スクエア

スクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料と使い方を詳しく解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが小さな工務店を経営していて、住宅の修繕などをしているんですが、今度クレジットカード払いに対応するため、スクエアを導入するそうです。

そんな彼から「スクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料と使い方をを教えて!」と言われました。

そこで、今回、Squareのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料と使い方を調べてみました。

まず、スクエアのインボイスを利用すると、スマホのアプリからカンタンに「オンライン請求書」が作れて、eメールやLINEで送信ができます。

「オンライン請求書」を受け取ったお客さんは、カード情報を入力するだけで、支払いできます。(しかも、見積書を送ることもできる!)

そのスクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料は3.25%でめっちゃ安い!!

スクエアは初期コスト0円で、月額基本料も0円機器はスマホかパソコンだけ。他に何もいりません。

何しろ、お客さんは、現金を準備したり、銀行に振込みに行く手間が省けるので、すごく喜ばれます。

スクエアはカンタンなアカウント登録すれば、即審査しくれて、無料で導入できるんです。

なので、まずは無料アカウント登録してしまえば、すぐに審査に入りますので、時間短縮になりますよ。

スクエア公式ページで無料アカウントを登録する

とはいえ、スクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料や使い方について気になるところだと思いますので、以下に詳しくまとめてみました。

スクエアのインボイス(オンライン請求書)とは

スクエアのインボイスとは、EメールやLINEで送信できるオンライン請求書です。

受け取ったお客さんは、請求書にクレジットカード情報を入力すれば、代金を支払うことができます。

お客さんは、現金を準備したり、銀行に振込みに行く手間が省けるので、喜ばれます。

お店にとっても、請求書の印刷や郵送の手間も省けるし、現金の準備、つり銭間違えなども起こらないので、ラクチンです。

スクエア請求書の支払い状況は、アプリからリアルタイムに確認できるので、めっちゃ便利です!

さらに、オンライン見積書も送信できるので、まず見積書を送信して、お客様の承諾を得られたら、そのまま請求書に変換することもできちゃいます。

現金での集金や紙の請求書での処理を一挙に解決してくれるので、スクエアのインボイスは、めっちゃオススメです!!

スクエア公式でインボイスの詳細を確認する

スクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料

それでは、スクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料やコストを解説していきましょう。

インボイスの決済手数料

スクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料は3.25%です

では、決済手数料の例を上げましょう。

例えば、5,000円を請求書で決済したら、こんな感じです。

<スクエア請求書の決済手数料>
・5,000円×3.25%=162円

めっちゃ安いですよね♪

初期コスト

ちなみに、スクエアの初期コスト0円

導入一時金、入会金などの費用は、一切かかりません!

月間基本料

さらにスクエアは月額基本料0円

スクエアは、月額基本料0円なので、使った時だけにしかお金がかからないので、コストもかからないです。

スクエア公式でインボイスの決済手数料の詳細を確認する

スクエアインボイス(オンライン請求書)で使えるブランド

スクエアのインボイス(オンライン請求書)で使える決済ブランドは、以下の6つ。

<使えるブランド>
VISA
マスター
アメックス
JCB
ダイナース
ディスカバー

VISA、マスター、JCBの3つは、国内のクレジットカード決済の90%のシェアです。

なので、この6つのブランドがあれば、ほぼ全てのお客さんのクレジットカードに対応できます!!

スクエア公式でインボイスで使える決済ブランドを確認する

スクエアインボイス(オンライン請求書)の開始に必要な機器

スクエアのインボイス(オンライン請求書)を使うときに必要な機器は、1つだけ。

・パソコンまたはスマホ

これだけでOKです。

とくにスマホからでも操作できるので、メッチャ便利ですよ!!

スクエアのインボイス(オンライン請求書)の使い方

では、スクエアのインボイス(オンライン請求書)の使い方をお伝えしましょう。

使い方は、めっちゃカンタンで、以下の3ステップです↓↓

<オンライン請求書の手順>

  1. 請求書の項目を入力する
  2. お客様がカード決済する
  3. お客様の支払いを確認する。

では、1つずつ説明しますね♪

請求書の項目を入力する

スクエア管理画面にログインして、右上にある「請求書送信」を選択します。

つぎにお客様情報を入力します↓↓

お客様情報の入力

 

<入力する項目>
① お客様の名前(宛名)を入力する。
② 件名を入力する。
③ 請求書ID(特に入力不要です)
④ お客様宛の文章を入力する。
⑤ サービス提供日を選択する。
⑥ 頻度を選択する(定期決済でなければ1回限り)
⑦ 支払期限を選択する。

