ステラパック

ステラパックはec決済できる?オンライン決済に対応してるの?を解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

SMBCが提供するステラパックについてまとめた記事です。

今回、ステラパックはEC決済に対応しているのか?について調べてみました。

結論から言うと、ステラパックはEC決済には対応していません

なぜなら、ステラパックはリアル店舗に特化した決済端末で、EC決済する機能を持っていないからです。

そこで、EC決済に対応している決済端末を調べてみました。

調べた結果、以下の決済端末がオススメです↓

<おすすめ>
・STORES決済

・スクエア

2つの決済端末ともに、カード決済リンク付きの請求書をeメールやLINEなどにカンタンに添付して送信することができます。

2つの決済端末の特徴は、このような感じです↓↓

決済手数料3.24%で安い

STORES決済

STORES決済は、決済手数料が3.24%安いです。審査は最短2日で通過できるので、すぐに開始できます。

STORES決済公式ページで確認する

個人でも審査に通りやすい

スクエア

決済手数料は3.25%です。外資系企業なので、個人でも審査に通りやすく審査が最短1日で早いのがスクエアです。

スクエア公式ページで確認する

では、以下にくわしく解説していきます。

ステラパックはEC決済に対応していない

まず、ステラパックはEC決済には対応していません。

なぜなら、ステラパックはリアル店舗に特化した決済端末で、EC決済する機能を持っていないからです。

なので、EC決済するなら、オンライン請求書の機能があるキャッシュレス決済サービスを選びましょう。

今回、調べ上げた結果、オススメできる決済サービスは「STORES決済」と「スクエア」です。

まずは「STORES決済」から紹介していきます。

STORES決済

まず、1つ目のオススメは「STORES決済」です。

STORES決済の基本情報

STORES決済の基本事項は以下のとおりです↓↓

項目 内容
初期コスト 0円
月額基本料 0円
決済ブランド数 6種類
決済手数料 3.24%
解約違約金 0円
必要な機器 スマホ
(タブレット、PC)
審査期間 最短2日
審査の通りやすさ

