スマレジPAYGATE

スマレジPAYGATEはデビットカード使える?決済手数料や使い方を解説

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちがスパイスの効いたカレー専門のキッチンカーを開業するんですが、決済端末はスマレジPAYGATEに決めているそうです。

そんな彼から「スマレジPAYGATEはデビットカードの決済はできるの?」と聞いてきました。

そこで、今回、スマレジPAYGATEはデビットカードが使えるのか?について調べてみました。

まず、結論からいうと、スマレジPAYGATEはデビットカードの決済ができます!

スマレジPAYGATEで使えるデビットカードの種類は以下のとおり↓

  1. VISA
  2. MASTER
  3. JCB
  4. アメックス
  5. ディスカバー
  6. ダイナースクラブ
  7. 銀聯

ちなみに、楽天カード、三井住友カード、オリコカードなどでも上記のブランドが付いていれば、デビットカード決済ができます。

決済手数料は、3.24%なんですが、今ならキャンペーンで、VISA、Master、銀聯の決済手数料3.24%→2.90%に値下げしてくれます(もちろん、デビットカードの決済も対象!)

さらに、このキャンペーンは、超高性能な決済端末PAYGATEステーション(30,800円)も0円!!

スマレジPAYGATEに必要な機器は、このPAYGATEステーションだけでOK!

だから、機器コスト0円です。

そして、スマレジPAYGATEは、導入一時金や加盟料0円なので、初期コスト0円です。

キャンペーンは、スマレジPAYGATE公式で問い合わせフォームに入力するのが、手続きとなってますので、まずは問い合わせフォームに投げてしまうのがオススメです。

スマレジPAYGATEの公式ページでまず問い合わせする

とはいえ、スマレジPAYGATEのデビットカードの使い方やコストが気になるところだと思いますので以下に詳しくまとめてみました!

スマレジPAYGATEはデビットカードの決済できるの?

スマレジPAYGATEはデビットカードの決済はできます。

スマレジPAYGATEでデビットカードの決済ブランドは以下のとおり↓↓

この7つのブランドがあれば、お客さんの決済ニーズに対応できますね!

スマレジPAYGATEの公式ページでデビットカードの対応ブランドの詳細を確認する

スマレジPAYGATEのデビットカードの決済手数料

スマレジPAYGATEのデビットカードの決済手数料は「3.24%」です。

ただし、今ならキャンペーンでVISA・Master・銀聯カードの決済手数料3.24%→2.90%に値下げしてくれるんです!!

決済手数料の例で解説しましょう。

例えば、お客様がVISAのデビットカードで1,000円支払った場合は、こんな感じ↓↓

<例:VISAデビットで1,000円決済の場合>
1,000円×2.90%=29円

どうですか?

これならめっちゃ安いですよね!!

スマレジPAYGATEの決済手数料をエアペイや楽天ペイと比較してみたら、以下のとおり↓↓

決済手数料
スマレジ
PAYGATE
エアペイ 楽天ペイ
2.90% 3.24% 3.24%

つまり、スマレジPAYGATEの決済手数料は業界最安値の水準なんです。

決済手数料の安さで選ぶなら、スマレジPAYGATEはオススメです!!

スマレジPAYGATE公式ページで決済手数料の詳細を確認する

スマレジPAYGATEの導入に必要な機器

スマレジPAYGATEに必要な機器はカードリーダー「PAYGATEステーション」1つです。

PAYAGATEステーションは、金額入力画面付きで、4G通信ができます。

なので、PAYGATEステーション1台だけでお客様向けの決済ができるんです。

しかも、レシートプリンターもついているからレシート印刷もできます。

他社の決済端末では、金額入力用のスマホ(またはタブレット)、レシートプリンター、通信用のWI-FIなどの機器が必要です。

でも、スマレジPAYGATEならPAYGATEステーション1台でOK!!

だから、スマレジPAYGATEは、めっちゃオススメなんです!

