エアペイ

エアペイの決済手数料と消費税と計算式についてくわしく解説!!

※この記事にはプロモーションリンクがありますが、私の実際の体験や調査に基づき書いてます。

僕の友だちが観光地でバスクチーズ専門店を開業するんですが、決済端末はエアペイに決めているそうです。

そんな彼から「エアペイの公式ページの決済手数料は課税・非課税があって、よくわからない。決済手数料の計算式もわからない。だから詳しく教えて」と言われました。

そこで、今回は、エアペイの決済手数料や計算式について調べてみました。

公式サイトを見ると、課税・非課税といろいろややこしいんですが、結論から言うとエアペイの決済手数料は3.24%です。

例えば、エアペイで1,000円クレジットカード決済した場合、決済手数料は、1,000円×3.24%=32円となります。(←電子マネーもQR決済も同じです)

それだけ覚えておけば大丈夫です。

ちなみに、エアペイの決済手数料は、業界最安値の水準です。

なので、決済手数料で選ぶならエアペイはオススメです。

エアペイ公式ページで申込み手続きをすすめる

とはいえ、エアペイの決済手数料の課税・非課税、決済手数料の計算式について、くわしく知りたい方は、本文をどうぞ。

エアペイの決済手数料

では、早速、エアペイの決済手数料と消費税について詳しく解説しましょう。

エアペイの決済手数料

まず、結論から言うと、エアペイの決済手数料3.24%で、COIN+のみ1.08%と考えればOKなんです。

具体的には以下となります↓↓

<エアペイの決済手数料>

  • クレジットカードと電子マネー
    → 3.24%(非課税)です。
  • 電子マネーのうち「COIN+」
     → 0.99%(税抜)1.08%(税込)です。
  • 交通系電子マネーとQRコード決済
    → 2.95%(税抜)3.24%(税込)です。

決済手数料の計算式

決済手数料は以下の方法で計算されて、小数点以下は切り捨てです。

<決済手数料の計算式>

  • 各決済ブランドの売上金額の合計 × 手数料率

決済手数料は、決済ブランドごとの合計で算出されます。

例えば、VISAでの売上金額合計、交通系電子マネーでの売上金額合計、という感じですね。

エアペイ公式ページで決済手数料の計算式の詳細を確認する

では、つぎに決済ブランドごとの決済手数料について解説しましょう。

クレジットカード・電子マネーの決済手数料

エアペイのクレジットカード・電子マネーの決済手数料は3.24%非課税)です。

<決済手数料の例>

お客様がVISAカードで1,000円支払った場合は、こんな感じです↓↓

<例:VISAで1,000円決済の場合>
1,000円×3.24%(非課税)=32円

COIN+の決済手数料

電子マネーのうち、COIN+のみ決済手数料は、税抜0.99%で税込1.08%です。

<決済手数料の例>

お客様がCOIN+で1,000円支払った場合は、こんな感じです↓↓

<例:COIN+で1,000円決済の場合>
1,000円×1.08%(税込)=10円

交通系電子マネーの決済手数料

エアペイの交通系電子マネーの決済手数料は、税抜2.95%で税込3.24%です。

<決済手数料の例>

お客様がSUICAで1,000円支払った場合は、こんな感じです↓↓

<例:SUICAで1,000円決済の場合>
1,000円×3.24%(税込)=32円

QRコード決済

エアペイのQRコード決済の決済手数料は、税抜2.95%で税込3.24%です。

<決済手数料の例>

お客様がPayPayで1,000円支払った場合は、こんな感じです↓↓

<例:PayPayで1,000円決済の場合>
1,000円×3.24%(税込)=32円

つまり、エアペイの決済手数料は、非課税であったり、課税対象であったりするんですが、3.24%で算出されると思っていればOKなんです!

(ただ、COINプラスのみ、決済手数料1.08%です。)

エアペイの決済手数料は業界でも最安値の水準です。

しかも、固定費0円なので、使った分しかお金がかからないのが良いです。

エアペイ公式ページで決済手数料の詳細を確認する

エアペイの決済手数料以外のコスト

では、エアペイの決済手数料以外のコストを解説しましょう。

初期コスト

エアペイは、導入一時金や加盟料などはありません。

なので、エアペイは初期コスト0円で導入できます。

機器コスト

エアペイの必要機器は以下の2つです↓↓

<必要な機器>
❶iPhone(またはiPad)

❷カードリーダー

カードリーダーは今ならキャンペーンで0円です!

手持ちのiphoneで対応すれば、機器コストは0円です。

ちなみに、レシートプリンターは最も安くて約2万円するので、買う必要ありません。

<セイコーインスツル(MP-B20-B02JK1-74)>
価格:21,780円(税込)

もし、レシートを求められたら、100均の領収書に手書きして、サッと渡しましょう。

月額基本料

エアペイの月額基本料は0円です。

だから、固定費0円でエアペイを導入できます。

固定費0円で、使った分しかお金がかからないのが良いですね!

エアペイの使い方

では、エアペイの使い方を解説しましょう。

❶ iPhone(またはiPad)とカードリーダーを準備します。

❷エアペイアプリをタップします。

❸商品の金額を入力します。

①支払い金額を入力.PNG

❹ PayPayを選択します。

ペイペイ3.png

❺ お客さんのスマホのQRコードを読み取れば、決済完了です。

➌QRコードを読み取り.PNG

どうですか?

操作はめっちゃカンタンですよね。

エアペイは操作性が良いので、めっちゃオススメですよ。

エアペイは、カードリーダーが送られてきたら、テストモードで練習できます。

なので、動画を見ながら、しっかり練習しておけば、当日のイベント会場でスムーズに操作できますよ。

エアペイ公式ページで操作方法の詳細を確認する

エアペイの申込~審査~利用開始の流れ

エアペイの申込~審査~利用開始までの流れは、こんな感じ↓↓

エアペイは申込から順次、決済ブランドごとに審査していきます。

最初の審査のVISA・マスター・銀聯なら、約10日でお客様向け決済がスタートできます。

VISA・Master・銀聯の審査完了後、その他の決済ブランドは、順次、審査結果の通知が来ます。

通知が来たら、お客様向けの決済スタートできます。ただ、約50種類も決済ブランドがあるので、全ての審査が終わるまで、30日くらいかかります。

なので、エアペイの導入が決まっているなら、早めに申し込むのがオススメですね。

エアペイ公式サイトから申込み手続きにすすむ

まとめ

今回は、エアペイの決済手数料・消費税・決済手数料の計算式についてまとめました。

結論としては、エアペイの決済手数料は3.24%COIN+のみ1.08%)です。

クレジットカードと電子マネーは、非課税で3.24%

交通家電子マネーとQRコード決済は2.95%課税後3.24%です。

COIN+のみ0.99%で課税後1.08%です。

決済手数料の計算式は「各決済ブランドの売上金額の合計×手数料率」で小数点以下は切り捨てです。

例を上げましょう、

エアペイでPayPayで1,000円決済した場合、決済手数料は、1,000円×3.24%(税込)=32円となります。

エアペイの決済手数料は、業界最安値の水準です。

なので、決済手数料で選ぶならエアペイはオススメですよ。

エアペイの申込みは下記の公式ページからのみとなりますのでお早めにどうぞ。

エアペイ公式ページで申込み手続きをすすめる