ステラパック

医療機関向けキャッシュレス端末「ステラパックforクリニック」をくわしく解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

妻の友だちが、小さなクリニックの事務をしています。その彼女から「ステラパックに医療機関向けのプランがあるらしいから教えてほしい」と聞かれました。

そこで、今回、ステラパックの医療機関向けプランについて調べてみました。

「ステラパックforクリニック」は、キャッシュレス端末(ステラターミナル)と、診察の受付・予約管理ができるアプリ「おまとめ診察券 byGMO for stera」をセットで提供するサービスです。

まず、ステラターミナルは、お店側と患者さん側の両面に画面があるので、会計の度に患者さん側に向けたりする必要がなく、とっても使いやすいです↓↓

使える決済ブランドは、クレカ、電子マネー、QRコード決済と30種類以上もあります。

「ステラパックforクリニック」は、導入一時金などはなく、初期コスト0円で、キャッシュレス決済端末は0円です。

月額基本料は3,300円となりますが、サービスが充実しているし、決済手数料がとっても安くて、VISA、Masterはなんと1.50%と格安です。

キャッシュレス端末を使うための通信環境は、ひかり回線が推奨となっていますが、院内に安定的なWI-FIがあれば、それでもOKです。

スマホアプリ「おまとめ診察券」は、患者さんは、QRコードで来院の受付できるし、次回の予約もアプリでできます。クリニックとしても受付票が自動で出力されるし、予約管理もカンタンになります。

「ステラパックforクリニック」は、良いことづくめで、どう転んでも損はなく、とにかく医療機関なら申し込むべき、と言えます。

ステラパック公式ページから申し込む

では、さらに詳しく「ステラパックforクリニック」について解説していきましょう。

「ステラパックforクリニック」とは

「ステラパックforクリニック」は、キャッシュレス端末(ステラターミナル)と、診察の受付・予約管理ができるアプリ「おまとめ診察券 byGMO for stera」をセットで提供するサービスです。

キャッシュレス端末は、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応しています。

では、早速、使える決済ブランドから解説しましょう。

ステラパックで使える決済ブランド

ステラパックforクリニックでは、30種類以上の決済ブランドに対応してます↓↓

クレジットカード

ステラパックで使えるクレジットカードは以下のとおり↓↓

電子マネー

ステラパックで使える電子マネーは以下のとおり↓↓

QRコード決済

ステラパックで使えるQRコードは以下のとおり↓↓

これだけの決済ブランドが使えれば、ほとんどの患者さんが使っているキャッシュレスに対応できますね。

\医療機関にオススメ/
ステラパックを申し込む

ステラパックのコスト

では、ステラパックのコストを解説しましょう。

初期コスト

ステラパックに導入一時金や入会金はありません。

つまり、初期コストは0円です!

決済端末は0円

ステラパックの決済端末(stera terminal)は0円です↓↓

<stera terminal>

この決済端末は、参考価格97,700円(税別)なんですが、ステラパックforクリニックでは、0円です!

他に機器は必要はないんですが、通信環境として光回線かWI-FIが必要です。

ステラパックとしては、安定的に通信できるので、光回線を推奨しています。

月額基本料

月額基本料は、3,300円(税込)です。

月額基本料はかかりますが、サポートが充実しています。

・24時間365日対応のサポートデスク
・おまとめ診察券 byGMO for steraが0円
・決済端末の故障時の修理や交換が0円
・レシートロール紙が0円

では、1つずつ説明しましょう。

24時間365日対応のサポートデスク

ステラパックは、24時間365日対応のサポートデスクがあります。

医療機関には、とっても心強いですよね。

キャッシュレス決済端末のサポートデスクで、24時間365日対応は、ほとんどありません。

ステラパックは、万全の体制でお店のキャッシュレスをサポートしてくれます!

おまとめ診察券byGMO for steraが0円

「おまとめ診察券byGMO for stera」は、患者さんが診察券をスマホで管理できて、QRコードで来院の受付できるし、次回の予約もアプリ上でできるんです。

さらに「おまとめ診察券byGMO for stera」には以下のような特徴があります。

<クリニックのメリット>

  • 患者さんがチェックイン後、steraから受付票が自動で出力されるため、混雑時も管理が楽
  • 受付番号が振られるため、呼び出しがスムーズ
  • 次回の予約日時を患者さんに渡せる

<患者さんのメリット>

  • 診察券をスマホで管理できるので、紛失や探す手間がない
  • 来院の受付はQRコードをかざすだけ。
  • 次回予約はアプリできるし、リマインド設定もできる

こんな感じでめっちゃ便利なアプリが0円で利用できるんです!

ちなみに、スマホが苦手な患者さんには、ステラターミナルの印刷機能を利用し、受付票及び予約票を印刷します。

予約票には、QRコードが印字されているので、次回その予約票を持参していただくことで、診察券の提示に代替していただくこともできます!

レシートロール費用が0円

ステラパックのレシートロール費用は0円。

ステラパックの決済端末のアプリから注文ができます↓↓

発注を受けてから随時発送しているため、数日程度で到着します。

細かいことですが、コスト削減にもなるし、うれしいサービスですよね!

\医療機関にオススメ/
ステラパックを申し込む

決済端末の修理・交換が0円

ステラパックの決済端末が、壊れてしまった場合の修理や交換費用は0円です。

つまり、ステラパックを使用続ける限り、永久保証です。

こんな保証もめったにないので、うれしいサービスになってます。

\医療機関にオススメ/
ステラパックを申し込む

決済手数料

では、ステラパックforクリニックの決済手数料について解説しましょう。

VISA、Master

VISA、Masterは、なんと1.50%!

