スクエア

スクエアターミナルの使い方を解説。コスト、決済ブランドなども詳しく解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちがスパイスの効いたカレー店を開業するんですが、決済端末はスクエアターミナルに決めているそうです。

そんな彼から「スクエアターミナルは評判良いから導入したいんだけど、使い方を教えて」と言われました。

そこで、今回、スクエアターミナルの使い方について詳しく調べてみました。

まず「スクエアターミナル」とは、キャッシュレス決済・POSレジ・レシートプリンターが1台になっていて、タッチスクリーンで操作できるコードレス決済端末です。

<スクエアターミナル>

価格:39,980円(税込)

気になる「スクエアターミナル」の開始ですが、スクエア無料アカウントを登録すると最短1日で審査に通過するので、あとは公式サイトで「スクエアターミナル」を購入すればOKです。

「スクエアターミナル」が届いたら、WI-FIにつなぐだけで、すぐにお客様向けの決済ができちゃいます(WI-FI環境さえあれば、他に機器は何も必要ありません)

「スクエアターミナル」の使い方はめっちゃカンタンで、スマホのように操作できます。

便利なのは、商品を登録しておけば、タップするだけでお会計ができること!

もちろん、商品金額を入力して、決済することも可能です。

さらに、プリンター内蔵型だから、お会計後にそのままレシートが印刷されます。

それにコードレスだから、充電さえしておけば、テーブル会計やイベント販売でも使うこともできます。

スクエアは、無料アカントを登録するとすぐに審査してくれるので、先に登録フォームに投げてしまえば、時間短縮になります。

スクエア無料アカウントを登録する

とはいえ、スクエアターミナルの使い方などについてもっと知りたいところだと思いますので、以下に詳しくまとめています。

スクエターミナルとは

スクエアターミナルとは、オールインワン決済端末。

だから、この1台さえあれば、他に何の機器もいらないんです!

この決済端末はホントにすごい!!!

では、次にそのすごさについて解説していきましょう。

タッチスクリーンで直感的な操作

スクエアターミナルは、タッチスクリーンなので、直感的に操作できます。

まず、お会計の金額入力はこんな感じ↓

あらかじめ、商品と価格も登録しておけば、さらに便利!

商品をタップすれば、決済できるので、商品の金額の入力が不要になります。

もちろん、複数の商品を選択しても合計額が自動で計算!

これなら、金額の入力の間違いが起こりません。

金額の入力間違えは、訂正には手間がかかるし、お客様をお待たせしてしまいます。

金額の間違えが起こらないのがめっちゃ良いですね。

ちなみに、タッチスクリーンで、クレジットカードのタッチ決済もできます。

もちろん、QRコード決済(PayPay)もOK!

もちろん、電子マネーもタッチスクリーンで決済できます。

直感的な操作なので、すぐに覚えることができます。

公式サイトでsquareterminalの操作性の詳細を確認

サインレスで決済OK

以前のスクエアリーダーでは、クレジットカード決済の際、サインが必要でした。

スクエアターミナルはサインレスになり、暗証番号入力でOKになりました↓

クレカのタッチ決済、PayPay、電子マネー決済には、暗証番号の入力さえも不要です!!

レシートプリンター内蔵

スクエアターミナルは、レシートプリンターを内蔵しています。

なので、レシートプリンターを別途、購入する必要がありません。

テーブル決済のときも即、お客様にレシートを渡すことができます。

めっちゃ便利ですよね。

レシートプリンターのインク不要

内蔵レシートプリンターは、熱で紙に印字します。

なので、インクは不要なんです。

だから、レシートペーパーだけセットすればOKなんです。

公式サイトでスクエアターミナルのプリンターの詳細を確認

コードレスで持ち運びできる

スクエアターミナルは、コードレスなので、持ち運びできます。

WI-FIがつながれば、店内でも店外でもOKです。

なので、テーブル会計もできますね。

WI-FIさえあれば、キッチンカーやフードトラックでも決済できます。

スクエアターミナルは、大容量バッテリーを内蔵しているので、屋外でも10時間は充電が持つんです!

公式サイトでスクエアターミナルの持ち運びの詳細を確認

30日以内の返品保証付き

Square公式サイトから、スクエアターミナルを購入した場合は、購入日から30日以内に無料返品することができます。

なので、気に入らなければ返品OKなので、安心ですね。

公式サイトでスクエアターミナルの返品保証の詳細を確認

スクエアターミナルの使い方

では、スクエアターミナルを使い方を解説しましょう。

➊商品金額を入力する

❷登録した商品を選択してもOKです

❸クレジットカードを差し込む

もちろん、タッチ決済でもOK

❹お客様に暗証番号を入力してもらいます。

(タッチ決済の場合は、暗証番号入力は不要です)。

❺レシート印字、SMSやEメールの電子レシートを選ぶこともできます。

❹レシート印字

電子レシートを選択したら、eメールや携帯のショートメールに送信できます。↓↓

どうですか?

