スクエア

決済端末スクエアを出張先に持ち運んで使う方法。決済手数料や使えるブランドを解説

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちがパーソナルトレーナーとして独立・開業するんですが、決済端末はスクエアに決めているそうです。

そんな彼から「出張トレーニングがあるんだけど、スクエアを持ち運んで使いたい。導入方法や使い方を教えて」と言われました。

そこで、今回、スクエアを持ち運んで使う方法を調べてみました。

スクエアの導入はカンタンで、無料のアカウント登録をすると、最短で翌日に審査結果が通知されるので、審査に通過したら、カードリーダー(4,980円)を購入します。

あとは、スマホとカードリーダーを出張先に持って行けば、お客様向けの決済ができます。

スクエアは加盟料や導入一時金はないので、初期コスト0円です。

月額基本料も0円(つまり、固定費0円)で、決済手数料3.25%(IDだけ3.75%)です。

出張先で現金決済すると、つり銭間違いもあるし、お金の受け渡しに時間もかかるので、キャッシュレス決済がオススメです。

スクエアは、無料アカウント作成するだけで、審査してくれて、最短1日で完了します。

審査は通りやすいので、まずはアカウントだけ作ってしまうのがオススメです。

スクエア無料アカウントを作成する

とはいえ、スクエアを持ち運んで使う方法が気になるところだと思いますので、以下にくわしくまとめてみました! 

スクエアの必要機器

スクエアを持ち運んで使う場合に、必要な機器は以下の2つです↓↓

❶スマホ(またはタブレット)
❷カードリーダー

❶スマホ(またはタブレット)は、手持ちのモノでOKです。

スマホは、iOSでもアンドロイドどちらでもOKで「スクエアPOSレジアプリ」を無料ダウンロードして使います↓

❷カードリーダーは、スクエア公式ページで購入すればOK♪

<スクエアリーダー 4,980円(税込)>

気になる通信環境ですが、出張先で、スマホがネットにつながればOKです。

なので、とってもカンタンにキャッシュレス決済を開始できます。

そして、スクエアはショートメールやeメールで電子レシートの送信が可能!

<電子レシート>

紙のレシートが必要な場合は、プリンターは別売りとなります↓

スター精機
SM-S210i 38,500円(税込)

ただ、レシートプリンターは、ちょっと高いので、紙の領収書で対応するのもアリ!

出張先では、レシートを求められることは少ないと思うので、まずは、紙の領収書で様子を見るのが良いですよ。

スクエア公式ページで必要機器の詳細を確認する

プリンター付きカードリーダーもある

レシートにこだわるなら、プリンター付きの端末「スクエアターミナル」もオススメです。

<スクエアターミナル>

39,980円(税込・送料込)

レシート印刷ができます↓

端末のタッチパネルですべての操作が可能です。

通信環境はWI-FIが必要なので、ポケットWI-FIが必要ではあるんですが、紙のレシート印刷が必要な場合は、オススメです!

スクエア公式でスクエアターミナルの詳細を確認する

スクエアの決済ブランド

つぎに、スクエアの決済ブランドを解説しましょう。

<クレジットカード>

<電子マネー>

<QRコード決済>

<交通系電子マネー>

交通系電子マネーは、実店舗では使えるんですが、出張先では使用できません

交通系電子マネーが出張先で使えない理由は、JRが移動体での決済は、通信が不安定なので禁止しているためです。

交通系電子マネーは使えませんが、スタンダードな決済ブランドは揃っているので、ほとんどのお客さんの決済ニーズに応えることができますよ!

スクエア公式ページで決済ブランドの詳細を確認する

スクエアのコスト

次にスクエアのコストを説明しましょう。

初期コスト

スクエアは、加盟料や導入一時金も0円です。

必要なのは機器コストだけ。

以下のどちらかを購入すればOKです。

スクエアリーダー スクエアターミナル
 

4,980円(税込) 39,980円(税込)

なので、初期コストは、この機器の購入代金だけです。

月額コスト

スクエアは月額基本料0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

つまり、お客様向けに決済した時にだけ料金が発生します

決済手数料

スクエアの決済手数料は、3.25%(IDのみ3.75%)です。

実際の決済手数料の例をあげましょう。

たとえば、VISAカードで3,000円決済した場合は、こんな感じ↓

<例:VISAカード決済3,000円>

3,000円×3.25%=97円

メッチャ安いですよね。

コストで選ぶならスクエアはめっちゃオススメです!

