楽天ペイ

楽天ペイターミナルで回数券の決済ができない解決策はコレ!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが整体院を経営しているんですが、決済端末は楽天ペイターミナルを導入する予定です。

そんな彼から「楽天ペイターミナルは回数券の決済はできないんだけど、何か解決策はない?」と聞かれました。

そこで、今回、楽天ペイターミナルで回数券を決済できない解決策について調べてみました。

まず、結論から言うと、楽天ペイターミナルと併用して「エアペイ」を使うのがオススメです。

エアペイなら回数券の決済ができます。

いろいろ調べましたが、回数券の決済ができるキャッシュレス決済端末は、少ないので、エアペイは稀有な存在です。

エアペイは、初期コスト0円、月額基本料0円、決済手数料は3.24%です。

必要な機器は、スマホとカードリーダーだけ。

カードリーダーはキャンペーンで0円です。(普段使いのスマホを使えば機器コスト0円です)

なので、普段使いとしては、楽天ペイターミナルを使って、回数券の決済だけはエアペイを使うのがオススメです。

エアペイは月額基本料0円なので、楽天ペイターミナルと併用しても、コストがかさむこともありません。

エアペイ公式ページを見てみる

とはいえ、エアペイでの回数券の使い方が気になるところだと思いますので、詳しくは以下をどうぞ。

楽天ペイターミナルで回数券の決済ができない対処方法

楽天ペイターミナルでは、回数券の決済はできません(← めっちゃ残念!)

そこでオススメなのが、回数券の決済ができる「エアペイ」です。

エアペイは、月額基本料0円なので、エアペイと併用してもコストが増えることもありません。

なので、普段使いは楽天ペイターミナルとして、回数券のお客様だけは「エアペイ」を使うのがオススメです。

エアペイ公式ページで回数券の使い方の詳細を確認する

次から、エアペイでの回数券の利用条件や使い方について、解説していきますね。

エアペイの回数券の利用条件

エアペイでの回数券の利用条件は以下のとおりです↓↓

<エアペイの回数券の利用条件>

  1. 決済してから商品、サービスの提供が1年以内であること
  2. ”特定”継続的役務提供でないこと
  3. 中途解約の定めがあること
  4. お客様の申し出があった時キャンセルに対応すること

では、1つずつ解説しましょう。

決済してから商品、サービスの提供が1年以内であること

これはカンタンですね。

利用期限を1年以内にして、回数券を作るだけでOKです!

(ただし、”特定”継続的役務提供という業種は、以下の条件を満たす必要があります。)

”特定”継続的役務提供でないこと

法律で「”特定”継続的役務提供」として定められている業種は、回数券の販売ができません。

具体的には、以下の7つの業種です。(ただし、一定条件を満たせば、回数券の決済に使うことができます。)

・エステティック業
・美容医療
・語学教室
・家庭教師
・学習塾
・結婚相手紹介サービス
・パソコン教室

回数券に使うための条件は以下のとおり↓

業種 条件
エステ/美容医療 ・提供期間が1カ月まで
かつ
・金額が5万円まで
語学教室/家庭教師
学習塾/パソコン教室
結婚相手紹介
・提供期間が2カ月まで
かつ
・金額が5万円まで

なので、これらの業種は、上記の条件を満たす回数券を作成すれば、エアペイで決済できます。

中途解約の定めがあること

これは、回数券の販売規約に中途解約を定めて、お客様に提示しておけばOKです。

キャンセルに対応すること

回数券を販売した後、お客様に対して商品・サービスの提供が一切行われず、お客様からキャンセルの申し出があった場合、取引代金相当額全額の取消しを行うことです。

これも規約に定めておけばOKです!

JCB、アメックスなどの追加条件

あと、お客さんが、JCB、アメックス、ダイナース、Discover、QUICPayを利用する場合は以下の条件が追加されます。

<JCB、アメックス、ダイナース、Discover、QUICPayを利用する場合>

・1回の決済金額が50万円以下(税込)であること
・オーダーメイド製品等の場合、決済してから商品提供が3か月以内であること

この利用条件さえ守れば、回数券の決済ができるんです。

エアペイ公式ページで回数券の利用条件の詳細を確認する

回数券の料金や期限の設定方法

では、回数券の料金や期限の設定方法を解説していきましょう。

一般的な業務の場合

エアペイの回数券の利用条件「決済してから商品・サービス提供が1年以内であること」で回数券を作ればOKです。

たとえば、整体院などで回数券を販売するなら、”決済日から1年以内という有効期限”を設ければOKです。

例を上げるとこんな感じ↓↓

<整体院の回数券の例>

<例1>猫背矯正
回数券6枚綴り(1回分無料)19,900円
1枚3,980円×5枚+1枚無料
有効期限:販売日から1年

<例2>美容針灸
回数券10枚綴り(1回分無料)36,000円
1枚4,000円×9枚+1枚無料
有効期限:販売日から1年

販売日からの有効期限を1年で設定すれば、OKですよ。

特定の業種の場合

以下の特定の業種は、下表の「条件」を満たせば、エアペイで回数券の決済ができます↓↓

業種 条件
エステ/美容医療 ・提供期間が1カ月まで
かつ
・金額が5万円まで
語学教室/家庭教師
学習塾/パソコン教室
結婚相手紹介
・提供期間が2カ月まで
かつ
・金額が5万円まで

では、エステとパソコン教室の例をあげましょう。

エステの場合

エステの場合は「5万円(税込)以内かつ1か月以内」を満たす回数券を作ればOKです

<エステの回数券(例)>

<例1>
美肌スペシャルプラン回数券
3回分の回数券:4万円(税込)
有効期限:3/1~4/1まで

<例2>
ブライダルプレミアム2DAYS
2回分の回数券:48,000円(税込)
有効期限:1か月以内

こんな感じでエアペイは、エステの回数券の決済に使うことができるんです!

