリーダー0円の条件は、6か月間で10万円決済すること。(←1か月に換算すると約17,000円なので、ハードルは低いですね!)

なので、手持ちのスマホ(またはタブレット)を使えば、機器コストは0円です。

月額コスト

STORES決済は月額基本料0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

つまり、お客様向けに決済した時にだけ料金が発生します

決済手数料

つぎにSTORES決済の決済手数料を解説しましょう。

クレジットカード

クレジットカード

3.24%
(税込)

交通系電子マネー

交通系電子マネーの決済手数料はこんな感じ↓↓

交通系電子マネー
1.98%
(税込)

電子マネー

電子マネーの決済手数料はこんな感じ↓

電子マネー
3.24%
(税込)

QRコード決済

QRコード決済の決済手数料はこんな感じ↓↓

QRコード決済
3.24%
(税込)

とくに、交通系電子マネーの1.98%はめっちゃ安いです!!

この安さは驚異的です。

ライバル決済端末のエアペイや楽天ペイと比較してみましょう↓↓

<交通系電子マネーの決済手数料>

STORES決済 エアペイ 楽天ペイ
1.98% 3.24% 3.24%


安いですよねー!

では、具体的な決済手数料の例をあげて説明しましょう。

決済手数料の例

例えば、お客さんが交通系電子マネーで4,000円決済した場合は、こんな感じです↓↓

<例:交通系電子マネーで1,000円決済>

・1,000円×1.98%=19円

めっちゃ安いですよね♪

コストで選ぶならSTORES決済は、めっちゃオススメです!

STORES決済公式ページで決済手数料の詳細を確認する

レシートプリンターはどうする?

STORES決済のレシートプリンターは別売りになっています。

最も安いモバイルレシートプリンターは、21,780円(税込)です↓↓

<セイコーインスツル>
<モバイルプリンターMP-B20-B02JK1-74>
<21,780円(税込)>

ちょっと高いですよね。

なので、お客様からレシートを求められたら、ちょっとオシャレな領収書に手書きでお渡しすればOKです!

レシートプリンターはとりあえず買う必要はありません。

もし、お客様のニーズが多ければ、あとから買うのがオススメです。

STORES決済公式ページでレシートプリンターの詳細を確認する

STORES決済の入金サイクル

STORES決済の入金サイクルを解説しましょう。

入金方法

ストアーズ決済は2つの入金方法があります。

<手動入金と自動入金>

手動入金 自動入金
アプリで入金手続き 自動で入金


手動入金は、アプリで自分の好きなタイミングで入金できます。

僕はアプリ操作は面倒なのかな・・と心配になったんですが、めっちゃ簡単でした。

STORES決済は、アプリの操作性が良いので、操作はとってもカンタンです。

入金日

<入金日>

手動 自動
2営業日以内 毎月20日


手動入金は、振込指示してから、2営業日以内に入金されます。

自動入金は、毎月20日に入金されます。

20日が土・日・祝なら翌営業日になりますよ。

振込手数料

<自動入金>
売上合計金額に関わらず:無料

<手動入金>
売上合計が10万円以上の場合:無料
売上合計が10万円未満の場合:200円

手動の場合は、10万円以上の売上金が貯まったら、振込指示をするのが良いですね。

STORES決済公式ページで入金サイクルの詳細を確認する

STORES決済の申込~審査~開始の流れ

STORES決済は導入スピードがめっちゃ早いです。

STORES決済は申し込むとすぐに審査が開始されます。

具体的には、こんな感じ↓↓

VISA、MASTERの審査

申込みから最短2日で審査完了。

カードリーダーの到着

申込みから最短3日で到着します。

なので、VISA・マスターなら最短3日でお客様向けの決済ができます

微信支付(wechatpay)の審査

申込みから最短3日で審査完了です!

交通系電子マネーの審査

最短10日で審査完了します。

STORES決済は、審査通過したブランドからお客様向けの決済ができます。

だから、お店では、審査完了したブランドごとにお客様向けの決済を開始すればOK♪

全ての審査が、10日で審査が完了するので、メッチャ早いですね。

カンタンにキャッシュレス決済端末を導入したいなら、STORES決済はオススメですよ。

STORES決済公式ページから申込み手続きをすすめる

まとめ

今回、STORES決済を美容室・サロンに導入する方法をまとめました。

実は、STORES決済を導入するのは、めっちゃカンタンです。

申込みに必要な書類は、本人確認書類(運転免許証など)と美容室・サロンのホームページ(URL)があればOK!

申込みから3日程度でカードリーダーが届くので、手持ちのスマホ(またはタブレット)とBluetooth接続して、レジ横に置くだけで、準備完了です。

しかも、STORES決済は、加盟料や導入一時金はないので、初期コストは0円

カードリーダーはキャンペーンで0円でもらえるので、機器コストも0円

月額基本料も0円なので、固定費0円

決済手数料は、クレジットカードは3.24%、交通系電子マネーは1.98%!!

とくに、交通系電子マネーの1.98%はめっちゃ安いです。

こんなに決済手数料が安いのは、STORES決済だけです。(ライバルのエアペイ、楽天ペイ、スクエアよりはるかに安いです!)

なので、コストで選ぶなら、めっちゃSTORES決済はオススメです。

今、STORES決済では、カードリーダー0円キャンペーン中なので、キャンペーンが終わらないうちに申し込むのがオススメです。

STORES決済公式ページで申込み手続きをすすめる