スクエア公式ページでコストの詳細を確認する 

スクエアの入金サイクル

スクエアは入金サイクルはめっちゃ早いです。

<入金サイクル>

三井住友・みずほ銀行 その他の銀行等
翌日
(月~金)
週1回
(金曜日)


三井住友やみずほ銀行を指定すれば、翌日入金です。

その他の銀行でも週1回(金曜)入金です。

その他の銀行とは、銀行・ゆうちょ・信用金庫・信用組合・ネット銀行など国内全ての金融機関です。

なので、今、持っている口座をそのまま使うことができます。

しかも、振込手数料は0円です。

なので、毎日入金されても、振込手数料がかからないのも良いですね。

スクエア公式ページで入金サイクルの詳細を確認する

スクエアの操作方法

それでは、スクエアの使い方を解説しましょう。

スクエアリーダーの操作

まず、スクエアリーダーの操作を説明しましょう。

スマホ(またはタブレット)とスクエアリーダーを準備する

❷スマホ(またはタブレット)のスクエアアプリを開く

金額を入力し、右下の「お会計」をタップする。

❸クレジットカードを差し込む

❹お客様にスクエアアプリで暗証番号を入力していただく

タッチ決済の場合は、暗証番号の入力は不要です。

これで決済完了です。

めっちゃカンタンですよね。

スクエア公式でスクエアリーダーの使い方を確認する

スクエアターミナルの操作方法

つぎにスクエアターミナルの操作を説明しましょう。

❶商品の金額を入力する

❷お客様のカードを差し込む

➌お客様が暗証番号入力

❹もちろんタッチ決済でもOK

❺レシートを印字

これで決済完了です。

もちろん、スマホでのタッチ決済もできます。

ペイペイもこんな感じで決済できます。

ちなみにスクエアターミナルは、購入30日以内なら返品できて全額返金されます。

なので、万一、自分のイメージと違った場合は返品OK。

だから購入するのも安心ですよ。

スクエア公式でスクエアターミナルの詳細を確認する

スクエアの導入の流れ

では、スクエアの導入の流れを説明しましょう。

スクエアは、審査から導入スピードがめっちゃ早いんです。

導入はたったの3ステップです。

<Squareの導入の流れ>

  1. 無料アカウント作成
  2. カードリーダー購入
  3. アプリのダウンロード

スクエアは無料アカウントを作成すると当日に即、審査してくれます。

審査は、こんな感じです↓↓

スクエアは、決済ブランドごとに順に審査します。

VISA、MASTER、アメックスは、最短当日で審査が通過します。

JCBやダイナース、交通系電子マネーは、3~4日

QUICKpayは、5~6日

PayPayは、10日で審査通過です。

めっちゃ早いですよね!!

審査に通過したら、カードリーダーを購入して、スマホにスクエアアプリをダウンロードすれば、すぐにお客様向けの決済ができます!!

だから、急いでキャッシュレス決済を導入したいならスクエアがオススメです。

スクエア公式ページで導入手順の詳細を確認する

まとめ

今回スクエアを持ち運んで使う方法をまとめました。

スクエアの導入はめっちゃカンタンなんです。

まず、スクエアの無料アカウント登録をすると、最短で翌日に審査結果が通知されるので、審査に通過したら、カードリーダー(4,980円)を購入します。

あとは、スマホとカードリーダーを出張先に持ち運べば、お客様向けの決済ができます。

スクエアは加盟料や導入一時金はないので、初期コスト0円です。

月額基本料も0円で、決済手数料3.25%(IDだけ3.75%)です。

たとえば、1,000円の決済なら、1,000円×3.25%=32円です。

出張先で現金決済すると、つり銭間違いもあるし、お金の受け渡しに時間もかかるので、キャッシュレス決済がオススメです。

スクエアは、無料アカウント作成するだけで、審査してくれて、最短1日で完了します。

審査は通りやすいので、まずはアカウントだけ作ってしまうのがオススメですよ。

スクエア無料アカウントを作成する