エアペイ

エアペイはSUICAやモバイルSUICAは使える?操作方法、決済手数料、導入手順を解説!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが繁華街の路地裏で小さなbarを開業するんですが、決済端末はエアペイに決めているそうです。

そんな彼から「エアペイはSUICAの決済はできるの?」と聞かれました。

そこで、今回、エアペイはSUICAに対応しているのか?を調べてみました。

結論から言うと、エアペイは「SUICA」対応しています!

なので、お店でSUICA決済を導入するなら、エアペイはオススメですよ。

公式サイトで「SUICA」対応のエアペイに申し込む

そのエアペイの導入ですが、実はめっちゃカンタンなんです。

まず、エアペイに必要な機器は、iPad(またはiPhone)とカードリーダーだけ!!

今ならiPadとカードリーダーはキャンペーンで0円!!

iPadをつなぐためのWI-FI環境さえあれば、お店に何の機器も準備する必要はありません!

だから、機器コストは0円ですし、導入一時金や加盟料もないので、初期コストは0円

月額基本料0円で、コストは決済手数料3.24%のみです。つまり、使った分しか費用がかからないから、固定費0円

エアペイの申込みは、公式ページから5分で完了して、すぐに審査開始してくれます。

早く「SUICA」の対応をしたいなら、このままエアペイの申込みをしてしまえば、時間短縮になりますよ。

エアペイ公式ページから申し込む

とはいえ、エアペイのSUICAについて、いろいろ気になるところだと思いますので、以下にくわしくまとめてみました!

エアペイでSUICAは対応してる?

もちろん、エアペイは「SUICA」に対応しています!

お店にスイカ決済を準備しておきたいなら、エアペイはオススメです。

では、スイカを含めた、エアペイで使える決済ブランドを紹介していきましょう。

交通系電子マネー

エアペイではSUICAはもちろん使えますし、使える交通系電子マネーは以下のとおりです。

電子マネー

エアペイで使える電子マネーは以下のとおり。

クレジットカード

エアペイで使えるクレジットカードは以下のとおりです。

QRコード決済

エアペイで使えるQRコード決済は以下のとおりです。

ちなみに、Smartcodeとは、いろんなQRコード決済を一括して使える決済ブランドです。

なので、エアペイは、Smartcodeで以下のQRコード決済が使えます↓

<SmartcodeのQRコード決済>

・atone
・ANA Pay
・au PAY
・EPOS Pay
・K PLUS
・ギフティプレモPlus
・銀行Pay
・FamiPay
・pring
・payどん

・メルペイ
・LINE Pay

めっちゃ多いですよね!!

これだけの決済ブランドが使えれば、お客さまの決済ニーズにはバッチリ応えられますね。

エアペイ公式で決済ブランドの詳細を確認

エアペイのSUICAの操作方法

では、エアペイの実際のSUICAの決済手順を見ていきましょう。

<SUICAの決済手順>

❶iPad(またはiphone)とカードリーダーを準備する

❷iPad(またはiPhone)のエアペイアプリを開く

❸「決済」ボタンをタップする

ホーム画面2.png

❹交通系電子マネーをタップする

❺商品の代金を入力して「決済に進む」をタップ。

ホーム画面6.png

❻カードリーダーにSUICAをかざす

もちろん、モバイルSUICAでの決済なら、スマホをかざせばOKです。

➐決済完了

どうですか?

めっちゃ操作がカンタンですよね!

エアペイは直感的に操作できるから使いやすいですよ。

エアペイ公式でSUICAの決済手順の詳細を確認

交通系電子マネー決済の注意点

では、SUICAを含めた交通系電子マネー決済の注意点を解説しましょう。

交通系電子マネーは決済の取消ができない。

スイカを含めた交通系電子マネーは、決済完了後の取り消しはできません。

なので、取り消しする場合は、現金での返金になりますので、ご注意くださいね。

決済音はiPhone(iPad)から鳴る。

決済音はカードリーダーではなく、iPhone(またはiPad)から鳴ります。

なので、決済する前はiPhone(またはiPad)の音声をONにしておいてくださいね。

エアペイを移動体では決済できない。

エアペイは、屋外での決済ができます。ただ、SUICAを含めた交通系電子マネーは、タクシーやデリバリーなどの移動体での決済ができません。

これは、JRが移動体での決済は、通信が不安定になる可能性があるため、認めていないためです。

ちなみに、お店の中でのテーブル決済などの移動では、交通系電子マネーの決済はできます。

また、屋外であっても、ずーっと同じ場所で営業しているのであれば、交通系電子マネーも決済することができます。

エアペイ公式で交通系電子マネーの注意点の詳細を確認

エアペイのコスト

では、エアペイのコストを説明しますね。

初期コスト

エアペイは、導入一時金や加盟料などはありません。

なので、エアペイは初期コスト0円で導入できます。

機器コスト

エアペイの必要機器は以下の2つです↓↓

<必要な機器>
❶iPadまたはiPhone

❷カードリーダー

iPadとカードリーダーは今ならキャンペーンで0円です!

