stera pack(ステラパック)

stera pack(ステラパック)は分割払いができる!分割回数やカードブランドを解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

SMBCが提供するstera pack(ステラパック)の分割払いについてまとめた記事です。

ステラパックは「分割払い」に対応していて、ボーナス払いやリボ払いにも対応しています。

お客様が払われた料金を分割払いにする方法は、決済端末の画面で「クレジットカード」→「一括以外」を選ぶだけです。

分割払いは「2,3,5,6,10,12,15,18,20,24回」から選ぶことができ、対応ブランドは、VISA、マスター、JCB、アメックスです。

ステラパックの導入をお考えの場合、初期コスト0円、機器コスト0円、月額基本料3,300円(税込)で、決済手数料3.24%(VISA、Masterは2.70%)今ならお試しキャンペーンで、月額基本料が13か月間、0円です。

ステラパック公式ページから確認する

この記事では、ステラパックの分割払いについて詳しくは紹介していきます。

ステラパックの分割払いの対応ブランド

分割払い

ステラパックでは、VISA、Master、JCB、アメックスが分割払いに対応してます。

分割払いは「2,3,5,6,10,12,15,18,20,24回」から選ぶことができます。

国内のカードシェア

ちなみに、日本国内のクレジットカードのシェアは、VISA約70%、JCB約20%、Master約10%です。

ステラパックは、この3大ブランドが、分割払いに対応してます。

なので、例えば、お客さんが「分割払いしたい」という場合、ステラパックがお店にあれば、ほぼ100%のお客様に対応できるので、心強いです。

ステラパック公式で分割払い対応のブランドの詳細を確認する

分割・リボ・ボーナス対応ブランド

分割・リボ・ボーナス払いの対応ブランドは、以下のとおりです↓

分割 リボ ボーナス
VISA
Master
JCB
Amex ×
Diners ×
discover × × ×

リボ払い

VISA、Master、JCB、ダイナースがリボ払いに対応してます。

ボーナス払い

VISA、Master、JCB、アメックス、ダイナースがボーナス払いに対応してます。

ステラパックは、分割払い以外の「リボ」や「ボーナス払い」にも対応しているので、いろいろなお客様のニーズに対応できます。

ステラパック公式でリボやボーナス払いの詳細を確認する

stera terminalの画面操作

stera terminalは、操作性がとても良いです。

stera terminalは、お店側とお客さん側の両面に画面があるので、お会計のたびに、お客さん側に向ける必要がなく、使いやすいです↓↓

さすが高額な決済端末ですね。(この端末が0円はすごいことです)

分割・ボーナス・リボ払いは、お店側の画面操作で、「クレジットカード」と「一括以外」を選択すればOKです↓↓

金額を入力し、支払い回数などを選べばOKです。

あとは、お客さん側の画面で「カードをどうぞ」と音声が出ますので、、

お客さまにクレジットカードを差し込んでもらい、暗証番号を入力してもらいます↓

お客さんが暗証番号が忘れてしまった場合は、サインで決済できます。

レシートプリンター内蔵しているので、レシートが印字されます

オートカッター付きなので、レシートが自動印刷されて、自動で切れます。

stera terminalの操作はとても簡単ですので、お店も、お客さんにもとっても使いやすいです。

ステラパック公式ページで画面操作を確認する

ステラパックのコスト

つぎに、ステラパックのコストについて解説しましょう。

初期コスト

ステラパックは、導入一時金や入会金はありません。

つまり、初期コストは0円です。

機器コスト

ステラパックに必要な機器は決済端末「stera terminal」だけです↓↓

<stera terminal>

この決済端末は、参考価格97,700円(税別)なんですが、今なら0円です。

レシートプリンターを内蔵しているし、料金入力画面も付いているので、他に何の機器も要りません。

ステラパックで必要な通信環境は、ひかり回線があればベストです。ひかり回線を有線でつなぐのが最も安定するので、推奨されています。

ただ、お店にひかり回線がない場合は、WI-FIホームルーターやモバイルWI-FIでもOKです。(通信トラブル時の補償が付かないことの了解が条件になってます)。

月額基本料

月額基本料は、3,300円(税込)です。

そして、今ならキャンペーンの「お試しプラン」を選ぶと、13か月間は月額基本料0円になります。

なので、ステラパックで分割払い決済を開始するなら、今がオススメです。

ステラパックお試しプランを見てみる

(のちほど、お試しプランについては、くわしく説明します。)

決済手数料

では、ステラパックの決済手数料を解説します。

クレジットカード

VISAとMasterの決済手数料は2.70%です。

JCB、アメックス、ダイナース、DISCOVERは3.24%です。

電子マネー

分割払いはできませんが、電子マネーの決済手数料は3.24%となってます。

QRコード決済

こちらも分割払いはできませんが、QRコード決済の手数料は3.24%です。

決済手数料の例

では、決済手数料の例を解説しましょう。

例えば、お客様がVISAで4,000円支払った場合は、こんな感じです↓↓

<決済手数料>
4,000円×3.24%=129円

これなら安いですね。

お試しプラン

では、ステラパックのお試しプランについて解説しましょう。

まず、お試しプランとスタンダードプランを比較するとこんな感じになります↓

お試しプラン スタンダードプラン
初期コスト 0円 0円
月額基本料 0円
(13か月間)
1台あたり
3,300円
VISA・Master
決済手数料
3.24%
(13か月間)
2.70%
その他の決済手数料 3.24% 3.24%

つまり、「お試しプラン」を選ぶと、13か月基本料が0円になります。

なので「お試しプラン」を選べば、3,300円×13か月=42,900円が0円!

