スマレジPAYGATE

スマレジPAYGATEを持ち運んで使う方法。通信環境や必要機器を解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

ある日、開業間近の友人が「スマレジPAYGATEは持ち運んで使えるの?導入方法を知りたいな」と言い出したんです。

さらに立て続けに「機器は何が必要なの?」「ネット環境はどうすればいいの?」と聞いてきました。

そこで、今回スマレジPAYGATEを持ち運んで使う方法を調べてみました。

まず、スマレジPAYGATEは、店内でも店外でも持ち運んで使うことができます。スマレジPAYGATEの決済端末「PAYGATEステーション」は、めっちゃ高性能なので、4G通信ができてレシートプリンター付きなんです。

なので、PAYGATEステーション1台だけを持ち運べば、店外でも店内でも使えて、モバイルWI-FIやモバイルプリンターなどの機器もいらないんです。

しかも、この高性能のPAYGATEステーション(30,800円)は、今ならキャンペーンで0円になり、しかも決済手数料3.24%を値下げしてくれるんです。

(スマレジPAYGATEは、問い合わせすると審査してくれるので、まずは問い合わせしておくというのが時間を無駄にせずに済みますよ。)

スマレジPAYGATEの公式ページでまず問い合わせする

とはいえ、スマレジPAYGATEを持ち運んで使う方法について気になるところだと思いますので、以下に詳しくまとめてみました!

スマレジPAYGATEに必要な機器

まず、スマレジPAYGATEに必要な機器は決済端末「PAYGATEステーション」1つです。

PAYAGATEステーションは、4G通信ができます。

なので、PAYGATEステーション1台を店外や店内に持ち運べば、決済できるんです。

金額の入力もできるし、レシートプリンターもついているからレシート印刷もできます。

他社の決済端末では、金額入力用のスマホ(またはタブレット)、レシートプリンター、通信用のWI-FIなどの機器が必要です。

でも、スマレジPAYGATEならPAYGATEステーション1台でOK!!

だから、スマレジPAYGATEは、持ち運びには、めっちゃオススメなんです!

スマレジPAYGATEの公式ページで必要機器の詳細を確認する

スマレジPAYGATEの初期コスト

次に、スマレジPAYGATEの初期コストを解説しましょう。

初期コスト

スマレジPAYGATEは、導入一時金や加盟料はありません

なので、初期コスト0円です。

機器コスト

PAYGATEステーションは、今ならキャンペーンで0円です。

4G通信ができて、レシートプリンター付きなので、WI-FIなどの通信機器やレシートプリンターも不要です。

なので、機器コスト0円

PAYGATEステーションの0円キャンペーン&決済手数料値下げは、公式ページの「お問い合わせ」から申込みます↓↓

スマレジPAYGATEにお問い合わせする

スマレジPAYGATE申込画面.jpg

とくに、PAYGATEステーションは、台数限定なので、決済端末をスマレジPAYGATEに決めたなら、お早めに申し込むのがオススメです。

スマレジPAYGATEにお問い合わせフォームに入力する

スマレジPAYGATEの月額コスト

月額基本料

スマレジPAYGATEの月額基本料は、3,300円(税込)です。

決済手数料

決済ブランドによって、決済手数料が違います。

1つずつ解説しましょう。

クレジットカード

スマレジPAYGATEのクレジットカードの決済手数料は3.24%です。

ただ、この決済手数料も今ならキャンペーンでVISA・Master・銀聯が3.24%→2.90%に安くなるんです↓↓

決済手数料の値下げは、期間の定めがないので、ずーっと適用されます。

なので、このチャンスを逃してはもったいないので、お早めに申し込んだ方が良いですね。

スマレジPAYGATE公式キャンペーンページを確認する

電子マネー

電子マネーの決済手数料は3.24%です↓

QRコード決済(日本国内ブランド)

QRコード決済(日本国内ブランド)の決済手数料は、3.24%です。

QRコード決済(中国人観光客向け)

QRコード決済(日本国内ブランド)の決済手数料は、2.00%です。

中国人観光客向けの決済手数料もめっちゃ安いですね!