なので、エアペイを開始するなら今が大チャンスです!

公式サイトでエアペイのキャンペーンの詳細を確認する

月額基本料

エアペイの月額基本料は0円です。

だから、固定費0円でエアペイを導入できます。

固定費0円で、使った分しかお金がかからないのが良いですね!

決済手数料

エアペイの決済手数料は3.24%(COIN+のみ1.08%)です。

つぎに決済手数料の具体例を解説しましょう。

決済手数料の例

例えば、お客様がスイカで1,000円支払った場合は、こんな感じ↓↓

<例:SUICAで1,000円決済の場合>
1,000円×3.24%=32円

これならメッチャ安いですよね。

コストで選ぶならエアペイはオススメです。

エアペイ公式で決済手数料の詳細を確認

レシートプリンターはどうする?

エアペイの開始にあたって、レシートプリンターをどうするかを迷う方が多いです。

エアペイ対応レシートプリンターは最も安くて約2万円です↓

・セイコーインスツル
・MP-B20-B02JK1-74
・21,780円(税込)

ちょっと高いですよね。

なので、レシートを求められたら、100均の領収書に手書きしてお渡しするのでも良いと思います。

まずは、レシートプリンターを買わずに、様子を見て、レシートのご要望が多いようであれば、後から購入すればOKです!

エアペイの入金サイクル

では、エアペイの売上金の入金サイクルを解説しましょう。

クレジットカード・電子マネー

三井住友、みずほ、三菱UFJ銀行を指定口座にすれば、月6回の入金です。

三井住友 みずほ 三菱UFJ
月6回

その他の金融機関を指定した場合は、月3回です。

その他金融機関
月3回

その他の金融機関とは、国内の金融機関です。(ただし、ゆうちょ銀行は指定できません。)

QRコード決済

QRコード決済は、どの金融機関を指定しても月1回の入金です。

QRコード決済
月1回

※登録口座は、ゆうちょ銀行以外の国内の金融機関です。

振込手数料

エアペイで決済した売上金を入金される際の振込手数料は0円です。(←0円はうれしい)

エアペイは、大手のリクルートのサービスなので、入金遅れの心配もないから、キャッシュフローは安心です!!

エアペイ公式で入金サイクルの詳細を確認

エアペイの導入の流れ

エアペイの申込から開始までの流れは、こんな感じ↓↓

エアペイは申込から順次、決済ブランドごとに審査していきます。

最初の審査のVISA・マスター・銀聯なら、約10日でお客様向け決済がスタートできます。

なお、「SUICA」を含めた交通系電子マネーは、申込みから10日以降に開始することができます。

審査の通知結果が来たら、順次、お客様向けの決済スタートできます。

ただ、約50種類も決済ブランドがあるので、全ての審査が終わるまで、30日くらいかかります。

せっかくエアペイを使うなら、全ての決済ブランドが使えた方が良いですよね。

なので、エアペイの導入を決めたら早めに申し込むのがオススメです!!

エアペイ公式サイトから申し込む

まとめ

今回は、エアペイは「SUICA」に対応しているのか?についてまとめてみました。

結論ですが、もちろん、エアペイはSUICAに対応してます!!

お店で「SUICA」の決済を開始するなら、エアペイはオススメですよ。

そのエアペイの導入ですが、めっちゃカンタンです!

まず、エアペイに必要な機器は、iPad(またはiPhone)とカードリーダーだけ!!

しかも、今ならiPadとカードリーダーはキャンペーンで0円

iPadをつなぐためのWI-FI環境さえあれば、お店に何の機器も準備する必要はありません!

だから、機器コストは0円ですし、導入一時金や加盟料もないので、初期コストは0円

月額基本料0円で、コストは決済手数料3.24%のみです。

つまり、使った分しか費用がかからないから、固定費0円!

エアペイの申込みは、公式ページから5分で完了して、すぐに審査開始してくれます。

エアペイのiPad0円キャンペーンは、事務局のiPadの在庫限りなので、いつ終わるか分かりません。

なので、キャンペーンが終わらないうちに、とにかくお早めに申し込むのがオススメです。

エアペイのキャンペーンに申し込む