パソコン教室の場合

パソコン教室は「5万円(税込)以下かつ期間2か月以内」の回数券を作ればOKです↓

<パソコン教室の回数券 例>

<例1>
1レッスン60分(全4回)
回数券の料金:12,800円(税込)
有効期限:2か月

<例2>
WORD&Excel(全8回)
回数券の料金:39,800円(税込)
有効期限:2か月

こんな感じで回数券の設定を行えば、エアペイで決済できます。

(この条件を満たさない場合は「”特定”継続的役務提供」とみなされて、回数券の決済は禁止なので、ご注意くださいね)

エアペイ公式ページで回数券の使い方の詳細を確認する

エアペイで使える決済ブランド

では、エアペイで回数券に利用できる決済ブランドを解説しましょう。

クレジットカード

エアペイで使えるクレジットカードは以下のとおりです。

電子マネー

エアペイで使える電子マネーは以下のとおりです。

QRコード決済

エアペイでは、PayPayなどのQRコード決済ができますが、回数券の販売には使えないのでご注意ください。

 

 

 

 

 

QRコード決済は、「エアペイQR」が運営しており、規約が異なります。エアペイQRでは、回数券の決済を認めていません。

では、つぎにエアペイのコストについて解説しましょう。

初期コスト

エアペイの初期コストは、0円です。

導入一時金や加盟料はありません。

初期コスト0円で、キャッシュレス決済を導入できるのが、エアペイの魅力です。

機器コスト

エアペイに必要な機器は以下の2つです↓↓

❶iPadまたはiPhone
❷カードリーダー

❶iPadと❷カードリーダーは、今ならキャンペーンで0円でゲットできます♪

iPad(49,800円)とカードリーダー(21,370円)の総額7万円相当が0円の大チャンスです。

iPadは「第9世代64GB(WI-FIモデル)」でこんな感じ↓↓

エアペイは機器コスト0円で導入できるから、めっちゃオススメです!

エアペイ公式ページからキャンペーンに申し込む

月額基本料

エアペイの月額基本料は0円です。

だから、固定費0円でキャッシュレス決済端末を導入できます。

お店の経営にとって、固定費0円は嬉しいですよね。

使った分しかコストがかからないのが、エアペイの良いところです!!

決済手数料

エアペイの決済手数料は3.24%です。

例をあげましょう。

お客様がVISAカードで1,000円支払った場合は、こんな感じ↓↓

<決済手数料>
1,000円×3.24%=32円

エアペイは楽天ペイターミナルと決済手数料が同じ額なので安心ですね。

エアペイ公式ページでコストの詳細を確認する

エアペイの使い方

エアペイの使い方は、めっちゃカンタンです!

クレジットカード決済の手順について解説しましょう。

❶iPad(またはiPhone)のエアペイアプリを開く

❷「決済」ボタンをタップする

ホーム画面2.png

❸クレジットカードをタップする

ホーム画面4.png

❹商品の代金を入力して「決済に進む」をタップ。

ホーム画面6.png

❺カードリーダーにクレジットカードを差し込む

ホーム画面7.png

❻お客様に暗証番号を入力していただく

ホーム画面8.png

❼暗証番号入力が完了したら緑の✔ボタンを押す

ホーム画面9.png

❽決済完了

ホーム画面10.png

めっちゃカンタンですよね。

もちろん、クレジットカードでタッチ決済もできます。

どうですか?カンタンですよね。

エアペイは操作性が良いので、すぐに覚えることができますよ。

エアペイ公式ページで操作手順の詳細を確認する

エアペイの導入の流れ

エアペイの導入の流れは以下のとおり。

エアペイの申込

エアペイの申込みは、ネットで3~5分でカンタンにできます。

もちろん、スマホからでもカンタンにできますよ♪

エアペイの審査

エアペイの審査は、申込みから3日程度で、最初のVISA・MASTER・銀聯の審査が完了します。

エアペイは20種類以上の決済ブランドがあって、順に審査していくので、全ての決済ブランドの審査が終わるのには、15~30日程度かかります。

ただ、審査が完了した決済ブランドから利用開始できます!

なので、最初の審査が終わるVISA、Master、銀聯は申込みから最短10日で利用開始できるので安心してください。(←ずーっと待ちぼうけではありません!)

カードリーダーとiPad配送

申込から7日程度でカードリーダーとiPadが配送されます。

エアペイ初期設定

カードリーダーとiPadが届いたら、初期設定をします。

エアペイ利用開始

エアペイアプリの初期設定が完了したら、利用開始です。

エアペイ申し込みから約10日程度で、最初に審査が完了している「VISA・マスター・銀聯」から利用開始できます!!

エアペイ公式ページの申込みページにすすむ

まとめ

今回、楽天ペイターミナルで回数券を決済できない解決策についてまとめました。

結論としては、楽天ペイターミナルと併用して「エアペイ」を使うのがオススメです。

エアペイなら回数券の決済ができます。

いろいろ調べましたが、回数券の決済ができるキャッシュレス決済端末は、少ないので、エアペイは稀有な存在です。

エアペイは、初期コスト0円、月額基本料0円、決済手数料は3.24%です。

必要な機器は、スマホとカードリーダーだけ。

今ならカードリーダーはキャンペーンで0円です。

なので、普段使いとしては、楽天ペイターミナルを使って、回数券の決済だけはエアペイを使うのがオススメですね。

エアペイは月額基本料0円なので、楽天ペイターミナルと併用しても、コストがかさむこともありません。

エアペイの申込みは以下の公式ページのみからとなります。

エアペイ公式ページの申込みフォームにすすむ