スマレジPAYGATEの公式ページで必要機器の詳細を確認する

スマレジPAYGATEの決済手順

スマレジPAYGATEのデビットカード決済の操作手順を説明しましょう。

❶スマレジPAYGATEアプリをタップする

❷クレジットカード選択する

❸金額を入力する

❹デビットカードを差し込む

❺支払い方法を選択する

一括払いを選択します。

❻レシートを印刷する

これで決済完了です!!

こんな感じで操作はめっちゃカンタン!

誰でも覚えられてすぐに決済できちゃいますよ!

スマレジPAYGATE公式ページで決済手順の詳細を確認する

スマレジPAYGATEのコスト

スマレジPAYGATEのコストを解説しましょう。

初期コスト

スマレジPAYGATEは、導入一時金や加盟料はありません

なので、初期コスト0円です。

機器コスト

PAYGATEステーションは、今ならキャンペーンで0円です。

なので、機器コスト0円

PAYGATEステーションは、台数限定なので、とにかくお早めに申込みがオススメです。

スマレジPAYGATEの公式ページでキャンペーンの詳細を確認する

月額基本料

スマレジPAYGATEの月額基本料は、3,300円(税込)です。

決済手数料

クレジットカード

スマレジPAYGATEのクレジットカードの決済手数料は3.24%です。

ただ、この決済手数料も今ならキャンペーンでVISA・Master・銀聯が3.24%→2.90%に安くなるんです↓↓

なので、このチャンスを逃してはもったいないですよ。

スマレジPAYGATE公式キャンペーンページを確認する

電子マネー

電子マネーの決済手数料は3.24%です↓

QRコード決済(日本国内ブランド)

QRコード決済(日本国内ブランド)の決済手数料は、3.24%です。

QRコード決済(中国人観光客向け)

QRコード決済(日本国内ブランド)の決済手数料は、2.00%です。

中国人観光客向けの決済手数料もめっちゃ安いですね!

スマレジPAYGATE公式ページで決済手数料の詳細を確認する

スマレジPAYGATEの申込みの流れ

スマレジPAYGATEの申込みの流れは、以下の3ステップ。

❶「お問い合わせ」に必要事項を入力
❷加盟店審査
❸初期設定して利用開始

では、1つずつ解説しましょう。

お問い合わせに必要事項を入力

まず、公式ページの「お問い合わせ」から行えばOKです。

公式ページの「お問い合わせ」をクリックします→スマレジPAYGATEにお問い合わせする

クリックするとこんな感じ↓

必要事項を記入します↓↓

<記入内容>
・氏名
・会社名(屋号)
・メールアドレス
・都道府県
・スマレジとの連携希望の有無
・スマレジのアカウントの保有の有無

たったこれだけ。

あとは、eメールアドレス宛に申込専用フォームを送られてくるので、必要事項を記入したら、審査開始です。

加盟店審査

各決済ブランドの審査があり、審査期間は約1ヶ月~です。

初期設定&利用開始

審査通過後、決済端末が配送されます。

決済端末が配送されたら、初期設定して利用開始です!

スマレジPAYGATE公式ページで導入手順の詳細を確認する

まとめ

今回、スマレジPAYGATEはデビットカードが使えるのか?についてをまとめました。

結論としては、スマレジPAYGATEはデビットカードの決済ができます。

スマレジPAYGATEで使えるデビットカードの種類は以下のとおり↓

スマレジPAYGATEは、導入一時金や加盟料0円なので、初期コスト0円

必要な機器は、超高性能の端末PAYGATEステーションだけです。

さらに、今ならPAYGATEステーション(30,800円)は、キャンペーンで0円なので、機器コスト0円です。

しかもVISA、Master、銀聯の決済手数料3.24%→2.90%に値下げしてくれます。

なので、デビットカード決済を導入するなら、スマレジPAYGATEはめっちゃオススメですよ。

スマレジPAYGATEの公式ページから問い合わせフォームにすすむ