PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)

PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)はオープン前・未開店でも導入できる?

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが観光地でおしゃれなカフェを開業するんですが、決済端末はペイキャスモバイルに決めているそうです。

そんな彼から「ペイキャスモバイルはオープン前・未開店でも導入できるの?」と聞いてきました。

そこで、今回、「ペイキャスモバイルのオープン前・未開店でも導入できるのか?」について調べてみました。

結論から先に言うと、ペイキャスモバイルはオープン前・未開店でも導入できます。

なので、開業がすでに決まっているなら、早めに申し込んだ方が良いですね。

ちなみにペイキャスモバイルの審査の書類はめっちゃ少なくて、➊本人確認書類、❷工事中のお店の画像(または商品やメニューの画像)、❸許可証(一部の業種のみ)があればOKです!

ペイキャスモバイルの導入で、最も重要なポイントは、PayPay公式サイトから申し込むこと!!

なぜなら、PayPay公式サイトから申し込むと特別セットプランが適用されるからです。

特別セットプランでは、高性能のペイキャスモバイルの端末78,800円が0円になります!

しかも、月額基本料4,000円→1,980円に値下げ!

さらに、VISA、Masterの決済手数料が3.24%→2.8%に値引きされます。

PayPayの決済手数料も3.24%→2.8%

さらに、さらに、auPAY・楽天ペイなども3.24%→2.9%めっちゃお得になってます。

なので、ペイキャスモバイルを申し込むなら、必ずPayPay公式ページから申し込んでくださいね。

仮申し込みは1分で完了しますので、先に投げておくと時間を短縮できます。

PayPay公式ページからPayCAS Mobile仮申し込みを投げておく

とはいえ、ペイキャスモバイルのオープン前・未開店のお店に導入する方法について気になると思いますので、以下にくわしくまとめてみました!

ペイキャスモバイルはオープン前・未開店でも申込みできる?

もちろん、ペイキャスモバイルはオープン前・未開店でも導入できます

逆に開業前に余裕をもってペイキャスモバイルを導入しておくのがオススメです。

オープン前・未開店で申し込む場合は、開業準備中のお店の外観や内観の画像を準備しましょう。

もし、お店の外観や内観の画像が準備できなければ、商品や価格表などの取り扱い商材の画像を準備すればOKです。

また、お店のホームページ、InstagramなどのSNSページ、グルメサイト、予約サイトなども準備しておきましょう。

ペイキャスモバイルが審査する理由は、不正取引を防止したいからです。逆に健全にお店を営業する予定であることが証明できれば、審査に通ります。

なので、お店の営業実態を画像や資料を準備して、健全な営業する予定であることをしっかり証明できれば、審査に通過できますよ。

ペイキャスモバイルの申込手順

ペイキャスモバイルの申込手順は、めっちゃカンタンです!

以下の3ステップです↓

  1. 仮申し込み(1分)
  2. 本申込み(10分)
  3. 端末到着&利用開始(2~3週間後)

ペイキャスモバイルの申込はすべてネットで完了するので、書類の郵送など面倒な作業はありません。

もちろん、スマホから申込OKですし、気軽に決済端末を導入できるのがペイキャスモバイルの良いところです!

公式ページでPayCAS Mobileの申込手順の詳細を確認する

ペイキャスモバイルの申込みに必要な書類

オープン前・未開店のお店にペイキャスモバイルを導入するときに必要な書類を手順に沿って解説していきましょう。

仮申込みで必要な書類

まず、最初の「仮申し込み」では、書類は必要ありません

なので、仮申込みしてから、必要書類を揃えても大丈夫です!

本申込みで必要な書類

仮申し込みしたらメールが来るので、そのメールのURLをクリックして専用フォームを開き、必要書類をアップロードします。

必要書類は以下のとおりです↓↓

<必要な書類>

❶ 本人確認書類
❷ 銀行の口座情報(入力のみ)
❸ 工事中のお店の画像
❹ 法人番号(法人の場合)
❺ 許可証(一部の業種のみ)

では、必要書類を1つずつ解説しましょう。

本人確認書類

以下のいづれか1点あればOK↓↓

本人確認書類
・運転免許証
・在留カードおよび特別永住者証明書
・マイナンバーカード
・日本国パスポート※
・各種健康保険証※

※「日本国パスポート」または「各種健康保険証」を使う場合は、追加で以下のいずれか1点が必要です↓↓

追加書類
・公共料金領収書
(電気・ガス・水道など)
・住民票記載事項証明書
・住民票写し

銀行の口座情報

以下の銀行口座情報があればOKです↓↓

銀行の口座情報
・金融機関名
・支店名
・預金種別
・口座番号
・口座名義人

準備

工事中のお店の画像

お店の画像は、開業工事中(改装中)のお店の外観や内観の画像でOKです!

