楽天ペイ

お店用の決済端末「楽天ペイ」はタッチ決済できる?操作方法や決済手数料を解説!!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが、観光地でバスクチーズケーキの路面店を開業するんですが、決済端末は「楽天pay」を導入する予定とのこと。

そんな彼から「楽天Payはタッチ決済できるの?操作方法や決済手数料は?」と矢継ぎ早に聞いてきました。

そこで、今回、楽天ペイはタッチ決済できるのか?について調べてみました。

結論から言うと、楽天ペイはタッチ決済できます。

操作方法はカンタンで、楽天カードリーダーにお客様がクレジットカードをかざすだけでOKです。

楽天ペイは、導入一時金や加盟料は0円。なので初期コストは0円

楽天ペイの決済手数料は、3.24%です(←タッチ決済も3.24%です)

たとえば、楽天ペイで1,000円タッチ決済した場合、1,000円×3.24%=32円です!

めっちゃ安いですよね!!

しかも、高性能決済端末「楽天ペイターミナル(定価34,800円)」が今ならキャンペーンで0円なので、導入するなら今がチャンスです。

<楽天ペイターミナル>

定価:34,800円(税抜)→0円

この「楽天ターミナル」は、1台で4G通信できて、レシート印字もできるので、めっちゃオススメです!

公式サイトから楽天ペイの申込手続きにすすむ

とはいえ、決済端末「楽天ペイ」のタッチ決済について、いろいろ気になるところだと思いますので、以下に詳しくまとめてみました!!

決済端末「楽天ペイ」はタッチ決済の操作方法

楽天ペイの決済端末には、オールインワン端末「楽天ターミナル」と標準的な決済端末「楽天ペイカードリーダー」の2種類があります。

それぞれ、タッチ決済ができますので、操作方法を解説しましょう。

楽天ペイターミナルでのタッチ決済

まず、楽天ペイターミナルでのタッチ決済の操作方法を解説しましょう。

<楽天ペイターミナル>

<決済手順>

❶楽天ペイターミナルの画面で商品金額を入力します。

❷決済方法「クレジットカード」を選択します

❸楽天ペイターミナルにクレジットカードをタッチします

❹レシートを印刷します

 

これで決済完了です。

どうですか?

めっちゃカンタンですよね!

楽天ペイターミナルは直感的に操作できるので、すぐ覚えることができますよ。

公式サイトで楽天ペイターミナルの決済手順の詳細を確認する

楽天ペイカードリーダーのタッチ決済

つぎに、楽天ペイカードリーダーで、タッチ決済の操作方法を解説しましょう。

<楽天ペイカードリーダー>

まず、❶スマホ(またはタブレット)と❷カードリーダーをBluetooth接続しておきます↓↓

あとは、スマホ(またはタブレット)の楽天ペイアプリを開きます。

これで準備完了なので、早速タッチ決済してみましょう!

<決済手順>

❶アプリ画面で商品金額を入力する。

❷クレジットカードを選択する。

❸クレジットカードをカードリーダーにかざしタッチ決済する。

❹お客様にメールレシートを送信する

❺お客様にメールアドレスを入力していただき送信ボタンをタップ

❻レシートを印刷する場合は、「控えを印刷」をタップすればOK!!

これで完了です!

楽天ペイカードリーダーも操作性が良いからオススメです!

公式サイトで楽天ペイカードリーダー決済手順の詳細を確認する

楽天ペイのタッチ決済で使える決済ブランド

楽天ペイでタッチ決済できるクレジットカードは以下のとおりです↓↓

ちなみに、タッチ決済できるカードは、どのブランドも同じマークが付いてます。

<VISA>

<Master>

<JCB>

<アメックス>

クレジットカードに、このマークが付いていれば、タッチ決済できます。

これだけのブランドのタッチ決済できれば、楽天ペイを導入すれば、ほとんどのお客さんに対応できますね。

楽天ペイ公式サイトでタッチ決済できるブランドの詳細を確認する

タッチ決済の上限金額

タッチ決済には、VISAやMasterなどの決済ブランド側で上限金額が設定されています。

基本的には、タッチ決済の上限は1万円までです。

なので、1万円以上の商品をタッチ決済した場合、暗証番号を求められます。

暗証番号の画面が表示されるので、お客様に入力していただければOKです。

楽天ペイ公式サイトでタッチ決済の上限額の詳細を確認する

楽天ペイで使える決済ブランド

では、楽天ペイで使える全ての決済ブランドを解説しておきましょう。

クレジットカード

電子マネー

QRコード決済(国内ユーザー向け)

