スクエア

スクエアのTapToPayの導入方法、使い方、決済手数料などを詳しく解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが繁華街の路地裏で小さなbarを経営しているんですが、スクエアのTapToPayを導入したい、とのこと。

その彼から「スクエアのTapToPayの導入方法や使い方などを詳しく教えて!」と言われれました。

そこで、今回、決済端末スクエアのTapToPay導入方法や使い方について詳しく調べてみました。

スクエアのTapToPayとは、スマホにアプリを入れるだけで決済端末にしてしまう超画期的なサービスなんです。

(スマホはアンドロイドでもiPhoneでもOKです!)

導入方法は、めっちゃカンタン!スクエアの無料アカウントを登録すると、即審査となり、審査に通れば、スマホにSquareアプリをダウンロードすればOK。

たったこれだけで、お客様向けの決済ができちゃうんです!

スクエアの審査には書類が必要なく、職種の関係なくハードルが低くなっています。

スクエアは、申し込みから全ての審査が終わるまでに最短10日かかるので、なるべく早めに申し込んでおくのがおすすめです。

スクエア公式ページから申込み手続き

ちなみに、スクエアの初期コストは0円で、月額基本料も0円

コストは決済手数料3.25%のみ。1,000円の決済をしたら、1000円×3.25%=32円です。

Squareならスマホだけでお客様向けの決済できるので、めっちゃ便利ですよ。

スクエアの無料アカウント作成は下記の公式ページからのみです↓↓

スクエア公式ページで無料アカウントを作成する

とはいえ、スクエアのTapToPayについて気になるところだと思いますので、くわしく解説していきます。

スクエアのTapToPayは、スマホを決済端末にしてしまう超画期的なサービス!

導入方法は、めっちゃカンタンです。

スクエアの無料アカウントを登録すると、即審査をしてくれるので、審査が通れば、お手元のスマホに「SquarePOSレジ」アプリをダウンロードすればOK。

あとは、スマホでTaptoPayの設定すれば準備完了です!

設定は、めっちゃカンタンでスマホのNFCをオンにするだけ。(NFCとは、ICチップを使ってかざすだけで通信できる規格の名前です)。

設定の手順は以下のとおり。

今回はandroidスマホで設定してみましょう。

❶androidスマホの設定をタップする

❷その他接続をタップする

❸NFCをオフからオフをタップする

❹NFCをオンに切り替える

たった、これだけで準備完了です。

めっちゃカンタンですよね!

スクエア公式ページでTapToPay設定方法について確認

スクエアのTapToPayの使い方

それでは、早速、スクエアのTapToPayの使い方について解説しましょう。

<TapToPayの使い方>

❶スマホを準備する。

❷スクエアアプリをタップする

❸金額を入力する

❹TapToPayを選択する

❺お店用スマホにお客様のクレジットカードをタッチする

❻「承認されました」と表示される

これで決済完了です!

これならカードリーダーの購入も必要ないんです!

めっちゃ便利ですよね!

TapToPayで決済できる上限金額

TapToPayで決済できる上限金額は15,000円です。

なので、15,000円以上の決済した場合、お客様のサインを求められます

その場合は、スマホのスクエアアプリに、お客さまにサインを入力していただければOKです。

<サイン入力画面>

スクエア公式でTapToPayの上限額の詳細を確認

スクエアのTapToPayで使える決済ブランド

スクエアのTapToPayで使える決済ブランドを紹介しましょう。

クレジットカード

Applepay

PayPay



電子マネーは利用できない

スクエアでは電子マネーの決済もできるんですが、TapToPayでは、未対応です。

もし、電子マネーの決済をしたい場合は、カードリーダーを購入すれば、決済できますよ。

<スクエアリーダー 4.980円>

スクエア公式でTapToPayの対応ブランドの詳細を確認する

スクエアのコスト

それでは、スクエアのコストを解説しましょう。

初期コスト

スクエアは、加盟料や導入一時金0円です。

なので、初期コストは0円です。

機器コスト

TapToPayを導入するなら、スマホだけでOKです!

(スマホはアンドロイドでもiPhoneでもOKです!)