STORESは、ネットショップで有名ですよね。

実は、STORESでは、ネットショップ以外にSTORES決済という決済サービスも行っています。

このSTORES決済では、オンライン決済用のURLリンクをカンタンに作成できますす。

サービス名は「STORES決済オンライン請求書」といいます。

では、STORES決済の請求書の作り方を解説しましょう。

STORES決済の請求書の作り方

まず、スマホにSTORES決済アプリをダウンロードします。

(スマホだけでなく、PCのWEBからでも操作は可能です)。

では、操作してみましょう。

<操作手順>

❶ ホームマークをタップする

❷ 請求書決済をタップする

❸ 請求書決済作成の各項目を入力する


①請求金額
 請求金額を入力します。

② 件名
 件名を入力します。

③ 支払期限
 支払期限を入力します。「今日、7日後、月末、カスタム」から選択します。

④ 備考
 お客様へのメッセージが入力できます。

⑤ 決済メモ
 お客様に見えないメモを記録できます。

❹ プレビューをタップ

❺ 請求書のプレビューを確認する。

①決済金額
 決済金額を確認します。

②カード番号
 お客様が記入する欄です。

③カード有効期限とセキュリティコード
 お客様が記入する欄です。

④レシートをメールで受け取る
 お客様がレシートメールを受け取る時にチェックします。

⑤備考
 お店のメッセージを確認します。

確認がOKだったら、作成します。

❻ 「作成する」をタップ

❼ 請求書が完成する。

①URLコピー

決済ページのURLをコピーできます。LINEやeメールに貼り付けてお客様に送ることができます。

②かんたんメール送信

STORES所定のeメールで送信できます。

③QRコード

QRコードをコピーして、LINEやメールに貼り付けます。または、印刷してお客様に渡すこともできます。

STORES請求書の作成はとっても簡単です。

あとは、生成したURLやQRコードをメールやLINEに貼り付けて、お客様に送るだけ。

もちろん、SMS、Instagram、Facebookなどに貼り付けてもOKです。

お客様に届いたメールやLINEのURLをクリックするとこんな画面になります↓↓

<STORES請求書>

お客様は、この画面でクレジットカード情報を入力すれば決済できます。

STORES決済なら、めっちゃカンタンにクレジットカード決済できる請求書を発行できます。

STORES決済公式ページで請求書の作り方の詳細を確認する

STORES決済の決済ブランド

STORES決済で使える決済ブランドは以下のとおり。

<決済ブランド>

実は、日本国内のクレジットカードのシェアは、VISAとMASTERで8割を占めてます。

なので、この6つのブランドが使えれば、たいていのお客様に対応できますよ。

STORES決済公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

STORES決済のコスト

では、STORES決済のコストを解説しましょう。

初期コスト

STORES決済の初期コストは0円です。

導入一時金や入会金はありません。

なので、0円でスタートできます。

スマホかタブレットがあればOKです。

他に機器は何もいりません。

月額コスト

STORES決済は月額基本料0円です。

つまり、固定費0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

つまり、お客様向けに決済した時にだけ料金が発生します

決済手数料は3.24%です。

決済手数料の例

では、決済手数料の例をあげましょう。

例えば、お客さまがVISAカードで3,000円決済した場合は、こんな感じ↓

<例:VISAで3,000円決済の場合>
・3,000円×3.24%=97円

めっちゃ安いですよね♪

STORES決済は、固定費0円で使った分しかコストが発生しなので、安心して利用できますね。

STORES決済公式ページで決済手数料の詳細を確認する

STORES決済の特徴

では、STORES決済の請求書の特徴を解説しましょう。

デザインカスタマイズできる

STORES決済の請求書のデザインはカスタマイズできます。

お店のカラーに合ったデザインの請求書を作成できます。

STORES決済公式ページで請求書カスタマイズの詳細を確認する

多言語への変換ができる

STORES決済のオンライン請求書は、外国語に自動で翻訳できます!

<対応言語>
英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、タイ語

オンライン請求書だけでなく、レシートも翻訳されますよ。

なので、国内だけでなく海外からのお客様への販売にも使えますね。

STORES決済公式ページで多言語対応の詳細を確認する

STORES決済の入金サイクル

では、STORES決済の入金サイクルを解説しましょう。

STORES決済は「自動入金」と「手動入金」が選べます。

・自動入金・・・月1回(毎月20日)

・手動入金・・・アプリで振込指示して2営業日以内

あと、振込手数料は、こんな感じ↓↓

<自動入金>
・0円

<手動入金>
・売上合計が10万円以上の場合:無料
・売上合計が10万円未満の場合:200円

自分の好きなタイミングで入金できるのが、めっちゃ良いですね!

STORES決済公式ページで入金サイクルの詳細を確認する

STORES決済の申込~導入の流れ

STORES決済の申込~審査~開始までの流れは、ざっくり以下のとおり。

<導入の流れ>
ネット申込み
審査
利用開始

1つずつ説明しましょう

ネット申込み

申込みは、以下の公式ページから行います。

STORES決済公式ページの申込フォーム

入力は、3分程度で完了しますのでカンタンです。

審査

審査のスケジュールは、以下のとおり↓↓

決済ブランドごとに審査結果が通知されます。

カードリーダーは、EC決済には不要なので、申し込まなければOKです。

また、交通系電子マネーや微信支付などもお店の決済端末用のブランドなので、審査に申し込まなければOKです。

STORES決済公式ページで審査の詳細を確認する

利用開始

STORES決済は、VISA・Masterは最短2日で審査が完了します。

審査に通過すれば、STORES決済アプリをスマホにダウンロードすれば、すぐに使えます。

なので、申込から最短2日で、オンライン請求書を発行できます

スクエア

では、次のオススメ「スクエア」を説明していきましょう。

スクエアの基本情報

スクエアの基本事項は以下のとおりとなってます↓↓

項目 内容
初期コスト 0円
月額基本料 0円
決済ブランド数 6種類
決済手数料 3.25%
解約違約金 0円
必要な機器 スマホ、PC
審査期間 最短1日
審査の通りやすさ

スクエアの最大の魅力は、審査の通りやすさです。

スクエアは無料でアカウントを作成すれば、すぐに審査してくれます。

スクエアは外資系企業なので、幅広くスクエアを使ってほしいコンセプトで運営されています。

なので、スクエアは個人でも審査に通りやすいので、オススメです。

スクエア公式ページから無料アカウントを作成する

スクエアのオンライン請求書の作り方

アカウント登録後、審査に通過したら、スマホにスクエアPOSアプリをダウンロードします。

(スマホだけでなく、PCのWEBからでも操作は可能です)。

では、操作してみましょう。

<操作手順>

➊請求書の項目を入力する

スクエアアプリにログインして、右上にある「請求書送信」を選択します。

❷お客様向けの情報の入力

つぎにお客様向けの情報を入力します。

① お客様の名前(宛名)を入力する。
② 件名を入力する。
③ 請求書ID(特に入力不要です)
④ お客様宛の文章を入力する。
⑤ サービス提供日を選択する。
⑥ 頻度を選択する(定期決済でなければ1回限り)
⑦ 支払期限を選択する。

❸単位品目の入力

<入力項目>
⑧商品を選択する(または入力する)

❹支払いオプションの入力

 

<入力項目>
⑨ クレジットカードまたはデビットカードにチェックする
⑩ 支払方法を保存はチェックしない(定期決済でない場合)