スマホで内観・外観の全体が分かるように鮮明な画像で撮ってアップロードしましょう。

お店の画像
・お店の内観(1枚)
・お店の外観(1枚)

工事準備中(改装中)のお店の画像がない場合

開業準備中のお店の画像が撮れない場合は、商品やメニューなど商材が分かる画像をアップロードします。

また、お店のホームページやお店のホームページ、InstagramなどのSNSページ、グルメサイト、予約サイトなどがあればアップロードしましょう。

お店の営業実態が分かる画像や資料をできるだけ集めて、健全な営業を行う予定であることをしっかりアピールすれば、必ず審査に通過できます。

法人番号

法人であれば、法人番号が必要になります。

許可証

これらの業種の場合は、以下の許可証をスマホで撮ってアップロードすればOKです↓

業種 許可証等
中古品、リサイクル品、古物の取り扱い有 古物商許可証
施術所に該当
(鍼灸院、治療院、接骨院・整骨院)
開設届出済証明書
旅行代理店に該当 旅行業登録票
医療相談、法律相談を行なっている 資格認定証/登録証
(社会福祉登録証、精神保健福祉登録証、弁護士身分証明書など)
運行代行業 自動車運転代行業認定証
特定継続的役務に該当
※学習塾/家庭教師/語学教室/エステティック/美容医療/パソコン教室/結婚相手紹介サービス
法人:決算書(3期分)
個人:青色申告書(決算書3期分)+確定申告書の写し
宝くじ/公営競技に該当 主催者からの販売委託契約書の写し
(※主催者で無い場合)
保険業(保険代理店)に該当 代理店委託契約書または2名分の保険募集人資格登録証/合格証
興行チケット販売業に該当 古物商許可証(二次販売の場合)
チケット不正転売禁止法遵守の同意書※
※申込受付後に別途所定のフォーマットの連絡があります。
商品券・プリペイドカード・交通乗車券販売業に該当 古物商許可証(二次販売の場合)

どうですか?

めっちゃカンタンですよね。

ペイキャスモバイルの審査書類はこれだけなので、すぐに申込みできます。

公式サイトでペイキャスモバイルの申込書類の詳細を確認する

ペイキャスモバイルで使える決済ブランド

では、つぎにペイキャスモバイル(PayCas Mobile)で使える決済ブランドを解説しましょう。

クレジットカード

ペイキャスモバイルで使えるクレジットカードは以下のとおり↓

QRコード

ペイキャスモバイルで使えるQRコードは以下のとおり↓

なお、中国人観光客向けの「WeChat Pay(微信支付)」は法人のみ申込可能です。

電子マネー

ペイキャスモバイルで使える電子マネーは以下のとおりです。

どうですか?

使える決済ブランドがめっちゃ多いですよね。

これだけの決済ブランドが使えれば、ほとんどのお客さんの決済ニーズに対応することができますね。

PayPay公式でPayCAS Mobileの対応ブランドの詳細を確認する

ペイキャスモバイルのコスト

ペイキャストモバイルはPayPay公式ページから申し込むと、特別セットプランが適用されます。

コストはこんな感じです↓↓

では、1つずつ解説していきましょう。

初期コスト

導入一時金や加盟料は0円

なので、初期コスト0円です!

機器コスト

機器は、ペイキャスモバイル専用端末だけ!

今ならPayPay特別セットプランで、専用端末の費用78,800円が0円

SIM内蔵でレシートプリンター付きだから、他に何の機器も買う必要はなし!

つまり、機器コストは0円です!

月額コスト

月額基本料金4,000円ですが、PayPay特別セットプランなら1,980円に値下げしてくれます

なので、ペイキャストモバイルを開始するなら、今がチャンスですね!