なので、手持ちのスマホを使えば、機器コスト0円です。

月額コスト

スクエアは月額基本料0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

つまり、毎月の固定費が0円です!(←固定費0円は嬉しい)

使った分しかお金がかからないのがスクエアの良いところです。

決済手数料

お客様向けに決済した場合の決済手数料は3.25%です。

実際の決済手数料の例をあげますね。

お客様がVISAカードで1,000円決済した場合は、こんな感じ↓

<例:VISAカード決済1,000円>
1,000円×3.25%=32円

メッチャ安いですよね♪

コストで選ぶならスクエアはオススメです!

スクエア公式でコストの詳細を確認

スクエアのレシート発行は?

スクエアを導入するときに気になるのが、レシートプリンター。

ただ、スクエア対応レシートプリンターはちょっと高い!

<スター精密 SM-S210i2 39,650円(税込)>

スクエアは電子レシートをeメールやショートメールで送信できます↓↓

なので、コストをかけないなら、電子レシートで対応するのが良いですね。

もし、紙の領収書が欲しいと言われたら、100均の領収書に手書きしてお渡ししましょう。

お店の経営は、できるだけコストをかけないのが大切ですよね。

なので、レシートプリンターは購入しないでも大丈夫ですよ。

スクエアの入金サイクル

スクエアは、入金がめっちゃ早いんです。

三井住友銀行またはみずほ銀行をしていすれば、翌日入金です。

それ以外の金融機関を指定すれば、週1回(毎週金曜日)の入金です。

つまり、前週の木曜~水曜日までの売り上げが、金曜日に入金されます。

三井住友・みずほ銀行 その他金融機関
翌日
(月~金)
週1回
(金)

ちなみに、「その他金融機関」とは、銀行・ゆうちょ・信用金庫・信用組合・ネット銀行など国内全ての金融機関です。

めっちゃ早いですよね。

さらに、振込手数料は0円です。

スクエアは、入金回数が多くて、振込手数料0円は、うれしいです!!

スクエア公式で入金サイクルの詳細を確認

スクエアの申込~審査~利用開始の流れ

それでは、スクエアの申込~審査~利用開始の流れを説明します。

以下の3ステップです。

  1. 無料アカウント登録
  2. 審査
  3. 利用開始

1つずつ説明しましょう。

無料アカウント登録

スクエアの無料アカウントの登録は、ネットから3分程度で完了します。

スクエア公式で無料アカウントを登録する

提出書類もありませんので、カンタンです。

氏名や銀行口座情報があればOKです。

審査

審査の順番は、こんな感じです↓↓

スクエアは、決済ブランドごとに順に審査します。

VISA、MASTER、アメックスは、最短当日で審査が通過します。

JCBやダイナース、交通系電子マネーは、3~4日

QUICKpayは、5~6日

PayPayは、10日で審査通過です。

めっちゃ早いですよね!!

審査が通過した決済ブランドから取り扱いが開始できるのがスクエアの良いところです。

スクエア公式で申込手順の詳細を確認

利用開始

審査に通過したら、スマホにスクエアPOSレジアプリをダウンロードすれば、すぐにTapToPayの取り扱いが開始できます。

なので、VISA・マスター・アメックスなら申込から最短1日で即スタートできます。

だから、急いでキャッシュレス決済を導入したいならスクエアは、めっちゃオススメです。

スクエア公式で無料アカウントを登録する

まとめ

今回、決済端末スクエアのTapToPay導入方法や使い方についてまとめてみました。

スクエアのTapToPayとは、スマホを決済端末にしてしまう超画期的なサービス。

導入方法は、めっちゃカンタンです。

スクエアの無料アカウントを登録すると、即審査をしてくれるので、審査が通れば、お手元のスマホにSquareアプリをダウンロードすればOK。

もちろん、スマホはアンドロイドでもiPhoneでもOKです!

たったこれだけで、お客様向けの決済ができます!

スクエアの審査には書類が必要なく、職種の関係なくハードルが低くなっています。

スクエアは、申し込みから全ての審査が終わるまでに最短10日かかるので、なるべく早めに申し込んでおくのがおすすめです。

スクエア公式ページから申込み手続き

そして、スクエアの初期コストは0円で、月額基本料も0円

コストは決済手数料3.25%のみ。

1,000円の決済をしたら、1000円×3.25%=32円です。

Squareならスマホだけで決済できるので、めっちゃ便利ですよ。

スクエアの無料アカウント作成は下記の公式ページからカンタンにできますよ↓↓

スクエア公式ページで無料アカウントを作成する