スクエア

スクエアとPayPayの併用が最もお得!決済手数料を安くする方法を解説。

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが、スパイスの効いたチキンカレーのお店を開業します。

決済端末はスクエアに決めているそうなのですが、「スクエアで決済手数料をお得にする方法はない?」と聞いてきました。

そこで、今回スクエアの決済手数料をお得にする方法について調べてみました。

結論から言うと、スクエアとペイペイ直接契約を併用するのがお得です!

SquareでPayPayは利用できるですが、決済手数料が3.25%かかります。

一方、PayPayと直接契約すると、決済手数料が1.98%です。

なので、PayPay支払いのお客さんが来たときだけは、スクエアではなく、直契約のPayPayで決済すると、手数料が1.98%になりコストを抑えることができます!!

SquareとPayPayの併用はカンタンにできるので、コストを抑えるなら、この方法はめっちゃオススメとなります。

なお、PayPayの直契約は下記の公式ページからできます↓↓

PayPay公式ページから直契約する

スクエアとPayPay直契約の併用についてまとめましたので、参考にしてみてください。

スクエアとPayPay直契約の併用が最もお得!

スクエアでは、square画面でPayPay用のQRコードを表示すれば決済できます↓↓

でも、スクエアでPayPay決済をするより、PayPay公式ページから直接契約した方がお得なんです。

具体的に解説しましょう。

スクエアとPayPayの決済手数料

実はPayPayと直接契約すると、決済手数料が安いんです↓↓

PayPay決済手数料
PayPay直契約 Square
1.98% 3.25%

PayPay直契約なら決済手数料が1.98%

PayPayと直契約すれば、スクエアの4割安い決済手数料なんです。

決済手数料の例

では、実際の決済手数料の例をあげて比較しましょう。

PayPayで2,000円決済した場合はこんな感じ↓↓

<PayPay直契約>
・2,000円×1.98%=39円

<square>

・2,000円×3.25%=65円

決済手数料
PayPay直契約 スクエア
39円 65円


<差額>
・65円-39円=26円

26円もPayPay直契約の方が安いんです!!

なので、普段使いは、スクエアにして、PayPay支払いのお客様が来たら、PayPay公式「QRコードステッカー」で決済すると、コストが安くなります。

コストを最小限に抑えるなら「スクエア」と「PayPay直契約」を併用するのがオススメです。

PayPay公式ページから直契約する

PayPayの操作方法

では、PayPay公式ページで直接契約したときのPayPayの操作方法を解説しましょう。

まず、PayPay公式ページと直接契約した場合は、機器は必要ありません。

お店のレジの前のQRコードステッカーを置いて、お客様がスキャンするだけでOKです。

では、具体的な決済手順を説明しましょう。

<PayPay決済手順>

❶お客さんがペイペイステッカーのQRコードを読み取る

❷お客さんが会計の金額を入力する

❸お店が会計の金額を確認する。

これだけで決済が完了できます。

ちなみに、QRコード付きの卓上ステッカーは、PayPayに申し込めば、タダでもらえます。

PayPay公式ページから直契約する

PayPayの初期コストと月額基本料

では、続いて、PayPayのコストを解説しましょう。

PayPayの初期コスト

PayPayの導入にあたっての初期コストは0円です。

つまり、導入一時金や加盟料は0円

機器も必要ないので、機器コストも0円

なので、ノーリスクで申込みできますよ♪

PayPayの月額基本料

つぎに、PayPayの月額基本料は0円

だから、PayPayの決済があったときだけ手数料がかかるだけ。

つまり、固定費0円です。

PayPayとスクエアを併用しても、コストがかさむことはありませんよ。

PayPayの決済手数料

PayPay公式ページから直契約した場合、決済手数料は「1.98%」です。

スクエアでPayPayを利用すると「3.25%」なので、PayPayと直契約するのがお得ですね。

PayPayマイストアプランは加入なしでもOK

ちなみにペイペイには「PayPayマイストアプラン」というプランがあります。

「PayPayマイストアプラン」は「基本プラン」より機能が拡張されます。

具体的にはこんな感じ↓↓

PayPay
基本プラン
PayPay
マイストアプラン
ストアページ管理
お知らせ記事の投稿
PayPayクーポンの利用 ×
PayPayスタンプカードの利用 ×
各サービスの利用分析 ×

