スマレジPAYGATE

スマレジPAYGATEは開業前・オープン前でも申し込める?必要書類や導入手順を解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちがキッチンカーを開業するんですが、決済端末はスマレジPAYGATEを導入する予定だそうです。

そんな彼から「スマレジPAYGATEは、開業前・オープン前でも申込みできるの?」と聞かれました。

そこで、今回、スマレジPAYGATEは、開業前・オープン前でも申込みできるのか?について調べてみました。

まず、結論から言うと、スマレジPAYGATEは、開業前・オープン前でも申込みできます

実は、スマレジPAYGATEの申込みは、めっちゃカンタンなんです。

公式ページの「お問い合わせ」フォームに必要事項を入力すると、メールアドレス宛に本申込フォームが届きますので、審査情報を入力します。

そのあと、すぐに決済ブランドごとの審査が開始されて、申込1か月程度で利用開始できます。

スマレジPAYGATEの必要機器は、カードリーダー「PAYGATEステーション」1つだけなので、事前に何も準備する必要はありません。

このPAYGATEステーションは、めっちゃ高機能で、クレジットカード・QRコード・電子マネーの決済ができて、レシートプリンターも内蔵していて、4G通信もできます。

しかも、このPAYGATEステーションは定価30,800円(税込)なんですが、今ならキャンペーンで0円。つまり機器コストは0円です。

スマレジPAYGATEに導入一時金や加盟料はないので、初期コストは0円

月額基本料は3,300円(税込)かかるんですが、決済手数料は3.24%が、今ならキャンペーンで値下げしてくれます!

しかも、値下げしてくれた決済手数料は、ずーっと適用してくれます。

高性能のカードリーダーと業界最安値の水準の決済手数料なので、このチャンスを逃してはもったいないです。

とりあえず、スマレジPAYGATE公式ページのお問い合わせフォームに入力しておけば、返信メールがきますので、時間の短縮になります。

スマレジPAYGATEのお問い合わせフォームに入力する

とはいえ、スマレジPAYGATEを開業前・オープン前に申し込みする方法も気になるところだと思いますので、以下にまとめてみました!

スマレジPAYGATEは開業前に申込みできるの?

もちろん、スマレジPAYGATEは開業前・オープン前でも申込みできます。

開業予定のお店の店舗名・住所・電話番号が決まっていれば、申込みできます。

もう、開業することが決まっているなら、審査があるので、早めに申し込むのがオススメです。 

スマレジPAYGATE公式ページから申込み手続きをすすめる

提出書類は何が必要なの?

スマレジPAYGATEの申込みにあたって必要な書類や情報は以下のとおり↓

項目 内容
個人の場合
(本人確認書類)
以下のいずれかが必要です
・運転免許証
・マイナンバーカード
・日本国パスポート(+住所確認書類)
法人の場合 法人番号(13桁)、法人名
店舗情報 店舗名、住所、電話番号、業種、担当者情報、取り扱い商材
(営業許可証/店舗ホームページ/店舗チラシなど)
口座情報 銀行名(支店名)、口座番号、口座名義

たったこれだけです!

どれも、お手元にある書類ですよね。

なので、いますぐ申し込むことができますよ。

スマレジPAYGATEの公式ページで必要書類の詳細を確認する

スマレジPAYGATE開始までに準備するモノは?

スマレジPAYGATEの導入にあたって、準備するモノは何もありません。

必要な機器は、カードリーダー「PAYGATEステーション」1つだけ!

PAYAGATEステーションは、金額入力画面付きで、4G通信ができます。

なので、PAYGATEステーション1台だけでお客様向けの決済できるんです。

しかも、レシートプリンターもついているからレシート印刷もできます。

他社の決済端末では、金額入力用のスマホ(またはタブレット)、レシートプリンター、通信用のWI-FIなどの機器が必要です。

でも、スマレジPAYGATEならPAYGATEステーション1台でOK!!

だから、スマレジPAYGATEの導入にあたって、何も準備する必要がないんです!

スマレジPAYGATEの公式ページで必要機器の詳細を確認する

スマレジPAYGATEで使える決済ブランドは?