QRコード決済(インバウンド向け)

楽天ペイは、日本人向けだけでなく、インバウンド向けの決済ブランドも充実しています。

なので、日本人や海外からの観光客など、ほとんどのお客さんの決済ニーズに対応できますね。

楽天ペイ公式サイトで決済ブランドの詳細を確認する

楽天ペイの決済手数料とコスト

楽天ペイをお店に導入したときの決済手数料やコストを解説しましょう。

初期コスト

楽天Payは、導入一時金や加盟料は0円

つまり、初期コストは0円です。

機器コスト

楽天ペイターミナルは、価格:34,800円(税抜)ですが、今ならキャンペーンで0円です。

レシートプリンター付きで4G通信もできるので、決済端末1台だけでお客様向けの決済ができます。

楽天ペイ公式サイトでキャンペーン内容を確認する

月額基本料

PayPayの月額基本料は0円

つまり、固定費0円です。

※ただし、楽天ターミナルで4G通信を利用する場合は、月額453円(税別)がかかります。

決済手数料

決済手数料は3.24%(税込)です!

例をあげましょう。

お客様がVISAカードで1,000円支払った場合は、こんな感じ↓↓

<決済手数料>
1,000円×3.24%=32円

どうですか?

これならメッチャ安いですよね!!

コストで選ぶなら楽天ペイはオススメですよ。

楽天ペイ公式サイトで決済手数料の詳細を確認する

楽天ペイの売上金の入金サイクル

楽天ペイの売上金の入金日と入金サイクルについて解説しましょう。

楽天銀行を登録した場合

登録口座を楽天銀行にした場合、売上金が翌日自動入金されます!

すごいのは、平日だけでなく土・日・祝日も入金されること!つまり、365日毎日入金です!

キャッシュフローで決済端末を決めるなら「楽天ペイ」はめっちゃオススメです!

楽天銀行以外を登録した場合

登録口座を楽天銀行以外にした場合、管理サイトから入金依頼を行います。

入金依頼をすると、登録口座に翌日に入金されます。

<入金依頼の画面>

具体的に説明しましょう。

23:45までに入金依頼すると、当日の23:50までの売上が翌営業日に全額入金されます。

金曜・土曜・日曜に入金依頼した場合は、(金・土・日を合算して)月曜日に振り込まれます。

振込日の入金時刻は、銀行の各支店の内部処理によって違います。ただし、15時までには入金されますよ。

振込手数料

登録口座を「楽天銀行」にすると、振込手数料は0円です!

楽天銀行以外を登録口座にした場合は、1回の入金につき210円(税込)かかります。

楽天ペイ公式サイトで入金サイクルの詳細を確認する

楽天ペイの申込手順

では、楽天ペイを導入するときの申込手順を解説しましょう。

お店に楽天ペイを導入するのは、めっちゃカンタン!

以下の4ステップです。

STEP1 申込み

まずこちらをクリックします→楽天ペイ公式サイトの申込フォーム

「お店に導入する」をクリックして、申込フォームが開けば、入力は5分で完了です。

STEP2 加盟店審査

eメールが届いたら、URLをクリックして必要書類をアップロードします。

すると、加盟店審査が開始されて、最短3日で完了です!

STEP3 決済端末発送

審査に通過したら、即決済端末が発送されます!

STEP1 ご利用開始

決済端末が届いたら、利用開始できます!

どうですか?

楽天ペイの導入は、最短3日で可能なんです!

急いで、お店に決済端末を導入したい場合は楽天ペイは、めっちゃオススメです!

楽天ペイ公式サイトから導入手続きをすすめる

まとめ

今回、楽天ペイはタッチ決済できるのか?についてまとめました。

結論から言うと、楽天ペイはタッチ決済できます。

操作方法はカンタンで、楽天カードリーダーにお客様がクレジットカードをかざすだけでOKです。

楽天ペイは、導入一時金や加盟料は0円。なので初期コストは0円

楽天ペイの決済手数料は、3.24%です(←タッチ決済も3.24%です)

たとえば、楽天ペイで1,000円タッチ決済した場合、1,000円×3.24%=32円です。

とくに、高性能決済端末「楽天ペイターミナル(定価34,800円)」が今ならキャンペーンで0円です!

<楽天ペイターミナル>

定価:34,800円(税抜)→0円

キャンペーンが終わる前にお早めに申し込むのがオススメです。

楽天公式サイトからキャンペーン申込手続きにすすむ