STORES決済

STORES決済を海外向けの決済に使う方法。使い方やコストをくわしく解説!!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

妻の友だちがハンドメイド作家なんですが、Instagramで商品紹介していたところ、台湾、香港、ヨーロッパなどから「商品を買いたい」という声がたびたび来るそうです。

そんな彼女から「STORES決済は海外のお客さん向けにカード決済はできる?」と聞かれました。

そこで、今回、STORES決済を海外のお客さん向けにカード決済ができるのか?について調べてみました。

まず、結論から言うと、STORES決済は海外のお客様向けにカード決済できます!!

STORES決済には、オンライン請求書というサービスがあって、海外のお客さん向けにオンラインの請求書を送ることができます。

このオンライン請求書は、eメール、Instagram、Facebookなどに貼り付けることができて、受け取ったお客さんは、URLをクリックするだけで、カード支払いができるんです。

対応するのは、VISA、Master、アメックス、ダイナース、DISCOVER、JCBの6大ブランド!

しかも、このオンライン請求書は、外国語(英語/繁体字中国語/簡体字中国語/韓国語/タイ語)に表示変換することもできるんです!

さらに、STORES決済は、加盟料や入会費はなく、初期コスト0円、機器はスマホかPCだけなのでで機器コスト0円(←助かる)

月額基本料も0円なので、固定費0円!!(←さらに助かる)

使ったときだけ、3.24%の決済手数料が発生しますが、使わなければ0円!!(←固定費0って本当に助かる)

妻の友だちに説明したら、早速、STORES決済に申し込むことにしたそうです。

STORES決済に申込んでおく

とはいえ、「STORES決済で海外のお客さん向けにカード決済する方法」が気になるところだと思いますので、以下に詳しくまとめてみました!

STORES決済は海外のお客さん向けにカード決済できる?

まず、STORES決済は海外のお客さん向けのカード決済ができるんです。

STORES決済では、カンタンにオンライン請求書を作ることができます。

こんな感じです↓

作成した「URL」や「QRコード」は、InstagramやFacebook、eメールなどに貼り付けて、海外のお客様に送ることができます。

海外のお客様に届いたメールやDMのURLをクリックするとこんな画面になります↓↓

<STORES請求書>

お客様は、この画面でクレジットカード情報を入力するだけで、支払いができます。

しかも、外国語の変換(英語/繁体字中国語/簡体字中国語/韓国語/タイ語)もできちゃうので、ホント海外販売向きです!