操作はめっちゃカンタンですよね。

オールインワン決済端末なので、タブレットとカードリーダーのBluetooth接続を気にする必要がないので、スムーズでスピーディーに決済できます。

公式サイトでスクエアターミナルの使い方の詳細を確認

スクエアで使える決済ブランド

では、スクエアで使える決済ブランドを解説しましょう。

クレジットカード

交通系電子マネー

電子マネー

QRコード



これだけの決済ブランドが使えれば、ほとんどのお客さんの決済ニーズに応えることができます。

スクエアの決済ブランドの詳細を確認する

スクエアのコスト

次にスクエアのコストを説明しましょう。

初期コスト

スクエアは、加盟料や導入一時金も0円です。

なので、スクエアは、初期コスト0円で開始できます!

機器コスト

機器は、スクエアターミナル1台あればOKです。

WI-FIさえあれば、他に機器は不要です。

なので、機器コストは、スクエアターミナル代金39,980円(税込・送料0円)だけですね!

月額基本料

スクエアは月額基本料0円です。

つまり、固定費0円です。

固定費0円がスクエアの良いところです。

決済手数料

スクエアの決済手数料は、3.25%です。

では、実際の決済手数料の例をあげましょう。

たとえば、VISAカードで3,000円決済した場合は、こんな感じ↓

<例:VISAカード決済3,000円>

3,000円×3.25%=97円

メッチャ安いですよね♪

コストで選ぶならスクエアはめっちゃオススメです!

公式サイトでスクエアのコストの詳細を確認する

スクエアの入金サイクル

スクエアは入金サイクルはめっちゃ早いです。

<入金サイクル>

三井住友・みずほ銀行 その他の銀行等
翌日
(月~金)
週1回
(金曜日)


三井住友やみずほ銀行を指定すれば、翌日入金です。

その他の銀行でも週1回(金曜)入金です。

その他の銀行とは、銀行・ゆうちょ・信用金庫・信用組合・ネット銀行など国内全ての金融機関です。

なので、今、持っている口座をそのまま使うことができます。

しかも、振込手数料は0円です。

なので、毎日入金されても、振込手数料がかからないのも良いですね♪

公式サイトでスクエアの入金サイクルの詳細を確認

スクエアの申込手順

スクエアは、審査から導入スピードがめっちゃ早いんです。

導入はたったの3ステップです。

<Squareの導入の流れ>

  1. 無料アカウント作成
  2. カードリーダー購入
  3. アプリのダウンロード

スクエアは無料アカウントを作成すると当日に即、審査してくれます。

審査は、こんな感じです↓↓

スクエアは、決済ブランドごとに順に審査します。

VISA、MASTER、アメックスは、最短当日で審査が通過します。

JCBやダイナース、交通系電子マネーは、3~4日

QUICKpayは、5~6日

PayPayは、10日で審査通過です。

めっちゃ早いですよね!!

審査が通過した決済ブランドから取り扱いが開始できます。

カードリーダーは申込から3~5日で届きます。

VISA・マスター・アメックスなら申込から最短3~5日で即スタートできるんです♪

だから、急いでキャッシュレス決済を導入したいならスクエアは、めっちゃオススメです♪

まずは、スクエアの無料アカウントを登録するのがオススメとなります。

スクエア無料アカウントを登録する

まとめ

今回、スクエアターミナルの使い方やコストについてまとめました。

スクエアターミナルとは、キャッシュレス決済・POSレジ・レシートプリンターが1台になっていて、タッチスクリーンで操作できるコードレス決済端末です。

<スクエアターミナル>

価格:39,980円(税込)

1台でキャッシュレス決済のすべてが詰まった「オールインワン決済端末」です。

通信環境が必要なので、WI-FIは必要なのですが、他に何の機器も準備する必要がありません。

実は、他に機器が要らないって、めっちゃすごいことです。

ライバルの決済端末のエアペイ、楽天ペイ、STORES決済では、スマホ(またはタブレット)とプリンターは、別途必要です。

スクエアターミナルなら機器は1台だけです!

機器は1台にして、レジ周りをとにかくシンプルにしたいお店にはオススメですね。

スクエアを開始するには、無料アカウントを登録するだけで、即審査してくれます。

スクエアの無料アカウント登録は、ネットで3分で完了できますので、お早めにどうぞ。

スクエア無料アカウントを登録する