ペイペイ

個人事業主じゃない人のPayPayの申込方法。PayPayは個人でも申込みできる。

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

妻の友だちがハンドメイド作家をしていますが、開業届を出していないんです。

開業届を出していないので、個人事業主ではありません。

そんな彼女から「個人事業主じゃなくてもPayPayは申込みできるの?」と聞かれました。

そこで、今回、個人事業主じゃない方のPayPay申込方法について調べてみました。

答えをいうと、「個人事業主でなくてもPayPayは使えます。

PayPayを無料で導入する

まず、個人事業主とは、開業届を税務署に提出している人のこと。

でも、主婦でハンドメイド作家さんなどでは、開業届を出していないケースもありますよね。

法律上は、事業を開始したらその日から1カ月以内に開業届を提出するように義務づけられてます。

ただ、開業届の提出の「義務」はありますが、提出していなくても罰則はないので、ご安心を!

またPayPay事務局から求められない限り開業届を提出する必要もありません。

(もし、求められてもイベント販売などの画像で代替ができます!)

なので、個人事業主でなくてもPayPayの導入が可能というわけです。

実際にはPayPayの申込画面では「法人」か「個人事業主」か選択画面が出るので、、正式な「個人事業主」ではないんですが、ひとまず「個人事業主」を選択すればOKです↓

PayPayは、申し込みから1週間程度で、すぐにQRコードステッカーを送ってくれます。

なので、PayPayの申込みは1分で完了しますので、先に申し込みを済ませておけば、何かと時間短縮になりますよ。

PayPay公式サイトから申込手続きをすすめる

とはいえ、個人事業主じゃない人のPayPayの申込み方法について気になるところだと思いますので、以下にくわしくまとめてみました!

申込画面は「個人事業主」を選ぶ

まず、個人がPayPayを導入するにあたって、個人事業主じゃなくても「個人事業主」の方を選びましょう

次に説明しますが、PayPayの必要書類には、個人事業主としての書類(開業届)の提出は必要ありませんので、安心して申し込んでOKです。

PayPay公式サイトから申込手続きをすすめる

PayPayの申込みに必要な書類・画像

では、個人事業主じゃない個人がPayPayを申込むときに必要な書類や画像を解説しましょう。

必要書類や画像はめっちゃ少なくて以下のとおりです。

❶本人確認書類
❷銀行の口座情報
❸お店の画像
(イベントの商品販売などの画像)

1つずつ説明しますね。

本人確認書類

本人確認書類は、以下のいづれか1点あればOK↓↓

本人確認書類
・運転免許証
・在留カードおよび特別永住者証明書
・マイナンバーカード
・日本国パスポート※
・各種健康保険証※

※「日本国パスポート」または「各種健康保険証」を使う場合は、追加で以下のいずれか1点が必要です↓↓

追加書類
・公共料金領収書
(電気・ガス・水道など)
・住民票記載事項証明書
・住民票写し

銀行の口座情報

以下の銀行口座情報があればOKです↓↓

銀行の口座情報
・金融機関名
・支店名
・預金種別
・口座番号
・口座名義人

お店の画像

実店舗があれば、外観と内観でOKです。

もし、実店舗がなければ、商品販売の画像が以下1枚ずつ必要です。

たとえば、フリマなら全景の画像と商品の画像があればOKです。

<商品販売の画像の例>

画像
・フリマ販売の全景の画像(1枚)
・フリマ販売での商品の画像(1枚)

画像の撮り方は以下のとおり↓↓

<画像の撮り方>

・横の構図で撮る
(4:3のサイズ推奨)
・水平に撮影
・鮮明な画像

ちなみに、PayPay事務局としては、ペイペイを広く使ってほしい反面、不正利用を防止したいんです。

なので、健全な営業をしていることを証明することが大切です。

つまり、個人事業主としての証明(開業届)ではなく、健全な営業実態を証明することが重要なんです。

なので、個人として販売実態の画像、資料(例えば、フリマやイベントのURLや資料など)が提出できれば、審査は通りますよ。

PayPay公式サイトで必要書類の詳細を確認する

PayPayの使い方

では、PayPayの使い方を解説しましょう。

<PayPay決済手順>

❶お客さんがペイペイステッカーのQRコードを読み取る

❷お客さんが会計の金額を入力する

❸お店が会計の金額を確認する。

これだけで決済が完了できます。

ペイペイならお釣りの受け渡しがないので、つり銭の間違えもありません。

フリマやイベント販売などでも「PayPayで買えるなら」とついで買いも増えますので、売上upが見込めますよ!!

PayPay公式サイトで使い方の詳細を確認する

PayPayのコスト

では、PayPayを導入するときのコストを解説しましょう。

初期コスト

PayPayは、導入一時金や加盟料は0円

つまり、初期コストは0円です。

機器も必要ないので、機器コストも0円

なので、ノーリスクで申込みできます。

月額基本料

PayPayの月額基本料は0円

つまり、固定費0円です。

使った分しかお金がかからないのがペイペイの良いところです!

決済手数料

PayPayのコストは、決済した時だけに手数料がかかるだけです。

決済手数料は「1.98%」です。

では、決済手数料の例をあげますね。

1,000円のメニューをPayPayで決済した場合です。

<決済手数料の例>
1,000円×1.98%=19円

どうですか?

