楽天ペイ

楽天ペイターミナルでPayPayを使う方法はある?連携や併用について解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが小さなイタリアンレストランを開業するんですが、決済端末は楽天ペイターミナルに決めているそうです。

そんな彼から「楽天ペイターミナルでPayPayは使えないんだけど、PayPayを使う方法はない?」と聞かれました。

そこで、今回、楽天ペイターミナルでPayPayが使えないことへの対処方法を調べてみました。

結論からいうと「楽天ペイターミナル」と「PayPayQRコードステッカー」を併せて使うのがオススメです↓↓

普段は「楽天ペイターミナル」で決済し、PayPayのお客さんには「PayPayQRコードステッカー」で決済します

PayPayのQRコードステッカーって、めっちゃ安い!!

初期コスト0円、月額基本料0円、決済手数料1.98%で使えます。

さらに、今なら、楽天ペイターミナルの端末はキャンペーンで0円なので、初期コスト0円、月額基本料0円(固定費0円)、決済手数料3.24%です。

だから、「PayPayのQRコードステッカー」と「楽天ペイターミナル」の組み合わせが最強です。

楽天ペイターミナル」と「PayPayQRコードステッカー」の併用はカンタンにできるので、この方法が最強のかけ合わせで、めっちゃオススメです。

PayPayのQRコードステッカーの申込みは下記の公式ページからです。

PayPay公式ページから申込手続きを進める

楽天ペイターミナルの申込みも下記の公式ページからです。

楽天ペイターミナル公式サイトから申込手続きにすすむ

とはいえ、楽天ペイターミナルとPayPayのQRコードステッカーの併用について気になるところだと思いますので、以下にまとめてみました!

楽天ペイターミナルでPayPayを使う方法は?連携は?

楽天ペイターミナルでは「PayPay」は利用できません。

なので、今のところ、楽天ペイターミナルでPayPayを連携する仕組みはないんです(←残念です)

ただ、PayPayは、ユーザー数がめっちゃ多いので、何とか使えるようにしておきたいですよね。

PayPayを利用できないと、売れるはずの商品の販売機会を損失しちゃいますので、絶対にPayPayは利用できるようにしておいた方がよいです。

それで、オススメの方法は、PayPayのQRコードステッカーを使う方法です。

<PayPayのQRコードステッカー>

つまり、普段は楽天ペイターミナルを使って、PayPayのお客さんが来たら、PayPayQRコードステッカーで決済すれば良いんです。

これなら、PayPayユーザーを取りこぼさないで済みますよ。

PayPayの申込みは、1分で終わるので、先に申込フォームに投げておくと時間短縮になります。

公式ページからPayPay導入手続きを進める

PayPayのQRコードステッカーの導入

では、PayPayのQRコードステッカーについて解説しましょう。

QRコードステッカーの決済手順

では、PayPayのQRコードステッカーの決済手順を解説しましょう。

PayPayのQRコードステッカーを使うときに、機器は何も必要ありません。

お店のレジの前のQRコードステッカーを置いて、お客様がスキャンするだけでOKです。

具体的な決済手順を説明しましょう。

<PayPay決済手順>

❶お客さんがペイペイステッカーのQRコードを読み取る

❷お客さんが会計の金額を入力する

❸お店が会計の金額を確認する。

どうですか?

めっちゃカンタンですよね。

これだけで決済が完了できます。

公式ページでPayPayの決済手順の詳細を確認する

PayPayのQRコードステッカーのコスト

では、続いて、PayPayのQRコードステッカーのコストを解説しましょう。

PayPayの初期コスト

PayPayの導入にあたっての初期コストは0円です。

つまり、導入一時金や加盟料は0円

機器も必要ないので、機器コストも0円

なので、ノーリスクで申込みできますよ♪

PayPayの月額基本料

つぎに、PayPayの月額基本料は0円

だから、PayPayの決済があったときだけ手数料がかかるだけ。

つまり、固定費0円です。

PayPayと楽天ペイ決済を併用しても、コストがかさむことはありませんよ。

PayPayの決済手数料

PayPay公式ページから直契約した場合、決済手数料は「1.98%」です。

では、実際の決済手数料の例をあげて比較しましょう。

PayPayで2,000円決済した場合はこんな感じ↓↓

<PayPay直契約>
・2,000円×1.98%=39円

めっちゃ安いですよね!