PayPay公式サイトからPayCAS「特別セットプラン」の詳細を確認する

決済手数料

では、決済手数料を解説していきましょう。

クレジットカード決済

クレジットカードの決済手数料は以下のとおりです。

決済ブランド 特別セットプラン
決済手数料
VISA,Master 3.24%2.8%
非課税
JCB,AMEX,Diners,discover 3.24%
税別
銀聯 3.24%
非課税

PayPay公式ページ「特別セットプラン」を申し込むとVISA、Masterの決済手数料が安くなるので、お得です!!

QRコード決済

QRコードの決済手数料は以下のとおりです。

決済ブランド 特別セットプラン
決済手数料
PayPay 3.24%2.8%
税別
aupay,d払い,メルペイ,楽天ペイ,
j-coinpay
3.24%2.95%
税別
Alipay,wechatpay,銀聯QR,
JKOpay
3.24%
非課税

特別プランに申し込めば、QRコード決済も決済手数料が安くなりますね!

電子マネー決済(オプション)

電子マネーはオプションになっているので、月額費用と決済手数料がかかります。

月額基本料はこんな感じ↓↓

電子マネー月額基本料
電子マネー利用月額費用 1,020円/1台

決済手数料はこんな感じ↓

決済ブランド 決済手数料
交通系電子マネー,楽天edy,
nanacp,waon,iD
2.95%
税別
QUICKpay 3.24%
税別

決済手数料の例

では、決済手数料の例をあげましょう。

VISAカードで10,000円を決済した場合です。

<VISAで決済した場合>
1,000円×2.8%=28円

どうですか?

めっちゃ安いですよね!!

ペイキャスモバイルは、決済手数料が業界最安値の水準です。

なので、ランニングコストを抑えるならペイキャストモバイルはオススメです!

公式サイトでPayCAS Mobileのコストの詳細を確認する

ペイキャスモバイルの導入の流れ

では、ペイキャスモバイルの導入の流れをさらに詳しく解説していきましょう。

  1. STEP1 仮申込み
  2. STEP2 本申込(加盟店審査)
  3. STEP3 端末発送
  4. STEP4 初期設定・利用開始

では、くわしく解説していきましょう!

ステップ1 仮申込み

まずは、PayPay公式サイトからペイキャスモバイルの仮申し込みをします

ステップ2 本申込(加盟店審査)

仮申し込みで登録したeメールアドレスに本申込用のフォームが届きます。

この入力フォームの各項目を入力して、審査書類をアップロードすれば、審査開始です!

申込から2~3週間で審査は通過できます!

ステップ3 端末発送

審査に通過したら、すぐに決済端末が発送されます。

ステップ4 初期設定・利用開始

届いた決済端末にカンタンな初期設定をすれば、利用開始できます!

PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)は、申込みから2~3週間で、利用開始できます!

なので、PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)の導入を決めているなら、審査もあるので、早めに申し込んでしまうのがオススメです。

PayPay公式サイトでPayCAS Mobileの申込フォームにすすむ

まとめ

今回、「ペイキャスモバイルのオープン前・未開店でも導入できるのか?」についてまとめました。

結論としては、ペイキャスモバイルはオープン前・未開店でも導入できます。

なので、開業がすでに決まっているなら、早めに申し込んだ方が良いですね。

ちなみにペイキャスモバイルの審査の書類はとても少なくて、➊本人確認書類、❷工事中のお店の画像(または商品やメニューの画像)、❸許可証(一部の業種のみ)があればOKです!

ペイキャスモバイルの導入で、最も重要なポイントは、PayPay公式サイトから申し込むこと!!

なぜなら、PayPay公式サイトから申し込むと特別セットプランが適用されるからです。

特別セットプランでは、高性能のペイキャスモバイルの端末78,800円が0円

しかも、月額基本料1,980円になり、VISA、Masterの決済手数料が2.8%に値引きされます。

そして、PayPayの決済手数料2.8%、auPAY・楽天ペイなども2.9%!になるので、めっちゃお得になんです。

ペイキャスモバイルの特別セットプランの申込みは、以下のPayPay公式ページからのみです!

PayPay公式ページのPayCAS Mobileの「特別セットプラン」に申し込む