めっちゃ安いですよね。

個人の商品販売では、いかにコストを抑えるのが大切なので、PayPayはめっちゃオススメです。

PayPay公式ページでコストの詳細を確認する

マイストアライトプランは加入なしでもOK

ちなみにPayPayには「基本プラン」と「PayPayマイストアライトプラン」の2つのプランがあります。

「PayPayマイストアライトプラン」は「基本プラン」より機能が拡張されます。

具体的にはこんな感じ↓↓

PayPay
基本プラン
PayPay
マイストアプラン
ストアページ管理
お知らせ記事の投稿
PayPayクーポンの利用 ×
PayPayスタンプカードの利用 ×
各サービスの利用分析 ×

正直言って、あんまり必要のない機能ばっかりですよね。

このプランに加入すれば、決済手数料が1.6%になりますが・・・

でも「PayPayマイストアプラン」は、加入3か月目から月額基本料が必要になるんです。

こんな感じです↓↓

PayPay
マイスト
ライトアプラン
基本プラン
初期コスト 0円 0円
月額基本料 1,980円
(2か月無料)
0円
決済手数料 1.60% 1.98%

月額基本料1,980円は、ちょっと高いですよね。

なので、コストを抑えるなら「PayPayマイストアプラン」に加入する必要はありませんよ。

PayPay公式サイトでマイストラライトプランの詳細を確認する

PayPayの申込の流れ

PayPayの申込みは、1分でカンタンにできます。

もちろん、スマホからでも申し込めます。

申込手順は以下の3ステップ

  1. 仮申込の入力
  2. 本申込の入力(審査情報の入力)
  3. スタートキットの到着

では、1つずつ解説しましょう。

仮申込フォームの入力

申込フォームの入力項目はめっちゃ少ないです

以下の項目を入力するだけで完了です↓↓

<入力項目>
・氏名
・メールアドレス
・屋号名
・連絡先電話番号

これで仮申し込みが1分で完了です。

PayPay公式サイトの仮申し込みフォームにすすむ

本申込フォームの入力

申込フォームで登録したメールアドレス宛に案内メールが届きます。

案内メール記載のURLをクリックすると、本申込フォーム(審査情報の入力)となります。

そこで、先ほど説明した書類のアップロードや入力を行います。

❶本人確認書類
❷銀行の口座情報
❸商品販売の画像
(フリマの画像など)

再度、解説しましょう。

本人確認書類

以下のいづれか1点あればOK↓↓

本人確認書類
・運転免許証
・在留カードおよび特別永住者証明書
・マイナンバーカード
・日本国パスポート※
・各種健康保険証※

※「日本国パスポート」または「各種健康保険証」を使う場合は、追加で以下のいずれか1点が必要です↓↓

追加書類
・公共料金領収書
(電気・ガス・水道など)
・住民票記載事項証明書
・住民票写し

銀行の口座情報

以下の銀行口座情報があればOKです↓↓

銀行の口座情報
・金融機関名
・支店名
・預金種別
・口座番号
・口座名義人

商品販売の画像

商品販売の画像が以下1枚ずつ必要です。スマホで撮ればOKです。

たとえば、フリマなら全景の画像と商品の画像があればOKです。

<商品販売の画像の例>

画像
・フリマ販売の全景の画像(1枚)
・フリマ販売での商品の画像(1枚)

画像の撮り方は以下のとおり↓↓

<画像の撮り方>

・横の構図で撮る
(4:3のサイズ推奨)
・水平に撮影
・鮮明な画像

特に外観は、フリーマーケットの販売状況を全景で撮影しましょう。

PayPayスタートキットの到着

審査情報の入力後、1週間で「PayPayスタートガイドとスタートキット」が届きます。

この「スタートガイド」の内容に沿って「QRコードステッカー」を組み立てましょう。

QRコードステッカーを組み立てた後、管理サイトにログインして口座情報などの確認をしれば、PayPayの導入が完了です!!

まとめ

今回、個人事業主じゃない方のPayPay申込方法についてまとめました。

PayPayの申込みの入り口が「個人事業主」「法人」に分かれているので、迷う方が多いんです。

でも、結論として「個人事業主でない個人もPayPayは導入できます。

PayPay公式ページの申込画面にすすむ

個人事業主とは、開業届を税務署に提出している人のことをいいます。

ただ、主婦でハンドメイド作家さんなどでは、開業届を出していないケースもあるはず。

法律上は、事業を開始したらその日から1カ月以内に開業届を提出するように義務づけられてます。(ただ、開業届の提出の「義務」はありますが、提出していなくても罰則はありませんよ)

また、PayPay事務局から求められない限り開業届を提出する必要もありません。(もし、求められてもイベント販売などの画像で代替ができます!)

なので、個人事業主でなくてもPayPayの導入が可能です。

実際にはPayPayの申込画面では「法人」か「個人事業主」か選択画面が出るので、、正式な「個人事業主」ではないんですが、「個人事業主」を選択すればOKです↓

PayPayは、申し込みから1週間程度で、すぐにQRコードステッカーを送ってくれます。

なので、PayPayの申込みは以下の公式ページのみからなので、お早めにどうぞ。

PayPay公式サイトから導入をすすめる