スマレジPAYGATE公式ページで決済手数料の詳細を確認する

スマレジPAYGATEで使える決済ブランド

では、スマレジPAYGATEの決済ブランドをお伝えしておきましょう↓↓

<クレジットカード>

<QRコード決済>

<電子マネー>

スマレジPAYGATEは、交通系電子マネーの決済ができるのも大きなメリットです。

他の決済端末では、移動体での交通系電子マネーの決済は認められていないことがほとんどなんです!

これは、JRなどが決済が不安定な移動体での決済を認めていないからです。

でも、PAYGATEステーションは4G通信ができるので、決済が安定しているから、交通系電子マネーの決済もできるんです!

交通系電子マネーで決済できると、お客さんも支払いがしやすいです。

なので、交通系電子マネーが使えるスマレジPAYGATEは、持ち運びにオススメなんです!

スマレジPAYGATE公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

スマレジPAYGATEの操作手順

スマレジPAYGATEのクレジットカード決済の操作手順を説明しましょう。

<クレジットカード>

❶スマレジPAYGATEアプリをタップする

❷クレジットカード選択する

❸金額を入力する

❹クレジットカードを差し込む

❺支払い方法を選択する

基本的に一括払いを選択します。

❺レシートを印刷する

これで決済完了です♪

こんな感じで操作はめっちゃカンタン!

誰でも覚えられてすぐに決済できちゃいますよ!

スマレジPAYGATE公式ページで決済手順の詳細を確認する

スマレジPAYGATEの充電の持ち

PAYGATEステーションは、充電100%なら1日300回まで決済できます。

充電の時間は、0%から100%にするために、3時間程度でOKです。

なので、営業に出る前までに、100%にしておきましょう。

スマレジPAYGATEの入金サイクル

では、スマレジPAYGATEの入金サイクルを解説しましょう。

クレジットカード・電子マネーの入金回数は、月2回(15日、月末日)。

クレジットカード・電子マネー
月2回
(15日、月末日)

QRコード決済の入金回数は、月1回(月末日)です。

QRコード決済
月1回
(月末日)

スマレジは、POSシステムでも有力企業なので、入金遅れなどは心配ありません!

スマレジPAYGATEの公式ページで入金サイクルの詳細を確認する

スマレジPAYGATEの申込手順

スマレジPAYGATEのキャンペーン申込みは、以下の3ステップ。

❶公式ページ「お問い合わせ」の必要事項を入力
❷加盟店審査
❸初期設定&利用開始

では、1つずつ解説しましょう。

お問い合わせで情報入力

まず、公式ページの「お問い合わせ」から行えばOKです。

公式ページの「お問い合わせ」をクリックします→スマレジPAYGATEにお問い合わせする

クリックするとこんな感じ↓

必要事項を記入します↓↓

<記入内容>
・氏名
・会社名(屋号)
・メールアドレス
・都道府県
・スマレジとの連携希望の有無
・スマレジのアカウントの保有の有無

たったこれだけ。

申し込むと担当者から連絡がありますので、詳しい説明がありますよ。

もちろん、お話しを聞いて、気に入らなかったらお断りすればOKです。

あとは、OKであれば、申込専用入力フォームをeメールで送ってくれますので、必要事項を記入したら、以下の流れで、利用開始となります!

加盟店審査

各決済ブランドの審査があり、審査期間は約1ヶ月~です。

初期設定&利用開始

審査通過後、約3週間で決済端末が配送されます。

決済端末が配送されたら、初期設定して利用開始できますよ。

スマレジPAYGATEの公式ページから申込み手続きをすすめる

まとめ

今回、スマレジPAYGATEを持ち運んで使う方法をまとめてみました。

結論から言うと、スマレジPAYGATEは、店内でも店外でも持ち運んで使うことができます。

スマレジPAYGATEの決済端末「PAYGATEステーション」は、めっちゃ高性能なので、4G通信ができてレシートプリンター付きなんです。

なので、PAYGATEステーション1台だけを持ち運べば、店外でも店内でも使えて、モバイルWI-FIやモバイルプリンターなどの機器もいらないんです。

しかも、この高性能のPAYGATEステーション(30,800円)は、今ならキャンペーンで0円になり、しかも決済手数料3.24%を値下げしてくれるんです。

スマレジPAYGATEは、問い合わせすると審査してくれるので、まずは問い合わせしておくというのが時間を無駄にせずに済みます。お早めにどうぞ。

スマレジPAYGATEの公式ページでまず問い合わせする