このコストなら負担も少ないですし、ユーザー数の多いPayPay決済に対応できるので、販売機会損失を防げますね!

公式ページでPayPayのコストの詳細を確認する

PayPayマイストアプランは加入なしでもOK

ちなみにPayPayには「基本プラン」と「マイストアライトプラン」の2つのプランがあります。

「PayPayマイストアライトプラン」は「基本プラン」より機能が拡張されます。

具体的にはこんな感じ↓↓

PayPay
基本プラン
PayPay
マイストア
ライトプラン
ストアページ管理
お知らせ記事の投稿
PayPayクーポンの利用 ×
PayPayスタンプカードの利用 ×
各サービスの利用分析 ×

正直言って、あんまり必要のない機能ばっかりですよね。

このプランに加入すれば、決済手数料が1.6%になりますが・・・

でも「PayPayマイストアライトプラン」は、加入3か月目から月額基本料が必要になるんです。

こんな感じです↓↓

PayPay
マイストア
ライトプラン
基本プラン
初期コスト 0円 0円
月額基本料 1,980円
(2か月無料)
0円
決済手数料 1.60% 1.98%

月額基本料1,980円は、ちょっと高いですよね。

なので、コストを抑えるなら「PayPayマイストアライトプラン」に加入する必要はありませんよ。

PayPayのQRコードステッカーの申込手順

PayPayのQRコードステッカーは、PayPay公式ページから申し込めばOKです。

PayPayの申込みは、1分でカンタンにできます。

導入手順は以下の3ステップ

  1. 申込フォーム入力(仮登録)
  2. 案内メール受信
  3. 審査情報入力

では、1つずつ解説しましょう。

申込フォームの入力

申込フォームは以下を入力するだけでOK

<入力項目>
・氏名
・メールアドレス
・法人名または屋号名
・連絡先電話番号

これだけなので1分で完了!

案内メール受信

申込フォームで登録したメールアドレス宛に案内メールが届きます。

審査情報入力

案内メール記載のURLをクリックすると、審査情報の入力フォームがあります。

そこで、以下の書類のアップロードや入力を行います。

❶本人確認書類
❷銀行の口座情報
❸お店の画像
❹法人番号(法人のみ)

では1つずつ解説しましょう。

本人確認書類

以下のいづれか1点あればOK↓↓

本人確認書類
・運転免許証
・在留カードおよび特別永住者証明書
・マイナンバーカード
・日本国パスポート※
・各種健康保険証※

※「日本国パスポート」または「各種健康保険証」を使う場合は、追加で以下のいずれか1点が必要です↓↓

追加書類
・公共料金領収書
(電気・ガス・水道など)
・住民票記載事項証明書
・住民票写し
銀行の口座情報

以下の銀行口座情報があればOKです↓↓

銀行の口座情報
・金融機関名
・支店名
・預金種別
・口座番号
・口座名義人
お店の画像

お店の画像は以下1枚ずつ必要です。スマホで撮ればOKです。

お店の画像
・お店の内観(1枚)
・お店の外観(1枚)
法人番号

法人であれば、法人番号が必要になります。

めっちゃカンタンですよね。

PayPayスタートキットの到着

審査情報の入力後、1週間で「PayPayスタートガイドとスタートキット」が届きます。

スタートガイドの内容に沿って、QRコードステッカーを組み立てましょう。

あとは、管理サイトにログインして口座情報や店舗情報などの確認すればPayPayの導入が完了です!!