単位品目の入力

<入力項目>
⑧商品を選択する(または入力する)

支払いオプションの入力

<入力項目>
⑨ クレジットカードまたはデビットカードにチェックする
⑩ 支払方法を保存はチェックしない(定期決済でない場合)

コミュニケーション項目の入力

<入力項目>
⑪コミュニケーションの「メール」「SNS」「手動」のいずれかのチェックボックスをチェックする。

「メール」や「SNS」を選んだ場合は、送信ボタンを押すと、そのまま送信されます。

「手動」を選んだ場合は、LINEやツイッターなどでURLを伝える、といった方法で請求書を発行できます。

メール送信以外の方法を使う場合は「手動」を選択してください。

お客様がカード決済する

お客様が送られてきたURLをクリックすると以下の請求書が表示されます。

お客様は、請求書のメールにある [カードで支払う] ボタンをクリックします。

お客様は以下を入力します。

<入力する項目>
① クレジットカード名義を入力する
② クレジットカード番号を入力する。
③ 有効期限 (月/年)を入力する。

④ セキュリティコードを入力。
⑤ [¥○○をカードで支払う]をクリックする。

支払いが完了すると「ありがとうございます。請求書のお支払いが完了しました。」と表示されます。

お客様の支払いを確認する。

Square請求書を送信した後、お客様の支払い状況をステータス画面で確認できます。

こんな感じで、カンタンにオンラインで請求書を送って、決済できます。

決済状況もリアルタイムで確認できるので安心です。

スクエアなら、オンライン請求書をカンタンに開始できます。

スクエア公式でインボイスの使い方の詳細を確認する

スクエアの売上金の入金日

では、スクエアのインボイス(オンライン請求書)の売上金の入金日を解説しましょう。

スクエアは入金スピードがめっちゃ速いです♪

<スクエアの入金日>

三井住友・みずほ銀行 その他金融機関
翌日
(月~金)
毎週金曜日


その他金融機関とは、銀行・ゆうちょ・信用金庫・信用組合・ネット銀行など国内全ての金融機関です。

三井住友・みずほ銀行なら、課金の翌日に入金されます♪

その他の金融機関なら、前の週の木曜~水曜日までの課金が、金曜日に入金されます。

これなら、キャッシュフローも安心ですね。

さらに、振込手数料は0円です。

なので、入金回数が多くても、振込手数料0円も、うれしいです♪

スクエア公式でインボイスの入金サイクルの詳細を確認する

スクエアの申込~審査~利用開始の流れ

それでは、スクエアの申込~審査~利用開始の流れを説明します。

以下の3ステップです。

  1. 無料アカウント登録
  2. 審査
  3. 利用開始

1つずつ説明しましょう。

無料アカウント登録

スクエアの無料アカウントの登録は、ネットから3分程度で完了します。

スクエア公式で無料アカウントを登録する

提出書類もありませんので、カンタンです。

氏名や銀行口座情報があればOKです。

審査

審査の順番は、こんな感じです↓↓

スクエアは、決済ブランドごとに順に審査します。

VISA、MASTER、アメックスは、最短当日で審査が通過します。

JCBやダイナースは、3~4日

クイックペイ、ID、交通系IC、PayPayは、請求書には使用できないので、審査を受けなくてもOKです。

利用開始

審査が通過した決済ブランドから取り扱いが開始できるので、VISA・マスター・アメックスなら申込から最短で当日スタートできます。

スクエアの審査は、厳しくなく、個人でも通りやすいので、まずは、アカウントを作成してしまうことをオススメします。

スクエア公式で無料アカウントを登録する

まとめ

今回、Squareのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料と使い方をまとめました。

まず、スクエアのインボイス(オンライン請求書)の決済手数料は3.25%でめっちゃ安い!!

squareのインボイスは、スマホのアプリからカンタンに「オンライン請求書」が作れて、eメールやLINEで送信ができて、「オンライン請求書」を受け取ったお客さんは、カード情報を入力するだけで、支払いできます!

スクエアは初期コスト0円で、月額基本料も0円機器はスマホかパソコンだけ。他に何もいりません。

何しろ、お客さんは、現金を準備したり、銀行に振込みに行く手間が省けるので、すごく喜ばれます。

スクエアはカンタンなアカウント登録をすれば、すぐに審査してくれて、そして無料で導入できるんです。

なので、まずは無料アカウントを登録して、スクエアのインボイスを利用を開始するのがオススメです!

スクエア公式ページで無料アカウントを登録する