ペイペイ

屋外イベント会場にPayPay決済を導入する方法。使い方やコストを解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが繁華街で焼き鳥屋をやっているんですが、今度、屋外イベント会場で出店するそうです。

そんな彼から「屋外イベント会場でPayPayを導入したいんだけど、導入方法を教えて」と言われました。

そこで、今回、屋外イベント会場にPayPayを導入する方法を調べてみました。

じつは、屋外イベント会場用にPayPayを導入するのは、めっちゃカンタンなんです。

もちろん、屋外イベント出店があるときにだけ単発で使うのもOK!!

まず、PayPay公式ページから申し込むと1週間程度で「QRコードステッカー」が届きます。

なので、このQRコードステッカーをイベントブースのレジに置くだけでOKです。

お客さんが来たら、「PayPayQRコードステッカー」をスマホで読み込んでもらって、料金を入力するだけで、決済できます。

PayPayの申込みに必要な書類は、❶本人確認書類(運転免許証等)、❷屋外イベント販売の画像だけです。

あと、PayPayは、初期コストは0円で、加盟料や導入一時金はありません。何の機器も必要ないので、機器コストも0円

月額基本料も0円で、必要なコストは、決済手数料1.98%だけ。

月額基本料0円なので、屋外イベント出店がない期間は、固定費0円で継続できます。

PayPayの申込みは下記の公式ページから1分でカンタンにできます↓↓

PayPay公式ページから申込み手続きにすすむ

とはいえ、PayPayを屋外イベント会場に導入する方法についてまとめましたので、もっと詳しく知りたい方は以下をどうぞ↓↓

屋外イベント会場にPayPayを導入する方法

実は、屋外イベント会場にPayPayを導入するのは、カンタンなんです。

まず、PayPay公式ページから申し込んで、1週間程度でQRコードステッカーが届くので、イベント会場のブースのレジ横にQRコードステッカーを置くだけで準備完了です。

あとは、お客さんがQRコードステッカーをスキャンするだけ。

これだけで、屋外イベント会場でペイペイで決済できるんです。

PayPayで決済した売上金の確認は、スマホアプリで行います。

お手元のスマホに「PayPay店舗用アプリ」(もちろん無料アプリ)にダウンロードするだけです。スマホはiPhoneでもアンドロイドでもOKです。

<PayPay店舗用アプリ>
PayPay for Business

このアプリで、ペイペイの売上金を確認したり、入金情報を確認すればOKです。

なので、PayPayってめっちゃ簡単に導入できるんです。

PayPay公式で導入の流れの詳細を確認

PayPayの決済の方法

では、お店側のPayPayの操作方法を解説しましょう。

<PayPay決済手順>

❶お客さんがペイペイステッカーのQRコードを読み取る

❷お客さんが会計の金額を入力する

❸お店が会計の金額を確認する。

これだけで決済が完了できます。

ペイペイならお釣りの受け渡しがないので、つり銭間違えも起こらないし、お会計の時間が短縮できます。

なので、屋外イベント会場にはオススメです。

PayPay公式サイトで決済手順の詳細を確認する

レシートプリンターはどうする?

実はPayPayには、レシートを印刷する機能がありません。

なので、お客さんからレシートが欲しいと言われたら、お客様自身のスマホで履歴を確認をしていただけばOKです。

もし、紙の領収書が欲しいと言われたら、100均の領収書に手書きしてお渡ししましょう。

レシートプリンターは不要なので、余計な機器コストが発生しないのが、PayPayの良いところです。

PayPay公式ページでプリンターについて確認する

PayPayのコスト

では、PayPayのコストを解説しましょう。

初期コスト

PayPayは、導入一時金や加盟料は0円

つまり、初期コストは0円です。

機器も必要ないので、機器コストも0円

コスト0円で導入できるので、ノーリスクで申込みできますね!!

月額基本料

PayPayの月額基本料は0円。つまり、固定費0円です。

イベント出店がないときは、お金がかからないので、屋外イベント会場にはピッタリです。

決済手数料

PayPayのコストは、決済した時だけに手数料がかかるだけです。

決済手数料は「1.98%」です。

では、決済手数料の例をあげますね。

1,000円の商品をPayPayで決済した場合です。

<決済手数料の例>
1,000円×1.98%=19円

どうですか?

めっちゃ安いですよね。

屋外イベントでは、現金オンリーより、PayPayが使えると売上はアップします。なので、決済手数料は十分ペイできますよ。

PayPay公式サイトでコストの詳細を確認する

PayPayマイストアプランは加入なしでもOK

ちなみにPayPayには「基本プラン」と「PayPayマイストアプラン」の2つのプランがあります。

「PayPayマイストアプラン」は「基本プラン」より機能が拡張されます。

具体的にはこんな感じ↓↓

PayPay
基本プラン
PayPay
マイストアプラン
ストアページ管理
お知らせ記事の投稿
PayPayクーポンの利用 ×
PayPayスタンプカードの利用 ×
各サービスの利用分析 ×