❺コミュニケーション項目の入力

<入力項目>
⑪コミュニケーションの「メール」「SNS」「手動」のいずれかのチェックボックスをチェックする。

「メール」や「SNS」を選んだ場合は、送信ボタンを押すと、そのまま送信されます。

「手動」を選んだ場合は、LINEやツイッターなどでURLを伝える、といった方法で請求書を発行できます。

メール送信以外の方法を使う場合は「手動」を選択してください。

❻お客様がカード決済する

お客様が送られてきたURLをクリックすると以下の請求書が表示されます。

お客様は、請求書のメールにある [カードで支払う] ボタンをクリックします。

お客様は以下を入力します。

<入力する項目>
① クレジットカード名義を入力する
② クレジットカード番号を入力する。
③ 有効期限 (月/年)を入力する。

④ セキュリティコードを入力。
⑤ [¥○○をカードで支払う]をクリックする。

支払いが完了すると「ありがとうございます。請求書のお支払いが完了しました。」と表示されます。

こんな感じで、スクエアは、カンタンにオンライン請求書を送ることができます。

公式ページでスクエア請求書の作り方の詳細を確認する

スクエアの決済ブランド

スクエアの請求書で使える決済ブランドは以下のとおりです↓↓

お客さまは、上記6種類のいずれかのクレジットカードがあれば、決済できます。

これだけ決済ブランドがあれば、お客様の決済ニーズにバッチリ応えられますね!

スクエア公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

スクエアのコスト

では、スクエアのコストを解説しましょう。

初期コスト

スクエアの初期コストは0円です。

導入一時金や入会金はありません。

なので、0円でスタートできます。

スマホかタブレットがあればOKです。

他に何の機器もいりません。

スクエアも導入コスト0円でクレジットカード決済できる請求書が発行できます。

月額コスト

スクエアは月額基本料0円です。

固定費0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

決済手数料は3.25%です。

決済手数料の例

決済手数料の例をあげますね。

例えば、お客さまがVISAカードで3,000円決済した場合は、こんな感じ↓

<例:VISAで3,000円決済の場合>
・3,000円×3.25%=97円

どうですか?

スクエアも安いですよね!

固定費0円で、使った分しか費用が発生しないので、安心して使うことができます。

スクエア公式ページで料金の詳細を確認する

スクエアの入金サイクル

では、スクエアの入金サイクルを解説しましょう。

スクエアは入金スピードがめっちゃ速いです。

<スクエアの入金日>

三井住友・みずほ銀行 その他金融機関
翌日
(月~金)
毎週金曜日

三井住友・みずほ銀行なら、課金の翌日に入金されます。

その他の金融機関なら、前の週の木曜~水曜日までの課金が、金曜日に入金されます。

もちろん、振込手数料は0円です。

売上金の入金スピードで選ぶなら、スクエアがオススメです。

スクエア公式で入金サイクルの詳細を確認する

スクエアの申込~導入~開始の流れ

それでは、スクエアの申込~審査~利用開始の流れを説明します。

以下の3ステップです。

  1. 無料アカウント登録
  2. 審査
  3. 利用開始

1つずつ説明しましょう。

無料アカウント登録

スクエアの無料アカウントの登録は、ネットから3分程度で完了します。

スクエア公式で無料アカウントを登録する

提出書類もありませんので、カンタンです。

氏名や銀行口座情報があればOKです。

審査

審査の順番は、こんな感じです↓↓

スクエアは、決済ブランドごとに順に審査します。

VISA、MASTER、アメックスは、最短当日で審査が通過します。

JCBやダイナースは、3~4日

クイックペイ、ID、交通系IC、PayPayは、請求書には使用できないので、審査を受けなくてもOKです。

利用開始

審査が通過した決済ブランドから取り扱いが開始できるので、VISA・マスター・アメックスなら申込から最短で当日スタートできます。

スクエアの審査は、厳しくなく、個人でも通りやすいので、まずは、アカウントを作成してしまうことをオススメします。

スクエア公式で無料アカウントを登録する

まとめ

今回ステラパックはEC決済に対応しているのか?についてまとめました。

結論としては、ステラパックはEC決済には対応していません

なので、EC決済を導入するなら、以下の決済サービスがオススメです↓

<おすすめ>
・STORES決済

・スクエア

2つのサービスともに、クレジットカード決済付きの請求書をeメールやLINEなどで送信できます。

しかも、スマホのアプリからでもオンライン請求書が作成できるので、めっちゃオススメです。

特徴はこんな感じです↓↓

決済手数料3.24%で安い

STORES決済

STORES決済は、決済手数料が3.24%安いです。審査は最短2日で通過できるので、すぐに開始できます。

STORES決済公式ページで確認する

個人でも審査に通りやすい

スクエア

決済手数料は3.25%です。外資系企業なので、個人でも審査に通りやすく審査が最短1日で早いのがスクエアです。

スクエア公式ページで確認する

今回、十分調べたうえで、オススメのオンライン決済サービスをご紹介しましたので、上記の2つのいずれかを選べば、大丈夫ですよ。

申込みはお早めにどうぞ。