スマレジPAYGATE

スマレジPAYGATEのタッチ決済のやり方やサインレス対応の決済ブランドを解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが、個人タクシーを開業するんですが、決済端末はスマレジPAYGATEに決めているそうです。

そんな彼から「スマレジPAYGATEは、タッチ決済できるの?どのブランドに対応してるの?やり方は?」と矢継ぎ早に聞いてきました。

そこで、 今回スマレジPAYGATEのタッチ決済のやり方や対応している決済ブランドについて調べてみました。

まず、もちろん、スマレジPAYGATEはタッチ決済に対応しています

対応しているブランドは、VISA、Master、JCB、アメックス、ダイナース、DISCOVER、銀聯の7つです。

注意事項としては、どの決済ブランドでも、タッチ決済できる上限額は1万円までなので、1万円超の場合はサインが必要ということ(←これだけ注意しておけばOK!)

なので、タッチ決済できるか心配でスマレジPAYGATEに申し込んでない方は、安心して申し込むことができます。

スマレジPAYGATEの申込みは、以下の公式ページから問い合わせフォームに必要事項を入力すればOKです。

スマレジPAYGATE公式ページの問い合わせフォームにすすむ

とはいえ、スマレジPAYGATEのタッチ決済について気になるところだと思いますので、以下にくわしくまとめてみました!

スマレジPAYGATEでタッチ決済できるカードブランド

まず、スマレジPAYGATEでタッチ決済できるのは、以下の7つです↓

タッチ決済できるクレジットカードには以下のマークが付いています↓

<VISA>

<Master>

<JCB>

<アメックス>

なので、クレジットカードに、このマークが付いていれば、スマレジPAYGATEでタッチ決済できます!!

世界7大ブランド全てのクレジットカードでタッチ決済ができるので、スマレジPAYGATEならほぼすべてのユーザーのタッチ決済に対応できますね!

スマレジPAYGATEの公式ページでタッチ決済対応ブランドの詳細を確認する

スマレジPAYGATEのタッチ決済のやり方

では、つぎにスマレジPAYGATEのタッチ決済の手順を解説しましょう。

<タッチ決済手順>

➊PAYGATEステーションのPAYGATEアプリをタップする

❷クレジットカードをタップする

❸商品の金額を入力する

➍クレジットカードをかざす

❺一括払いが表示されていることを確認し確定をタップする

❻画面下の「完了」をタップする

❻決済が完了

レシートが印刷されます

どうですか?

めっちゃカンタンですよね!

スマレジPAYGATEは、操作性が良いのでめっちゃオススメですよ。

スマレジPAYGATEの公式ページでタッチ決済の手順の詳細を確認する

スマレジPAYGATEのタッチ決済の注意事項

タッチ決済しても、もし決済額が1万円超の場合は、サインが必要となります。

つまり、10,001円以上のお買い物でも、タッチ決済できるけど、電子サインが必要ということです。

タッチした後、こんな画面になるので、お客様にサインしていただけばOK↓↓

お客様にサインをしていただいたら「サイン完了」をタップすればOKです!

スマレジPAYGATEの公式ページでタッチ決済の注意事項を確認する

スマレジPAYGATEの導入に必要な機器

スマレジPAYGATEの導入にあたって、準備するモノは何もありません。

必要な機器は、カードリーダー「PAYGATEステーション」1つだけ!

PAYAGATEステーションは、金額入力画面付きで、4G通信ができます。

なので、PAYGATEステーション1台だけでお客様向けの決済できるんです。

しかも、レシートプリンターもついているからレシート印刷もできます。

他社の決済端末では、金額入力用のスマホ(またはタブレット)、レシートプリンター、通信用のWI-FIなどの機器が必要です。

でも、スマレジPAYGATEならPAYGATEステーション1台でOK!!

だから、スマレジPAYGATEの導入にあたって、何も準備する必要がないんです!

スマレジPAYGATEの公式ページで必要機器の詳細を確認する

スマレジPAYGATEで使える決済ブランド

では、スマレジPAYGATEで使える決済ブランドをお伝えしましょう。

<クレジットカード>

<QRコード決済>

<電子マネー>

これだけ多くの決済ブランドが使えれば、ほとんどのお客さんの決済ニーズに応えることができます。

スマレジPAYGATE公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

スマレジPAYGATEのコスト

では、スマレジPAYGATEのコストを解説しましょう。

初期コスト

スマレジPAYGATEは、導入一時金や加盟料はありません

なので、初期コスト0円です。

機器コスト

PAYGATEステーションは、今ならキャンペーンで0円です。

なので、機器コスト0円

PAYGATEステーションは、台数限定なので、とにかくお早めに申込みがオススメです。

スマレジPAYGATE申込画面.jpg

スマレジPAYGATE公式ページでキャンペーンの詳細を確認する

月額基本料

スマレジPAYGATEの月額基本料は、3,300円(税込)です。

決済手数料

スマレジPAYGATEの決済手数料は3.24%です。

ただ、この決済手数料も今ならキャンペーンで安くなってます↓↓

なので、このチャンスを逃してはもったいないです!

スマレジPAYGATEの申込みは、問い合わせフォームに必要事項を入力すればOKですよ。

スマレジPAYGATE公式ページの問い合わせフォームにすすむ

スマレジPAYGATEの申込~審査~開始までの流れ

スマレジPAYGATEの申込みは、以下の3ステップ。

❶お問い合わせフォームの入力
❷加盟店審査
❸初期設定&利用開始

では、1つずつ解説しましょう。

お問い合わせフォームの入力

まず、公式ページの「お問い合わせ」から行えばOKです。

公式ページの「お問い合わせ」をクリックします→スマレジPAYGATEにお問い合わせする

クリックするとこんな感じ↓

必要事項を記入します↓↓

<記入内容>
・氏名
・会社名(屋号)
・メールアドレス
・都道府県
・スマレジとの連携希望の有無
・スマレジのアカウントの保有の有無

たったこれだけ。

申し込むと担当者から連絡がありますので、詳しい説明がありますよ。

もちろん、お話しを聞いて、気に入らなかったらお断りすればOKです。

あとは、OKであれば、申込専用入力フォームをeメールで送ってくれますので、必要事項を記入したら、以下の流れで、利用開始となります!

加盟店審査

各決済ブランドの審査があり、審査期間は約1ヶ月~です。

初期設定&利用開始

審査通過後、約3週間で決済端末が配送されます。

決済端末が配送されたら、初期設定して利用開始です!

スマレジPAYGATE公式ページで導入手順の詳細を確認する

まとめ

今回、スマレジPAYGATEのタッチ決済のやり方や対応している決済ブランドについてまとめました。

まず、スマレジPAYGATEはタッチ決済に対応しています

対応しているブランドは、VISA、Master、JCB、アメックス、ダイナース、DISCOVER、銀聯の7つです。

注意事項としては、どの決済ブランドでも、タッチ決済できる上限額は1万円までなので、1万円超の場合はサインが必要ということだけです!

なので、タッチ決済できるか心配でスマレジPAYGATEに申し込んでない方は、安心して申し込むことができます。

それに、今ならスマレジPAYGATEは、超高性能な決済端末「PAYGATEステーション(30,800円)」が0円になり、さらに決済手数料3.24%→2.90%になる、めっちゃお得なキャンペーン中です!

スマレジPAYGATEの申込みは、以下の公式ページから問い合わせフォームに必要事項を入力すればOKです。

なので、キャンペーンが終わらにうちに申し込みするのがオススメですよ。

スマレジPAYGATE公式ページの問い合わせフォームにすすむ