正直言って、屋外イベントでの販売には、必要のない機能ばっかりですよね。

このプランに加入すれば、決済手数料が1.6%になりますが・・・

でも「PayPayマイストアプラン」は、加入3か月目から月額基本料が必要になるんです。

こんな感じです↓↓

PayPay
マイストアプラン
基本プラン
初期コスト 0円 0円
月額基本料 1,980円
(2か月無料)
0円
決済手数料 1.60% 1.98%

月額基本料1,980円は、高いし、要らないですよね。

なので、「PayPayマイストアプラン」に加入する必要はありませんよ。

ペイペイを使わないときのコスト

「イベント出店がない期間は、コストは発生するの?」

そんな心配を持つ方もいますよね。

まず、PayPayは、イベント期間だけの単発ではなく、継続して利用できます。

そして、ペイペイは、基本プランなら月額基本料0円なので、イベント出店がない期間は、維持コストは0円です。

ペイペイは、使った分のコストだけなので、屋外イベント販売にはめっちゃオススメです。

PayPay公式ページで料金プランの詳細を確認する

売上金の入金サイクル

PayPayで決済した売上金の入金サイクルについて解説します。

入金日

ペイペイで決済した売上金は、当月末締めで、翌月に自動的に入金されます。

入金日は、登録した金融機関によって違います↓↓

金融機関 締め日 入金日
paypay銀行 当月末
締め
翌日
(翌月1日)
その他金融機関 当月末
締め
翌月の第2営業日
ゆうちょ銀行 当月末
締め
翌月の第4営業日

どの金融機関でも月末締めなんですが、翌月の入金日が少しだけ違いますね。

図で表すとこんな感じ↓↓

PayPayは、大手のソフトバンクが運営しているので、売上金の入金が遅れる心配もなく、安心です!!

振込手数料

どの金融機関を指定しても振込手数料0円です。

振込手数料が0円だから、余計なコストがかからなくて良いですね!

早期振込サービス(都度)

早く売上金を入金して欲しい場合は「早期振込サービス(都度)」があります。

PayPay店舗用アプリからの申請したら、翌日に振込されます。

振込日 都度振込手数料 振込手数料
申請の翌日 0.38% PayPay銀行20円
その他の金融機関200円

「売上金が早くほしい!!」という時は、この「早期振込サービス(都度)」を使えばよ良いので安心です。

PayPay公式サイトで早期振込サービスの詳細を確認する

PayPayの申込手順

PayPayの申込みは、1分でカンタンにできます。

もちろん、スマホからでも申し込めます。

申込手順は以下の3ステップ

  1. 申込フォーム入力(仮登録)
  2. 案内メール受信
  3. 審査情報入力

では、1つずつ解説しましょう。

申込フォームの入力

申込フォームの入力項目はめっちゃ少ないです

以下の項目を入力するだけで完了です↓↓

<入力項目>
・氏名
・メールアドレス
・屋号名
・連絡先電話番号

これで仮申し込みが1分で完了です。

案内メール受信

申込フォームで登録したメールアドレス宛に案内メールが届きます。

審査情報入力

案内メール記載のURLをクリックすると、審査情報の入力フォームがあります。

そこで、以下の書類のアップロードや入力を行います。

  1. 本人確認書類
  2. 銀行の口座情報
  3. 屋外イベント会場の画像

では1つずつ解説しましょう。

本人確認書類

以下のいづれか1点あればOK↓↓

本人確認書類
・運転免許証
・在留カードおよび特別永住者証明書
・マイナンバーカード
・日本国パスポート※
・各種健康保険証※

※「日本国パスポート」または「各種健康保険証」を使う場合は、追加で以下のいずれか1点が必要です↓↓

追加書類
・公共料金領収書
(電気・ガス・水道など)
・住民票記載事項証明書
・住民票写し

銀行の口座情報

以下の銀行口座情報があればOKです↓↓

銀行の口座情報
・金融機関名
・支店名
・預金種別
・口座番号
・口座名義人

イベント販売の画像

過去に行ったイベント販売の画像は以下1枚ずつ必要です。スマホで撮ればOKです。

画像
・イベント販売の全景の画像(1枚)
・イベント販売での商品の画像(1枚)

画像の撮り方は以下のとおり↓↓

<画像の撮り方>

・横の構図で撮る
(4:3のサイズ推奨)
・水平に撮影
・鮮明な画像

特に外観は、イベント販売の状況を全景で撮影しましょう。

PayPayスタートキットの到着

審査情報の入力後、1週間で「PayPayスタートガイドとスタートキット」が届きます。

この「スタートガイド」の内容に沿って「QRコードステッカー」を組み立てましょう。

QRコードステッカーを組み立てた後、管理サイトにログインして口座情報などの確認すればPayPayの導入が完了です!!

だから、PayPayは、申込みから約1週間でスタートできちゃいますよ。

PayPay公式ページから申込み手続きにすすむ

まとめ

今回、屋外イベント会場にPayPayを導入する方法をまとめました。

屋外イベント会場にPayPayを導入するのは、めっちゃカンタンです。

しかも、屋外イベント出店があるときにだけ単発で使うのもOKです。

まず、PayPay公式ページから申し込むと1週間程度で「QRコードステッカー」が届くので、このQRコードステッカーをイベントブースのレジ横に置くだけで準備完了です。

お客さんが来たら、「PayPayQRコードステッカー」をスマホで読み込んでもらって、料金を入力するだけで、決済できます。

PayPayの申込みに必要な書類は、❶本人確認書類(運転免許証等)、❷屋外イベント会場の販売の画像だけです。

あと、PayPayは、初期コストは0円で、加盟料や導入一時金はありません。何の機器も必要ないので、機器コストも0円

月額基本料も0円で、必要なコストは、決済手数料1.98%だけ。

なので、イベント出店がない期間は、固定費0円で継続できます。

屋外イベントでの商品販売は、現金オンリーよりPayPayが使えた方が売上がUPするので、オススメです。

PayPayの申込みは1分で完了できるので、お早めにどうぞ。

PayPay公式ページの申込みフォームにすすむ