JCB、アメックスなど

JCB、アメックス、クイックペイなどは、非開示になっています。

銀聯、電子マネー、QRコード決済

銀聯、電子マネー、QRコード決済は、3.24%です。

決済手数料の例

では、決済手数料の例をあげましょう。

患者さんがVISAカードで3,000円支払った場合

3,000円×1.50%=45円

めっちゃ安いですよね。

コストで選ぶなら、ステラパックはオススメですね。

\医療機関にオススメ/
ステラパックを申し込む

ステラパックの決済手順

では、ステラパックの決済手順を解説しましょう。

ステラターミナルは、お店側と患者さん側の両面に画面があるので、会計の度に患者さん側に向けたりする必要がなく、使いやすいです↓↓

患者さん側の画面には金額が表示されるし、内蔵カメラでQRコードを読み取ることもできるので、お客さんはカードやスマホを差し出すだけでOK。

では、実際にクレジットカードで決済してみましょう。

➊クレジットカードを選択します。

❷金額を入力します。

❸下部の「確定」をタップします

❹患者さん側の画面で「カードをどうぞ」と音声が出ます

タッチ決済ならカードをかざします

カードを差し込んで暗証番号を入力する場合はこんな感じ↓

患者さんが暗証番号が忘れてしまった場合は、サインで決済できます。

❺レシートプリンター内蔵しているので、レシートが印字されます

オートカッター付きなので、レシートが自動印刷されて、自動で切れます。

操作はめっちゃカンタンですし、患者さんにも優しい画面になっています。

\医療機関にオススメ/
ステラパックを申し込む

ステラパックの入金サイクル

ステラパックで決済した売上金は、登録した銀行口座に入金されます。

三井住友銀行を指定口座にすれば、振込手数料0円!!

振込手数料
三井住友銀行 その他の金融機関
0円 220円

ただ、その他の金融機関を指定すると、1回あたり220円の振込手数料がかかります。

入金サイクルは3つのパターンから選択できます↓↓

❶月6回締め・・・2営業日後払い
❷月2回締め・・・2営業日後払い
❸月2回締め・・・15日後払い

入金サイクルは月2回または月6回あるので、キャッシュフローは安心ですね。

\医療機関にオススメ/
ステラパックを申し込む

申込手順

ここでは「stera pack forクリニック」の申し込みの流れを紹介しましょう。

アカウント登録

ステラパックを申し込む」よりお申込み情報を入力します。

申込情報入力

アカウント登録完了をお知らせするメールが来ます。

メールから申込WEBサイトにログインして、申込情報を入力します。

必要書類は以下のとおりです。

<必要書類>
・【法人】履歴事項全部証明書(発行後3か月以内)
・【個人事業主】本人確認書類いずれか1つ
(運転免許証、健康保険証、運転経歴証明書、在留カード、特別永住者証明書)
・【共通】ホームページのURLまたはクリニックの外観、内観画像
・【共通】クレジットカード(VISA,MasterCard)
・【共通】病院開設許可証、診察所開設許可証、診察所の開設届のいずれか1つ

審査(申込から約2週間~)

申込内容に基づき、各決済会社が加盟店審査を行います。

約2週間~2ヶ月程度の時間がかかり、審査結果はメールにて連絡がきます。

決済端末の配送(申込から1.5か月~)

決済端末が届きます。

審査結果メールに記載した「ご利用可能日(予定)」の前後数日以内に到着する配送されます。

利用開始

決済端末の初期設定を行います。

利用可能な決済ブランドから、順次、利用できます。

利用可能な決済ブランドは、審査結果メールで、確認できます。

↓医療機関にオススメの決済端末↓
ステラパックを申し込む

まとめ

今回、ステラパックの医療機関向けプランについてまとめました。

「ステラパックforクリニック」は、キャッシュレス端末(ステラターミナル)と、診察の受付・予約管理ができるアプリ「おまとめ診察券 byGMO for stera」をセットで提供するサービスです。

ステラターミナルは、お店側と患者さん側の両面に画面があるので、会計の度に患者さん側に向けたりする必要がなく、とっても使いやすいです↓↓

使える決済ブランドは、クレカ、電子マネー、QRコード決済と30種類以上もあります。

「ステラパックforクリニック」は、導入一時金などはなく、初期コスト0円で、キャッシュレス決済端末は0円!!

月額基本料は3,300円ですが、24時間365日対応のサポートデスクがあるし、スマホアプリ「おまとめ診察券 byGMO for stera」も無料で使えるので、お得感があります。

それに、決済手数料がとっても安くて、VISA、Masterはなんと1.50%と格安です。

キャッシュレス端末を使うための通信環境は、ひかり回線が推奨となっていますが、院内に安定的なWI-FIがあれば、それでもOKです。

スマホアプリ「おまとめ診察券」は、患者さんは、QRコードで来院の受付できるし、次回の予約もアプリでできます。クリニックとしても受付票が自動で出力されるし、予約管理もカンタンになります。

「ステラパックforクリニック」は、良いことづくめで、どう転んでも損はなく、とにかく医療機関なら申し込むべき、と言えます。

「ステラパックforクリニック」は下記の公式ページからの申込みとなります↓↓

ステラパック公式ページから申し込む