海外向けのオンライン販売を開始したいなら、STORES決済は超オススメですよ。

STORES決済公式ページでオンライン請求書の詳細を確認する

STORES決済のオンライン請求書の作り方

では、STORES決済でオンライン請求書を作ってみましょう。

<操作手順>

❶ ホームマークをタップする

❷ 請求書決済をタップする

❸ 請求書決済作成の各項目を入力する


①請求金額
 請求金額を入力します。

② 件名
 ハンドメイド作品などの件名を入力します。

③ 支払期限
 支払期限を入力します。「今日、7日後、月末、カスタム」から選択します。

④ 備考
 お客様へのメッセージが入力できます。

⑤ 決済メモ
 お客様に見えないメモを記録できます。

❹ プレビューをタップ

❺ 請求書のプレビューを確認する。

①決済金額
 決済金額を確認します。

②カード番号
 お客様が記入する欄です。

③カード有効期限とセキュリティコード
 お客様が記入する欄です。

④レシートをメールで受け取る
 お客様がレシートメールを受け取る時にチェックします。

⑤備考
 お店のメッセージを確認します。

確認がOKだったら、作成します。

❻ 「作成する」をタップ

❼ 請求書が完成する。

①URLコピー

決済ページのURLをコピーできます。eメールやInstagramに貼り付けてお客様に送ることができます。

②かんたんメール送信

STORES所定のeメールで送信できます。

③QRコード

QRコードをコピーして、メールやInstagramに貼り付けます。または、印刷してお客様に渡すこともできます。

STORES決済のオンライン請求書の作成はめっちゃ簡単です。

1分で作成できちゃうので、めっちゃオススメですよ。

公式ページでオンライン請求書の作成手順の詳細を確認する

STORES決済の請求書の外国語変換は対応

STORES決済の請求書は外国語変換に対応しています。

対応言語は以下のとおり、

英語/繁体字中国語/簡体字中国語/韓国語/タイ語

しかも、外国語変換は、お店側での作業は何も必要なく、お客様が言語を選択すればOKです。

こんな感じ↓↓

ちなみに、海外のお客様自身のパソコンやスマホの言語設定してていれば、自動的に変換されて表示されます。

なので、海外のお客様向けの決済ならSTORES決済はオススメです!!

STORES公式ページでオンライン請求書の外国語変換の詳細を確認する

STORES決済の決済ブランド

STORE決済のオンライン請求書で使える決済ブランドは以下のとおり。

<決済ブランド>

これら6大ブランドが使えれば、ほとんど海外のお客様に対応できますよ。

STORES決済公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

STORES決済のコスト

では、STORES決済のコストを解説しましょう。

初期コスト

STORES決済の初期コストは0円です。

導入一時金や入会金はありません。

なので、0円でスタートできます。

機器コスト

スマホかタブレットがあればOKです。

なので、機器コストは0円

機器は何も買う必要ありませんよ。

月額コスト

STORES決済は月額基本料0円です。

つまり、固定費0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

つまり、お客様向けに決済した時にだけ料金が発生します

決済手数料は3.24%です。

決済手数料の例

では、決済手数料の例をあげましょう。

例えば、お客さまがVISAカードで3,000円決済した場合は、こんな感じ↓

<例:VISAで3,000円決済の場合>
・3,000円×3.24%=97円

めっちゃ安いですよね♪

STORES決済は、固定費0円で使った分しかコストが発生しなので、安心して利用できますね。

STORES公式ページでオンライン請求書のコストの詳細を確認する

STORES決済の申込~導入の流れ

STORES決済の申込~審査~開始までの流れは、ざっくり以下のとおり。

<導入の流れ>
ネット申込み
審査
利用開始

ネット申込み

公式ページから申込みますSTORES公式ページ

入力は3分程度で完了しますよ。

審査

審査のスケジュールは、以下のとおりとなります↓↓

STORES決済では、VISA・Masterは最短2日で審査が完了します。

なので、申込から最短2日で、オンライン請求書を開始できます

ちなみに、カードリーダーはお店の決済用端末なので、申し込まなければOKです。

また、交通系電子マネーなどもお店の決済端末用のブランドなので、審査に申し込まなければOKです。

利用開始

eメールで審査通過の連絡がきます。

申込みから最短2日で届きますので、即開始できますよ。

まとめ

今回、STORES決済を海外のお客さん向けに決済できるのか?についてまとめました。

結論としては、STORES決済は海外のお客様向けに決済できます。

STORES決済には、オンライン請求書というサービスがあって、海外のお客さん向けにオンラインの請求書を送ることができます。

このオンライン請求書は、eメール、Instagram、Facebookなどに貼り付けることができて、受け取ったお客さんは、URLをクリックするだけで、カード支払いできます。

対応するのは、VISA、Master、アメックス、ダイナース、DISCOVER、JCBの6大ブランド。

さらに、このオンライン請求書は、外国語(英語/繁体字中国語/簡体字中国語/韓国語/タイ語)に表示変換することもできます。

さらに、さらに、STORES決済は、加盟料や入会費はなく、初期コスト0円、機器はスマホかPCだけなのでで機器コスト0円

月額基本料も0円なので、固定費0円

使ったときだけ、3.24%の決済手数料が発生しますが、使わなければ0円です。

STORES決済の審査は無料なので、まずは申し込みフォームに投げでしまうのが、時間を無駄せずに済みますよ。

STORES決済に申込んでおく