スクエア

スクエアのカードリーダーに専用ドックは必要?をくわしく解説

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちがスパイスの効いたカレーのキッチンカーを開業します。

キッチンカーのキャッシュレス端末には、スクエアを導入する予定なんですが、カードリーダーにドックがあった方が良いの?と聞かれました。

そこで、今回、スクエアのカードリーダーに専用ドックが必要か?について調べてみました。

結論から言うと、カードリーダー専用ドックは無くても大丈夫です。

カードリーダー専用ドックは、スクエア導入後、いつでも購入できます。

なので、まずは、スクエアを使ってみて、必要性を感じたら買えばよいです。

スクエアを公式ページから申し込む

とはいえ、スクエアリーダー専用ドックについて、気になるところだと思いますので、以下に詳しくまとめてみました!

スクエアリーダー専用ドックとは

スクエアリーダー専用ドックとは、カードリーダーを安定した状態に固定できて、充電したまま決済できる船のドックのような装置のこと。

カードリーダー専用ドックがあると、以下のメリットがあります。

❶カードリーダーを安定した状態に固定できる
❷常時、充電したまま決済できる

スクエアのカードリーダーは、軽くて持ち運びが便利なんですが、

<スクエアリーダー>

時折、どこに置いたか分からなくなります。

あと、スクエアリーダー単体では、充電しながら決済することはできません。

なので、スクエア専用ドックがあると、固定できて安定するし、充電しながら決済できるので、充電切れの心配ゼロです。

現在、販売されている専用ドックは以下の2種類となります↓↓

スクエアリーダー
第1世代専用ドック
スクエアリーダー
第1・2世代専用ドック
Bosstab社製
¥2,000(税込) ¥3,599(税込)

装着するスクエアリーダーには、第1世代、第2世代があります。

ちなみにスクエアリーダーの「第2世代」とは、「第1世代」の進化系です。

大きな違いは充電ポートで、第1世代が「マイクロUSB」でしたが、第2世代が「Type-C」になっています↓↓

Bluetoothの性能も向上して、スマホやタブレットとのペアリングがしやすくなってます。

現在、スクエア公式サイトでは、スクエアリーダー第2世代のみの販売となっています。

もし、専用ドックを購入するなら、第2世代スクエアエリーダーに対応できるBosstab社製の専用ドックを買いましょう。

スクエア公式ページで専用ドックの詳細を確認

30日間返品保証付き

Square公式サイトから、スクエアリーダー専用ドックを購入した場合は、購入日から30日以内に無料返品することができます。

なので、気に入らなければ返品OKなので、安心ですね。

ちなみに、スクエアリーダー専用ドックが正常に動作しない場合は、交換品を請求することもできますよ。

スクエア公式ページで30日保証の詳細を確認

スクエアの使い方

では、スクエア専用ドックを装着したうえで決済してみましょう。

まず、以下の2つを準備します↓↓

❶スマホ(またはタブレット)
❷スクエアリーダー

❶スマホ(またはタブレット)は、手持ちのモノでOKです。

スマホ(またはタブレット)に「SquarePOSレジアプリ」を無料ダウンロードします↓↓

スクエアカードリーダーを専用ドックに装着します。

これで準備完了です。

❶スマホ(またはタブレット)の「SquarePOSレジアプリ」をタップ。

❷ 金額を入力し、「お会計」をタップ。

❸ クレジットカードを差し込む。

❹お客様にスクエアアプリで暗証番号を入力していただく

もちろん、タッチ決済もできます。

タッチ決済の場合は、暗証番号の入力は不要です。

これで決済完了です。

メッチャカンタンですよね。

スクエアは操作性も良いのでオススメです!

スクエア公式ページで操作手順の詳細を確認

スクエアで使える決済ブランド

では、スクエアで使える決済ブランドを解説しましょう。

クレジットカード

交通系電子マネー

電子マネー

QRコード



これだけの決済ブランドが使えれば、ほとんどのお客さんの決済ニーズに応えることができます。

スクエア公式で決済ブランドの詳細を確認

スクエアのコスト

次にスクエアのコストを説明しましょう。

初期コスト

スクエアは、加盟料や導入一時金も0円です。

なので、スクエアは、初期コスト0円で開始できます!

機器コスト

 

➊スマホ(またはタブレット)
❷スクエアリーダー

➊スマホ(またはタブレット)は、お手元にあるモノを使えば、コスト0円。

❷スクエアリーダーは、Square公式サイトで、4,980円(税込)で購入できます。

もし、スクエアリーダーを固定させて、充電しながら決済するなら、専用ドックを3,599円(税込)を購入すればOKです。

月額コスト

スクエアは月額基本料0円です。

月額コストは決済手数料のみ。

つまり、お客様向けに決済した時にだけ料金が発生します

決済手数料

スクエアの決済手数料は、3.25%です。

実際の決済手数料の例をあげましょう。

たとえば、VISAカードで3,000円決済した場合は、こんな感じ↓

<例:VISAカード決済3,000円>

3,000円×3.25%=97円

メッチャ安いですよね♪

コストで選ぶならスクエアはめっちゃオススメです!

スクエア公式ページでコストの詳細を確認

スクエアの導入の流れ

スクエアは、審査から導入スピードがめっちゃ早いんです。

導入はたったの3ステップです。

<Squareの導入の流れ>

  1. 無料アカウント作成
  2. カードリーダー購入
  3. アプリのダウンロード

スクエアは無料アカウントを作成すると当日に即、審査してくれます。

審査は、こんな感じです↓↓

スクエアは、決済ブランドごとに順に審査します。

VISA、MASTER、アメックスは、最短当日で審査が通過します。

JCBやダイナース、交通系電子マネーは、3~4日

QUICKpayは、5~6日

PayPayは、10日で審査通過です。

めっちゃ早いですよね!!

審査が通過した決済ブランドから取り扱いが開始できます。

カードリーダーは申込から3~5日で届きます。

VISA・マスター・アメックスなら申込から最短3~5日で即スタートできるんです♪

だから、急いでキャッシュレス決済を導入したいならスクエアは、めっちゃオススメです♪

スクエアの申込ページにいく

まとめ

結論から言うと、カードリーダー専用ドックは無くても大丈夫です。

カードリーダー専用ドックは、スクエア導入後、いつでも購入できます。

なので、まずは、スクエアを使ってみて、必要性を感じたら買えばよいです。

スクエア無料アカウントを作成する

なお、カードリーダー専用ドックがあると、以下のメリットがあります。

➊カードリーダーを安定した状態に固定できる
❷常時、充電したまま決済できる

スクエア専用ドックがあると、固定できて安定するし、充電しながら決済できるので、充電切れの心配ゼロです。

スクエアリーダーには、第1世代、第2世代があります。

ただ、スクエアリーダーは第2世代しか販売していませんので、これからスクエアを開始する方は、必ず右欄のBosstab社製の専用ドックを購入しましょう。

スクエアは、無料アカウントを作成すれば、最短で当日に審査してくれます。

スクエアの無料アカウントは、3分でカンタンに作成できるので、お早めにどうぞ。

スクエア無料アカウント作成する