正直言って、あんまり必要のない機能ばっかりですよね。

このプランに加入すれば、決済手数料が1.6%になりますが・・・

でも「PayPayマイストアプラン」は、4か月目以降から月額基本料が必要になるんです。

こんな感じです↓↓

費用
初期コスト 0円
月額基本料 1,980円
(3か月無料)

月額基本料1,980円は、ちょっと高いですよね。

なので、コストを抑えるなら「PayPayマイストアプラン」に加入する必要はありませんよ。

PayPay公式ページから直契約する

スクエアとPayPay併用の申込方法

スクエアとPayPayの併用の申込方法はめっちゃカンタンです。

以下の2ステップです。

❶スクエアでPayPayを申し込まない
❷PayPay公式ページから直契約する

では、次に詳しく説明します。

スクエアではPayPayを申し込まない

スクエアは公式サイトから無料アカウントを作成すると、すぐに審査が開始されます。

スクエアの審査のスケジュールはこんな感じ↓↓

スクエアは、決済ブランドごとに順に審査します。

VISAやMasterなどクレジットカードから審査が行われます。

PayPayの審査が通過したら、スクエア管理画面から「PayPayの有効化」を行えば、PayPayを使えるようになります。

ただ、この「PayPayの有効化」をしなければ、OKです。

PayPayに申し込む

次は、PayPay公式ページから申し込めばOKです。

PayPayの申込みは、3分でカンタンにできます。

導入手順は以下の3ステップ

  1. 申込フォーム入力(仮登録)
  2. 案内メール受信
  3. 審査情報入力

では、1つずつ解説しましょう。

申込フォームの入力

申込フォームは以下を入力するだけでOK

<入力項目>
・氏名
・メールアドレス
・法人名または屋号名
・連絡先電話番号

これだけなので30秒で完了!

案内メール受信

申込フォームで登録したメールアドレス宛に案内メールが届きます。

審査情報入力

案内メール記載のURLをクリックすると、審査情報の入力フォームがあります。

そこで、以下の書類のアップロードや入力を行います。

❶本人確認書類
❷銀行の口座情報
❸お店の画像
❹法人番号(法人のみ)

では1つずつ解説しましょう。

本人確認書類

以下のいづれか1点あればOK↓↓

本人確認書類
・運転免許証
・在留カードおよび特別永住者証明書
・マイナンバーカード
・日本国パスポート※
・各種健康保険証※

※「日本国パスポート」または「各種健康保険証」を使う場合は、追加で以下のいずれか1点が必要です↓↓

追加書類
・公共料金領収書
(電気・ガス・水道など)
・住民票記載事項証明書
・住民票写し

銀行の口座情報

以下の銀行口座情報があればOKです↓↓

銀行の口座情報
・金融機関名
・支店名
・預金種別
・口座番号
・口座名義人

お店の画像

お店の画像は以下1枚ずつ必要です。スマホで撮ればOKです。

お店の画像
・お店の内観(1枚)
・お店の外観(1枚)

法人番号

法人であれば、法人番号が必要になります。

めっちゃカンタンですよね♪

PayPayスタートキットの到着

審査情報の入力後、1週間で「PayPayスタートガイドとスタートキット」が届きます。

スタートガイドの内容に沿って、スタートキットを組み立てましょう。

キットの組み立てた後、管理サイトにログインして口座情報や店舗情報などの登録を行うとPayPayの導入が完了です!!

だから、PayPayは、申込みから約1週間でスタートできちゃいますよ。

\PayPayは直契約がお得/
↓ ↓
PayPay公式ページから直契約する

まとめ

今回スクエアとPayPayの併用方法について調べてみました。

まず、SquareとPayPayの併用は可能です。

スクエアでPayPayの決済できますが、決済手数料が3.25%一方、PayPayと直接契約すると、決済手数料が1.98%です。

なので、PayPay支払いのお客さんが来たときだけは、スクエアではなく、直契約したPayPayで決済すると、手数料ガ1.98%になりコストを抑えることができます!!

ペイペイの直契約は「PayPay公式ページ」から申し込むだけでOKです。

PayPayに直接申込みをすると、QRコードステッカーが送られてきますので、レジに置いて、お客さんにスマホで読み込んでもらえば、決済できます。

スクエアとPayPayの併用はカンタンにできるので、コストを抑えるなら、この方法はめっちゃオススメですね。

なお、PayPayの申込みは下記の公式ページから出来ます↓↓