だから、PayPayは、申込みから約1週間でスタートできちゃいますよ。

公式ページでPayPayの申込フォームにすすむ

楽天ペイターミナルの導入

つぎに楽天ペイターミナルについて解説しましょう。

楽天ペイターミナルの使い方

では、楽天ペイターミナルの使い方を解説しましょう。

<決済手順>

❶商品金額を入力する。

❷決済方法「クレジットカード」を選択する

❸クレジットカードをカードリーダーに差し込む

❹暗証番号を入力する。

もちろん、タッチ決済でもOK↓

❺レシートを印刷

どうですか?

めっちゃカンタンですよね!

楽天ペイターミナルはスマホみたいに操作できるので、すぐ覚えることができます。

公式サイトで楽天ペイターミナルの決済手順の詳細を確認する

楽天ペイターミナルのコスト

では、楽天ペイターミナルをお店に導入したときのコストを解説しましょう。

初期コスト

楽天Payは、導入一時金や加盟料は0円

つまり、初期コストは0円です。

機器コスト

楽天ペイターミナルは、オールインワン決済端末なので、4G通信ができてレシートプリンター内蔵しています。

なので、WI-FI機器もレシートプリンターも不要です。

お客様向けの決済するには機器は「楽天ペイターミナル」1台あればOKです!

しかも、今ならキャンペーンで楽天ペイターミナル38,280円(税込)が0円です!!

なので、機器コストも0円です!!

<楽天ペイターミナル>

レシートプリンター付きで4G通信もできる決済端末は少ないので、楽天ペイターミナルはめっちゃオススメです。

月額基本料

楽天ペイターミナルの月額基本料は0円

つまり、固定費0円です。

公式サイトで決済端末「楽天ペイ」の月額基本料の詳細を確認する

ただ、楽天ターミナルで4G通信する場合は、契約時の手数料が3,300円(税込)と、月額基本料493円(税込)がかかります。

でも、スマホと比較した場合、たった月額493円で4G通信ができるのはホントにメリット大です。

決済手数料

決済手数料は3.24%(税込)です。

お客様がVISAカードで1,000円支払った場合は、こんな感じ↓↓

<決済手数料>
1,000円×3.24%=32円

どうですか?

これならメッチャ安いですよね!!

楽天ペイ公式サイトで決済手数料の詳細を確認する

楽天ペイターミナルの導入~審査~開始の流れ

では、楽天ペイターミナルの導入~審査~開始の流れを解説します。

まず、楽天ペイターミナルは、決済ブランドごとに審査していきます。こんな感じです↓↓

最初の審査のVisa、Master、楽天Edy、交通系電子マネー、nanaco、WAONは、最短3日でお客様向け決済がスタートできます。

そのあと、最短3日でカードリーダーが届きます。

さらに、JCB、アメックス、ダイナース、Discover、QUICPay、iD、au PAYは、最短14日で審査完了して、利用開始です。

どうですか?

めっちゃ早いですよね!

なので、早くキャッシュレス決済を導入したい場合は「楽天ペイターミナル」はめっちゃオススメです。

楽天ペイ公式サイトで導入スピードの詳細を確認する

まとめ

今回、楽天ペイターミナルでPayPayが使えないことへの対処方法をまとめました。

結論としては、「楽天ペイターミナル」と「PayPayQRコードステッカー」を併せて使うのがオススメです↓↓

普段は「楽天ペイターミナル」で決済し、PayPayのお客さんには「PayPayQRコードステッカー」で決済します。

しかも、PayPayのQRコードステッカーって、めっちゃ安いんです。

初期コスト0円、月額基本料0円、決済手数料1.98%で使えます。

楽天ペイターミナル」と「PayPayQRコードステッカー」の併用はカンタンにできて、コストも抑えることができるので、この方法が最強のかけ合わせです。

PayPayのQRコードステッカーの申込みは下記の公式ページからのみです。お早めにどうぞ。

PayPay公式ページから申込手続きを進める

そして、楽天ペイターミナルの申込みも下記の公式ページからです。お早めにどうぞ。

楽天ペイターミナル公式サイトから申込手続きにすすむ