代わりに、VISAとMasterの決済手数料が2.70%→3.24%にちょっとだけ高くなります。

14か月目からは「お試しプラン」は終了して「通常プラン」に移行します。

「通常プラン」は、月額基本料3,300円となり、VISAとMasterの決済手数料が3.24%→2.70%に安くなります。

分割払いに対応していて、決済手数料も安いので、ステラパックはオススメです。

ステラパック公式サイトで料金プランを確認する

分割払いの注意事項

では、分割払いの注意事項をお伝えします。

✅ お店の決済手数料は、分割払い決済のとき1回のみです。

✅ 分割払いは、お客様が買ったその商品のみが対象です。

ちなみに、リボ払いの注意事項は以下のとおりです。

✅ お客様がクレジットカードでリボ払い設定をしている場合は、ステラパックの決済にかかわらず、お客様が当該クレジットカードで決済した全商品がリボ払いとなります。

✅ リボ払いの設定金額(月々の支払い額)は、お客様のクレジットカード設定によります。

✅ リボ払いの金利負担は、お客様の負担です。お店に金利負担はありません。

ステラパック公式サイトで分割払いの詳細を確認する

ステラパックの入金サイクル

では、ステラパックの入金サイクルを解説しましょう。

入金サイクル

入金サイクルは3つのパターンから選択できます↓↓

❶月6回締め・・・2営業日後払い
❷月2回締め・・・2営業日後払い
❸月2回締め・・・15日後払い

入金サイクルは月2回または月6回あるので、キャッシュフローは安心です。

振込手数料

つぎに振込手数料です。

三井住友銀行を指定口座にすれば、振込手数料0円!!

振込手数料
三井住友銀行 その他の金融機関
0円 220円

その他の金融機関を指定すると、1回あたり220円の振込手数料となります。

指定口座は、三井住友銀行がオススメですね。

ステラパックの入金サイクルの詳細を見てみる

ステラパックの申込手順

では、ステラパックの申込み手順をサクッと説明しましょう。

ステラパックの申し込みの流れは、以下のとおりです↓↓

アカウント登録

ステパック公式ページをひらき、「お試しプランを申し込む」または「スタンダードプランを申し込む」をクリックします。

この画面でステラパックの申込用アカウントを登録します。

申込情報入力

アカウント登録完了をお知らせするメールが来ます。

メールから申込WEBサイトにログインして、申込情報を入力します。

審査(申込から約2週間~)

申込内容に基づき、各決済会社が加盟店審査を行います。

審査結果はメールで連絡がきます。

決済端末の配送(申込から1.5か月~)

申込みから1.5か月程度で、決済端末「stera terminal」が届きます。

審査結果メールに記載した「ご利用可能日(予定)」の前後数日以内に到着する配送されます。

利用開始

決済端末の初期設定を行います。

利用可能な決済ブランドから、順次、利用できます。

利用可能な決済ブランドは、審査結果メールで、確認できます。

これで、いよいよステラパックの利用開始です!

公式サイトからステラパックを申し込む

分割払いが対象外の業種・業務

さいごに、ステラパックで分割払いが利用できない業種や業務を解説しましょう。

以下の業種は、一括払いのみとなります↓

エステティックサロン、防犯・防火、書道、そろばん、ペット、ネイルサロン、リフォーム、スポーツ、自動車・バイク、リラクゼーション、生花・茶道、接骨院、カイロプラクティック・整体 塾・予備校 武道 美容・形成、美容・ファッション※1、保育施設、マリンスポーツ、その他医療機関、占い・姓名判断、資格、料理、あん摩・はり・灸・接骨・柔道整復、浴場・銭湯、専修学校、美容・メイク、医療・健康・介護、修理、幼児教育、カルチャーセンター、交通、託児施設、音楽、ヨガ、代行・支援サービス、各種学校、文化教育、語学、教育・習い事、不動産、趣味講座、旅行業・代理店、その他医療機関※2、リハビリテーション※2

公式サイトで分割払い対象外の業種を確認する

なお、ステラパックでは、以下の業務の決済はできません。

・エステサロンなどの回数券の決済には使用できません。

・同じく、エステサロンなどの継続コースも使用できません。

エステサロンの場合では、施術が終わった後の都度払いであれば、ステラパック一括払いで決済することはできます。

ただし、回数券や継続コースなど、未来分の料金の支払いの決済には、どんな支払い方法であっても、ステラパックは利用できません。

専門用語でいうと「継続的役務」「特定継続役務提供」「商品役務後提供」には、どんな支払い方法でもステラパックは利用できませんので、ご注意くださいね。

ステラパック公式サイトで継続役務などについて確認する

まとめ

今回、ステラパックの分割払いについて詳しくまとめてみました。

まず、ステラパックは、「分割払い」、「ボーナス払い」、「リボ払い」に対応しています。

操作方法はとてもカンタンです。

高額(97,000円)の決済端末stera terminalを0円でもらえますが、この端末の画面で、分割・ボーナス・リボ払いのいずれかを選ぶだけです。

分割払いは「2,3,5,6,10,12,15,18,20,24回」から選ぶことができます。

ボーナス一括払いは「8月、1月」から選ぶことができます。

対応カードブランドは、VISA、Master、JCB、アメックス、ダイナースです。

ステラパックは、初期コスト0円、機器コスト0円、月額基本料3,300円(税込)で、決済手数料3.24%(VISA、Masterは2.70%)です。

今ならお試しキャンペーン中なので、月額基本料が13か月の間、0円で使えます

なので、ステラパックで分割払いの決済を開始するなら、キャンペーンが終わらないうちにお早めに申し込むのがオススメです。

ステラパック「お試しプラン」を申し込む