では、スマレジPAYGATEで使える決済ブランドをお伝えしましょう。

<クレジットカード>

<QRコード決済>

<電子マネー>

これだけ多くの決済ブランドが使えれば、ほとんどのお客さんの決済ニーズに応えることができます。

スマレジPAYGATE公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

スマレジPAYGATEのコストは?

では、スマレジPAYGATEのコストを解説しましょう。

初期コスト

スマレジPAYGATEは、導入一時金や加盟料はありません

なので、初期コスト0円です。

機器コスト

PAYGATEステーションは、今ならキャンペーンで0円です。

なので、機器コスト0円

PAYGATEステーションは、台数限定なので、とにかくお早めに申込みがオススメです。

スマレジPAYGATE申込画面.jpg

スマレジPAYGATE公式ページでキャンペーンの詳細を確認する

月額基本料

スマレジPAYGATEの月額基本料は、3,300円(税込)です。

決済手数料

スマレジPAYGATEの決済手数料は3.24%です。

ただ、この決済手数料も今ならキャンペーンで安くなってます↓↓

なので、このチャンスを逃してはもったいないので、まずは、お問合せフォームに入力するのがオススメですね。

スマレジPAYGATE公式ページの問い合わせフォームにすすむ

スマレジPAYGATEの申込~審査~開始までの流れ

スマレジPAYGATEのキャンペーン申込みは、以下の3ステップ。

❶お問い合わせフォームの入力
❷加盟店審査
❸初期設定&利用開始

では、1つずつ解説しましょう。

お問い合わせフォームの入力

まず、公式ページの「お問い合わせ」から行えばOKです。

公式ページの「お問い合わせ」をクリックします→スマレジPAYGATEにお問い合わせする

クリックするとこんな感じ↓

必要事項を記入します↓↓

<記入内容>
・氏名
・会社名(屋号)
・メールアドレス
・都道府県
・スマレジとの連携希望の有無
・スマレジのアカウントの保有の有無

たったこれだけ。

申し込むと担当者から連絡がありますので、詳しい説明がありますよ。

もちろん、お話しを聞いて、気に入らなかったらお断りすればOKです。

あとは、OKであれば、申込専用入力フォームをeメールで送ってくれますので、必要事項を記入したら、以下の流れで、利用開始となります!

加盟店審査

各決済ブランドの審査があり、審査期間は約1ヶ月~です。

初期設定&利用開始

審査通過後、約3週間で決済端末が配送されます。

決済端末が配送されたら、初期設定して利用開始です!

スマレジPAYGATE公式ページで導入手順の詳細を確認する

まとめ

今回は、スマレジPAYGATEは、開業前・オープン前でも申込みできるのか?についてまとめました。

結論としては、スマレジPAYGATEは、開業前・オープン前でも申込みできます

実は、スマレジPAYGATEの申込みは、めっちゃカンタン!

公式ページ「お問い合わせ」フォームに必要事項を入力すると、メールアドレス宛に本申込フォームが届きますので、審査情報を入力します。

そのあと、すぐに決済ブランドごとの審査が開始されて、申込1か月程度で利用開始できます。

スマレジPAYGATEの必要機器は、カードリーダー「PAYGATEステーション」1つだけなので、事前に何も準備する必要はありません。

このPAYGATEステーションは、めっちゃ高機能で、クレジットカード・QRコード・電子マネーの決済できて、レシートプリンターも内蔵していて、4G通信もできます。

しかも、このPAYGATEステーションは定価30,800円(税込)なんですが、今ならキャンペーンで0円。つまり機器コストは0円です。

スマレジPAYGATEに導入一時金や加盟料はないので、初期コストも0円

月額基本料は3,300円(税込)かかるんですが、決済手数料は3.24%が、今ならキャンペーンで値下げしてくれます!

しかも、値下げしてくれた決済手数料は、ずーっと適用してくれます。

高性能のカードリーダーと業界最安値の水準の決済手数料なので、このチャンスを逃してはもったいないです。

なので、キャンペーンが終わる前に、スマレジPAYGATE公式ページのお問い合わせフォームで申込み手続きをするのがオススメです。

スマレジPAYGATEの申込み手続きをすすめる